電波塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電波塔(でんぱとう)とは電波を送信するのことで、送信所の設備のひとつであり、アンテナを保持する構造物である。電波干渉建造物による電波の遮断を避けるため周囲の建造物よりも高く建てられる。複数の事業者の電波を送信する塔のことを、集約電波塔(しゅうやく‐)という。

電波塔の周囲はアンテナの至近で電界強度が非常に高いため、混信などの電波障害が起こることがある。

JOPKによる、受信設備の方のラジオ塔(静岡市葵区)

一般にテレビジョン放送の電波を送信する電波塔をテレビ塔、ラジオ放送の電波を送信する電波塔をラジオ塔ともいう(ラジオ塔という名については、かつてラジオが一般に普及する前、全国各地の屋外に設置された、公衆が聴取することを目的とした受信機を納めた塔のこともそう言った(街頭テレビのラジオ版の街頭ラジオのこと。)[1])。

語句[編集]

英語では「mast(マスト)」か「tower(タワー)」が使われる。両者はしばしば混同される事があるが厳密に工学用語では「タワー」は自立塔か片持ちばりを用いた建造物なのに対し、「マスト」は建物自体が外部の支柱や支線によって支えられている建造物である。一般的にマストは建造費が安く済む傾向にあるが構造上、建物周辺の広い範囲に支線を張る土地が必要になるため設置できるのが人口の少ない平野部に限られるのに対し、その土地が確保できない都市部や山間部などでは自立塔であるタワーを建てることが多い。

アマチュア無線家も一般に、電力を電波として放射する装置を「アンテナ」(電波法の用語では「空中線」)、それを取り付けるために立てる塔を「タワー」と明確に区別する。

国内においては東京タワーがその顕著な例であるように、通信(アンテナを設置)と観光(外観及び展望施設からの眺望)の塔としての役割を担っている。海外においてはCNタワーなどが同様である。

主な電波塔[編集]

日本国内[編集]

海外[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞2011年5月11日毎日新聞2011年5月18日文化面「20世紀遺跡 : 近現代史をめぐる/11」 (リンク切れ)、読売新聞2011年7月6日読売新聞2011年10月26日‎「ラジオ塔 神戸に遺構」 (リンク切れ)、産経MSN2011年10月27日近畿地方「ラジオ塔が残っていた 神戸・諏訪山公園で研究者確認」神戸新聞2011年10月27日「戦前~戦中に街頭放送流す ラジオ塔、神戸で確認」神戸新聞2012年9月22日 7:50「国登録有形文化財 兵庫県内では6カ所9件答申」(「中崎遊園地ラヂオ塔」を答申、ラジオ塔の文化財登録は西日本で初)

関連項目[編集]