ハーリー・レイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーリー・レイス
ハーリー・レイスの画像
プロフィール
リングネーム ハーリー・レイス
"ハンサム" ハーリー・レイス
"キング" ハーリー・レイス
ジャック・ロング
本名 ハーリー・レイス
ニックネーム 美獣
ミスター・プロレス
身長 185cm
体重 125kg(全盛時)
誕生日 1943年4月11日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミズーリ州クイットマン
所属 WLW
スポーツ歴 レスリング
トレーナー スタニスラウス・ズビスコ
ドリー・ファンク・シニア
デビュー 1964年
引退 1995年
テンプレートを表示

ハーリー・レイスHarley Leland Race1943年4月11日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州出身の元プロレスラー。ニックネームは「美獣」(Handsome)。通算8回に渡ってNWA世界ヘビー級王座を獲得し、日本ではNWA、アメリカン・プロレスの象徴として「ミスター・プロレス」とも呼ばれた。

来歴[編集]

高校・大学時代はレスリングの選手として活躍したという説もあるが、15歳の時に教師を殴って学校を追い出されたともいわれる。スタニスラウス・ズビスコのコーチを受け1964年プロレスに転じた(キラー・バディ・オースティンのコーチを受け1960年デビュー説もあり。その際はジャック・ロングというリングネームでロング・ブラザーズの一員としてであった)。

その後、ドリー・ファンク・シニアに師事しテキサス州アマリロで修行し、ドリー&テリーザ・ファンクスとともにトレーニングを積んでいる。デビュー戦の対戦相手はアメリカ武者修行中のアントニオ猪木であった。なお、デビュー当初は体重300kgの超巨漢レスラーであるハッピー・ハンフリーの弟を名乗っていたこともあるが、もちろん血縁関係はない。また長い間、レスリングキャリアのスタートを「サーカス団に所属するカーニバルレスラーからの転身」と言われ続けていた。

1965年1月、AWAラリー・ヘニングとタッグを組み、"ハンサム" ハーリー・レイス(ラリー・ヘニングのニックネームはプリティーボーイで、1930年代ギャングたちの愛称にあやかった)としてAWA世界タッグ王座を獲得。以降、ディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキーと同王座を巡る抗争劇を繰り広げた。

1968年2月に日本プロレスに初来日。この当時はファンク一家の一員として扱われていた。1969年12月2日、大阪府立体育会館においてアントニオ猪木ドリー・ファンク・ジュニアに挑戦したNWA世界ヘビー級選手権試合のVTRにドリーのセコンドを務めたレイスが登場している。なお、日本プロレス参戦時のレイスはまだ日本でのネームバリューが低かったこともあり、馬場・猪木とのシングルタイトル戦の機会はなかった(1972年3月になって坂口征二UNヘビー級王座に挑戦している)。

1973年5月、ドリーを破りNWA世界ヘビー級王座を初獲得。同年全日本プロレスに初参戦し、それ以降全日本の常連レスラーとなる。ジャイアント馬場ジャンボ鶴田タイガー戸口らと戦いを繰り広げたほか、アブドーラ・ザ・ブッチャーミル・マスカラスディック・マードックとも日本でNWA世界戦を行った。

1970年代を代表する選手であり、彼が通算8回に渡って腰に巻いたNWA王座ベルトは通称「レイス・モデル」と呼ばれ、現在も彼が保持している。またNWA世界王者としてWWWF王者スーパースター・ビリー・グラハムボブ・バックランドとのダブル・タイトルマッチも戦っている。全日本年末恒例の世界最強タッグ決定リーグ戦には4回出場し、1984年にはAWA王座に幾度となく就いたニック・ボックウィンクルとの「夢の帝王コンビ」を実現させている。

また、プロモーターを務めていたハート・オブ・アメリカ・スポーツ・アトラクションズのNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座には、1970年から1984年にかけて、ボブ・ガイゲルモンゴリアン・ストンパーボブ・ブラウンデューイ・ロバートソンハクソー・ヒギンズらを破り通算9回[1]セントルイス・レスリング・クラブのNWAミズーリ・ヘビー級王座には、1972年から1985年にかけて、パク・ソンジン・キニスキー、ドリー・ファンク・ジュニア、ディック・ザ・ブルーザー、デビッド・フォン・エリックジェリー・ブラックウェルらを破り通算7回戴冠している[2]

現役末期の1986年からはWWF(現在のWWE)に移籍し、ハルク・ホーガンWWF世界ヘビー級王座に挑戦。以降、怪我で離脱する1989年まで在籍した。当時のWWFでは元NWA王者という肩書きは抹消され、代わりに王冠ケープを纏った「リングの王」というギミック"キング" ハーリー・レイスを名乗った。これは「NWA王者8回」に触れずにレイスの格にふさわしい扱いをするためのギミックであると同時に、同じくキングを名乗ったジェリー・ローラーへのWWFからのあてつけでもあった(当時のローラーは、反WWFの急先鋒の1人だった)。

