ブッチ・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブッチ・ミラー
プロフィール
リングネーム ブッチ・ミラー
ブッシュワッカー・ブッチ
ブッチ・ザ・ブッシュワッカー
ボブ・ミラー
ニック・カーター
ザ・タイガー
デトロイト・アサシン
ザ・ブルート
本名 ロバート・ミラー(ボブ・ミラー)
身長 180cm
体重 110kg(全盛時)
誕生日 1944年10月21日(69歳)
出身地 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
オークランド
スポーツ歴 ボクシングラグビー[1]
デビュー 1964年
引退 2001年
テンプレートを表示

ブッチ・ミラーButch Miller1944年10月21日 - )は、ニュージーランドオークランド出身の元プロレスラー。本名はロバート・ミラーRobert Miller)。

相棒ルーク・ウィリアムスとのタッグチームザ・ブッシュワッカーズ、ザ・シープハーダーズ、ザ・キウイズ)での活動で知られる。

来歴[編集]

1964年、スティーブ・リッカードらが運営していたNWAニュージーランド(後のオールスター・プロレスリング)にてデビュー。本名のボブ・ミラーBob Miller)をリングネームに、ブルーノ・ベッカーとのコンビで活動した[1]。以降、リングネームを度々変更し、1973年1月には「オーストラリア・マットに突如出現した謎の覆面レスラー」という触れ込みで、マスクマンのザ・タイガーThe Tiger)に変身して新日本プロレスに初来日、アントニオ猪木ともシングルマッチで対戦した[2]

日本遠征後、ニック・カーターNick Carter)の名義で北米に進出し、スチュ・ハートの主宰するカナダカルガリースタンピード・レスリングにて、同郷のスウィート・ウィリアムことルーク・ウィリアムスザ・キウイズThe Kiwis)を結成。1974年9月には揃って国際プロレスに参戦、館山にてラッシャー木村&グレート草津IWA世界タッグ王座に挑戦した[1]

以下、詳細は「ザ・ブッシュワッカーズ」を参照

1979年5月、リングネームをボブ・ミラーに戻してウィリアムスと共に全日本プロレスに来日。同年よりチーム名をザ・シープハーダーズThe Sheepherders)に改め、ヒールタッグチームとして各地を転戦、プエルトリコWWCではアブドーラ・ザ・ブッチャーとも共闘している[3]1982年から1983年にかけては一時的にコンビを解消し、単独でニュージーランドに帰国していたが、1984年からはウィリアムスとシープハーダーズを再結成。様々に変更していた自身のリングネームも、復帰後はブッチ・ミラーButch Miller)に定着させた。以後、各テリトリーのローカル・タッグ王座を再三奪取し、日本では「タッグ泥棒」なる異名を付けられた。1987年2月には新日本プロレスに来日、IWGPタッグ王座の決定リーグ戦に出場している[2]

1988年末、チーム名をブッチ&ルークのザ・ブッシュワッカーズThe Bushwhackers)に変更し、ルークとは従兄弟同士という設定でWWFに登場。WWFではコミック・リリーフを担当するベビーフェイスのベテラン・チームとして売り出され、そのコミカルなキャラクターで子供ファンの人気を集めた[1]1990年12月には、当時WWFと提携していたSWSに来日している。以降、WWFには1996年まで長期間に渡って在籍し、退団後もブッシュワッカーズ名義でルークと共にインディー団体を転戦した。

2001年4月1日に開催された『レッスルマニアX-Seven』のギミックバトルロイヤルに出場後、同年9月に引退して母国のニュージーランドに帰国。2008年6月11日のWWEオークランド公演では、同じくニュージーランド出身であるWWEプロデューサーのトニー・ガレアと共にMVPのトーク・コーナー「VIPラウンジ」に登場、ヒールのホスト役MVPを蹴散らし、往年の「ブッシュワッカー・ウォーク」を披露して現地の観客の喝采を浴びた。近年は首都ウェリントンのプロレス団体 "Kiwi Pro Wrestling" のコミッショナーを務めつつ、レスリング・ウェブサイト "NZPWI" のコラムニストとしても活動している[4]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:3回(w / ルーク・ウィリアムス)[6]
NWAオールスター・レスリング
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):1回(w / ルーク・ウィリアムス)[7]
ジム・クロケット・プロモーションズ
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:1回(w / ルーク・ウィリアムス)[8]
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC北米タッグ王座:4回(w / ルーク・ウィリアムス)[9]
  • WWC世界タッグ王座:2回(w / ルーク・ウィリアムス)[10]
ユニバーサル・レスリング・フェデレーション
  • UWF世界タッグ王座:2回(w / ルーク・ウィリアムス)[11]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / ルーク・ウィリアムス)[12]
  • NWAフロリダ・タッグ王座:1回(w / ルーク・ウィリアムス)[13]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • CWAインターナショナル・タッグ王座:1回(w / ルーク・ウィリアムス)[14]
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCW世界タッグ王座:1回(w / ルーク・ウィリアムス)[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『THE WRESTLER BEST 1000』P172(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P69(2002年、日本スポーツ出版社)
  3. ^ Abdullah with The Sheepherders”. Online World of Wrestling. 2010年10月12日閲覧。
  4. ^ Wrestler Profiles: Butch Miller”. Online World of Wrestling. 2010年10月12日閲覧。
  5. ^ Stampede International Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  6. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  7. ^ NWA Canadian Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  8. ^ NWA Mid-Atlantic Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  9. ^ WWC North American Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  10. ^ WWC World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  11. ^ UWF World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  12. ^ NWA United States Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  13. ^ NWA Florida Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  14. ^ CWA International Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  15. ^ SCW World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]