ルーファス・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーファス・ジョーンズ
プロフィール
リングネーム ルーファス・ジョーンズ
ルーファス・R・ジョーンズ
フレイト・トレイン・ジョーンズ
バスター・ロイド
本名 キャリー・リー・ロイド
ニックネーム フレイト・トレイン
身長 186cm
体重 124kg(全盛時)
誕生日 1933年7月4日
死亡日 1993年11月13日(満60歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サウスカロライナ州ディロン
スポーツ歴 アメリカンフットボール
ボクシング
引退 1987年
テンプレートを表示

ルーファス・ジョーンズRufus Jones)のリングネームで知られるキャリー・リー・ロイドCarey Lee Lloyd1933年7月4日 - 1993年11月13日)は、アメリカ合衆国プロレスラーサウスカロライナ州ディロン出身のアフリカ系アメリカ人

NWAセントラル・ステーツ地区ミッドアトランティック地区を主戦場に、フレイト・トレインFreight Train)(貨物列車)の異名を持つベビーフェイスのブルファイターとして活躍した。

来歴[編集]

サウスカロライナ州立大学ではアメリカンフットボールボクシングで活躍。1960年代初頭にプロレスラーとしてデビューし、テネシーNWAミッドアメリカ地区テキサスダラスおよびアマリロの両地区などを転戦。1969年1月にはバスター・ロイドBuster Lloyd)のリングネーム日本プロレスに初来日した。

以降、ルーファス・R・ジョーンズRufus R. Jones)をリングネームに、1970年代前半は中西部セントルイス・レスリング・クラブおよびセントラル・ステーツ・レスリングに定着。ハーリー・レイスブラック・アンガス・キャンベルロジャー・カービーロード・アルフレッド・ヘイズらと抗争した。セントルイスではドリー・ファンク・ジュニアNWA世界ヘビー級王座にも挑戦し、60分フルタイムの時間切れ引き分けに持ち込んでいる[1]

1973年12月、ルーファス・ジョーンズ名義で全日本プロレスに初参戦。以降も全日本の常連外国人選手となり、1974年4月にはチャンピオン・カーニバル第2回大会に出場。アメリカでは陽気なキャラクターのベビーフェイスとして人気者だったが、全日本マットではアブドーラ・ザ・ブッチャーのパートナーになるなどヒールのポジションに回った。1975年2月の来日ではボボ・ブラジルともタッグを組んでいる。

1970年代後半は、地元のサウスカロライナをサーキットエリアとするNWAミッドアトランティック地区で活動。1976年1月27日にはワフー・マクダニエルとのコンビでミネソタ・レッキング・クルージン・アンダーソン&オレイ・アンダーソン)からミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座を奪取[2]。同年7月6日、サウスカロライナ州コロンビアにてテリー・ファンクのNWA世界ヘビー級王座に挑戦、反則裁定ながら勝利を収めている[1]1977年にかけてはグレッグ・バレンタインリック・フレアーとミッドアトランティックTV王座を争った[3]

1978年AWAに登場し、レイ・スティーブンスパット・パターソンブラックジャック・ランザボビー・ダンカンアンジェロ・モスカスーパー・デストロイヤー・マークIIセシル・デュボアなどのヒール勢と対戦、ニック・ボックウィンクルが保持していたAWA世界ヘビー級王座にも挑戦し、バーン・ガニアビル・ロビンソンともタッグを組んだ[4]

その後はジョージアGCWアラバマのサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングなどNWAの深南部テリトリーを経て1980年よりセントラル・ステーツ地区に復帰し、キラー・カール・コックスタカチホボビー・ジャガーズJ・J・ディロンボブ・スウィータンジェリー・ブラウンらと抗争。全日本プロレスへの来日も続け、1981年7月にはビクター・リベラ、最後の来日となった1982年9月にはフランク・デュセックをパートナーに、佐藤昭雄&石川敬士アジアタッグ王座に挑戦した。

1982年12月7日には、フロリダにてジム・ガービンからNWAバハマズ・ヘビー級王座を奪取[5]。翌1983年からはミッドアトランティック地区に戻り、8月5日にドリー・ファンク・ジュニアを破りNWAミッドアトランティック・ヘビー級王座を獲得、同年12月3日にディック・スレーターに敗れるまで戴冠した[6]。その間の11月24日には、バグジー・マグローとのコンビで『スターケード』の第1回大会に出場している。

キャリア末期の1980年代後半は古巣のセントラル・ステーツ地区にて、マイク・ジョージとのタッグやブッチ・リードとの抗争などで活動。1987年5月14日にはボブ・ブラウンからフラッグシップ・タイトルのNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を奪取、7月10日にポークチョップ・キャッシュに敗れるも1週間後の7月17日に奪回している[7]。同年に現役を引退し、その後は1988年9月10日、プエルトリコバヤモンで行われたWWCの15周年記念興行に出場、ジミー・バリアントと組んでワイルド・サモアンズと対戦した[8]

1993年11月13日、ディア・ハンティング中に心筋梗塞を起こし死去[1]。60歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

セントラル・ステーツ・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアラバマ・ヘビー級王座:1回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAバハマズ・ヘビー級王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wrestler Profiles: Rufus R. Jones”. Online World of Wrestling. 2010年1月31日閲覧。
  2. ^ NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月31日閲覧。
  3. ^ NWA Mid-Atlantic Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月31日閲覧。
  4. ^ The AWA matches fought by Rufus R. Jones in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年9月5日閲覧。
  5. ^ NWA Bahamas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月5日閲覧。
  6. ^ NWA Mid-Atlantic Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月31日閲覧。
  7. ^ NWA Central States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月5日閲覧。
  8. ^ WWC 15th Aniversario 1988”. Cagematch.net. 2014年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]