アトランティック・グランプリ・レスリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アトランティック・グランプリ・レスリングAtlantic Grand Prix Wresting、略称:AGPW)は、カナダマリタイム地区で活動するプロレス団体である。オーナーはエミル・デュプリ。

歴史[編集]

マリタイム地区は1969年より、イースタン・スポーツ・アソシエーションEastern Sports Association、略称:ESA)として活動。カナダ大西洋岸におけるNWA傘下のプロモーションとして、アル・ジンクおよびルディ・ケイ&ボビー・ケイによって主宰されていた。フラッグシップ・タイトルである北米ヘビー級王座には、ルディ&ボビー・ケイの長兄であるザ・ビースト(ユーヴォン・コーミエ)を初代王者に、ザ・ストンパーボボ・ブラジルパット・オコーナーレオ・バークジノ・ブリットキラー・カール・クラップジム・ディロンハーリー・レイスボロ・モンゴルブルドッグ・ボブ・ブラウンミシェル・デュボアフレンチ・マーチンなどの強豪が歴代王者として名を連ねており、日本人選手では大熊元司がグレート・クマのリングネームで戴冠している[1]

1977年には同地区版のカナディアン・ヘビー級王座がナンバー2タイトルとして新設され、セーラー・ホワイトデビッド・シュルツなど当時の若手選手の間で争われたが[2]、同年下期にエミル・デュプリがESAの興行権を買収し、後継プロモーションであるAGPWを旗揚げする。翌1978年、新たなフラッグシップ・タイトルとしてAGPW認定のインターナショナル・ヘビー級王座が設けられ、初期はラニー・ポッフォランディ・サベージ1980年代にはロン・スターリップ・ロジャースダイナマイト・キッドなども戴冠した[3]1984年7月には、かつてマリタイム地区に遠征したことがある剛竜馬のブッキングでAGPWからレオ・バークやフレンチ・マーチンが来日し、後楽園ホールで行われた『UWF無限大記念日』に出場したが、剛のUWF離脱により本格的な提携には到らなかった。

1991年に第1期AGPWは消滅[4]

しかし、2013年にエミルとその息子レネ・デュプリが中心となり復活[4]

第2期AGPWは当初全日本プロレス、後にWRESTLE-1と交流を持ち、日本から主に若手を派遣している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ North American Heavyweight Title [Maritimes]”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月27日閲覧。
  2. ^ Canadian Heavyweight Title [Maritimes]”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月27日閲覧。
  3. ^ AGPW International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月27日閲覧。
  4. ^ a b “Atlantic Grand Prix wrestling is reborn in the Maritimes” (英語). Global News. (2013年6月4日). http://globalnews.ca/news/613562/atlantic-grand-prix-wrestling-is-reborn-in-the-maritimes/ 2014年7月23日閲覧。