横浜文化体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横浜文化体育館
Yokohama Cultural Gymnasium
Yokohama Cultural Gymnasium.jpg
施設情報
用途 体育館・文化イベント
収容人数 2,229席(アリーナ席含めると約5,000席)
事業主体 横浜市
管理運営 財団法人横浜市体育協会
延床面積 1,920 m2
階数 地上3階
高さ 13m
竣工 1962年
所在地 231-0032
横浜市中区不老町2-7
位置
テンプレートを表示

横浜文化体育館(よこはまぶんかたいいくかん)とは神奈川県横浜市中区にある体育館である。略称は横浜文体(よこはまぶんたい)。

施設は横浜市が所有し、横浜市体育協会が運営管理を行っている。当時の横浜市長で日本体育協会会長などを務めた平沼亮三のスポーツ界への功績を記念し、神奈川県との合弁事業として建設された。

付帯施設として、平沼記念レストハウスがある。

概要[編集]

1962年5月23日に開館。関内駅伊勢佐木長者町駅に近く、卓球大会・プロレスボクシングボリショイサーカスなど、さまざまな用途で使われている。

また、建設当時は現在の横浜スタジアムの場所にあった横浜公園体育館を上回る客席数(約5000席)を誇っており、1989年に横浜アリーナが完成するまでは神奈川県内で規模の大きい屋内施設でもあった為、横浜市の成人式会場としての利用や世界のスーパースターのコンサート会場としても有名であった。

1987年BOØWYコンサートでは4時間を超すライブが行われていた。

最近は体育館事務局主催のスポーツ教室、カルチャー教室等多彩なメニューに力を入れている。

施設[編集]

本館
  • アリーナ:40m×48m、高さ13m、面積1,920m2
  • 観客席:2階1,723席、3階504席
  • 集会用アリーナ内仮設着席数:3024席

主なイベント[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]