WWF退団をもって事実上引退し、WCWマネージャーとしてベイダーレックス・ルガーなどを担当した。交通事故により1995年に正式に引退した後は、ホームタウンのミズーリ州プロレスラー養成所WLW(ワールド・リーグ・レスリング)」を設立し後進の育成に尽力している。

日本の団体としてはNOAHがWLWと友好関係を築いており、NOAHのタイトルであるGHCの管理委員にも就いている。なお管理委員長だったジョー樋口の死去に伴い、2010年11月より管理委員長に就任。昨今では多くのNOAH所属日本人レスラーがレイスの元を訪れ、彼が育てている若手レスラーに指導をしている。

また、2005年小橋建太が訪れた際には、レイスが所持するNWA世界ヘビー級ベルトを小橋に与え(後に返還)、「私はもうミスター・プロレスではない。これからは彼こそがミスター・プロレスだ」とこれ以上ない褒め言葉を投げかけた。レイス曰く「私は長らくプロレスを見てきたが、2004年7月10日に行われた東京ドーム大会の小橋vs秋山がベストバウトだ」。また、NOAHレスラーではレイス夫妻共々、丸藤正道がお気に入りであり、「日本の息子」と呼んでいる。

2004年には、それまでの功績を称えられてWWE殿堂入りを果たした。

自伝の日本語訳がエンターブレインから出版されており、表紙には「レイス・モデル」のベルトを誇示した王者時代の写真が使われている。

2013年12月7日、プロレスリング・ノア有明コロシアム大会に立ち会う為、2004年7月10日以来の来日を果たす。

2014年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会「レッスルキングダム」でNWA世界ヘビー級選手権試合の特別立会人を務めた。その際、現NWA社長のブルース・サープに挑発されてパンチで殴り倒している。

得意技[編集]

ダイビング・ヘッドバット
若手時代から晩年までのレイスの切り札。ジャイアント馬場からPWFヘビー級王座を奪った際のフィニッシュもこの技だった。
パイルドライバー
ドリル・ア・ホール式である。
ブレーンバスター
バーティカル・スープレックスと呼ばれた。稀にだが怒ると古典的な垂直落下式で放つ事があり、1982年タイガー・ジェット・シンとのシングル戦ではシンの度重なる反則に激怒したレイスは垂直落下式でこの技をシンに見舞っている。
ペンデュラム・バックブリーカー
NWA王者時代は試合の流れを変えるのに多用し、この技の第一人者と言われた。レイス曰く「シュミット式と違ってスリーパーホールドやヘッドロックをかけられた状態から反撃技に使える。さすがにロビンソンのヤツ(ワンハンド式)みたいに一撃必殺とはいかないが、相手の腰にダメージを与えるなら十分さ。ロビンソンのヤツみたいに相手を高々と持ち上げないから、自分の膝への負担も少ないしね」とのこと[3]
インディアン・デスロック
この技でテリー・ファンクからNWA世界王座を奪った。
ニー・ドロップ
ショートレンジからゆったりとしたモーションで相手の額、顔面に膝を落としていくのが特徴。このタイプのニー・ドロップはリック・フレアーがレイスとの幾度との対戦から使うようになった。

やられ技[編集]

馬場との対戦では、トップロープに登ったところをデッドリードライブで投げられるのがお約束だった。受身技術では当時世界最高レベルと評価された[4]レイスならではの「見せ場作り」のムーブである。このムーブもリック・フレアーに受け継がれている。

獲得タイトル[編集]

ナショナル・レスリング・アライアンス
アメリカン・レスリング・アソシエーション
全日本プロレス
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:9回[1]
セントルイス・レスリング・クラブ
  • NWAミズーリ・ヘビー級王座:7回[2]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・ヘビー級王座:1回
  • NWAメイコン・タッグ王座:1回(w / バディ・コルト[6]
NWAミッドアメリカ
  • NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:2回
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCカリビアン・ヘビー級王座:1回
スタンピード・レスリング
  • スタンピード北米ヘビー級王座:1回
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
  • WCW殿堂:1994年度
ワールド・レスリング・エンターテインメント

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b NWA Central States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月26日閲覧。
  2. ^ a b NWA Missouri Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月26日閲覧。
  3. ^ 月刊プロレス 1982年9月号・P130でのレイスのこの技の解説より (ベースボール・マガジン社)
  4. ^ 月刊ビッグレスラー 1982年10月号・P157 ジャイアント馬場のコメントより (立風書房)
  5. ^ AWA World Tag Team Title”. Wrestling Titles.com. 2010年1月19日閲覧。
  6. ^ NWA Macon Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]