レイ・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーキュリーズ
プロフィール
リングネーム ハーキュリーズ
ハーキュリーズ・ヘルナンデス
ヘラクレス・ヘルナンデス
マイティ・ハーキュリーズ
"ハーキュリーズ" レイ・フェルナンデス
スーパー・インベーダー
マスクド・アサシン2号
ミスター・レスリング3号
本名 レイモンド・フェルナンデス
ニックネーム 伝説の豪雄
身長 191cm
体重 122kg - 127kg
誕生日 1956年5月7日
死亡日 2004年3月6日(満47歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
デビュー 1981年1979年説もあり)
引退 1999年
テンプレートを表示

ハーキュリーズ・ヘルナンデスHercules Hernandez)ことレイ・フェルナンデスRaymond Fernandez1956年5月7日 - 2004年3月6日)は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タンパ出身。

ギリシア神話の英雄 "ヘーラクレース" の英語名であるハーキュリーズリングネームに冠し、その名に違わぬ筋肉隆々のパワーファイターとして活躍した。日本ではヘラクレス・ヘルナンデスの呼称および表記で知られている。

来歴[編集]

1981年、地元のNWAフロリダ地区でデビュー(1979年にミッドサウス地区で覆面レスラーミスター・レスリング3号としてデビューしたともされる[1])。1982年ハーキュリーズ・ヘルナンデスのリングネームで中西部NWAセントラル・ステーツ地区に入り、ハーリー・レイスマイク・ジョージらベテランと対戦してキャリアを積む。1983年1月にはヘラクレス・ヘルナンデス名義で全日本プロレスに初来日し、大器の片鱗を見せた[2]

以降、ジム・クロケット・ジュニアの運営するNWAミッドアトランティック地区ビル・ワット主宰のMSWAなど、南部エリアを転戦。MSWAではジム・コルネットスカンドル・アクバのマネージメントのもと、ジム・ドゥガンジャンクヤード・ドッグテリー・テイラーと抗争を展開。1984年12月3日には、テッド・デビアスと組んでロックンロール・エクスプレスリッキー・モートン&ロバート・ギブソン)からミッドサウス・タッグ王座を奪取した[3]

古巣のフロリダ地区では1985年5月26日にブライアン・ブレアーから南部ヘビー級王座を奪取し、6月30日にはヘクター・ゲレロを破りフロリダ・ヘビー級王座を獲得したが、控室でワフー・マクダニエルと乱闘騒ぎを起こしたため解雇されている[4][5]

1985年末よりWWFに登場し、初期はフレッド・ブラッシー、後にボビー・ヒーナンマネージャーに迎え、極太の鎖を首に巻きつけた大型ヒールとして活躍。リングネームをハーキュリーズに改め、同じ筋肉派のビリー・ジャック・ヘインズアルティメット・ウォリアーと抗争し、1986年11月15日収録(11月29日放送)のサタデー・ナイト・メイン・イベントではハルク・ホーガンWWF世界ヘビー級王座に挑戦した[6]

1988年からベビーフェイスに転向してテッド・デビアスらと抗争するが、1990年夏頃から再びヒールターンスリックをマネージャーに、ポール・ローマとのタッグチーム "パワー&グローリー" でタッグ戦線に進出する[7]。怪力のハーキュリーズ(パワー)とスピーディーなローマ(グローリー)という、それぞれの持ち味を活かしたコンビネーション・プレイを武器に、リージョン・オブ・ドゥームホーク&アニマル)、ハート・ファウンデーションブレット・ハート&ジム・ナイドハート)、ザ・ロッカーズ(マーティ・ジャネッティ&ショーン・マイケルズ)らと激闘を繰り広げた。1991年6月には当時WWFと提携していたSWSにローマとのコンビで来日している。

1992年WCWへ移籍し、覆面レスラーのスーパー・インベーダーに変身[1]。同年9月2日のクラッシュ・オブ・ザ・チャンピオンズではジェイク・ロバーツリック・ルードベイダーと組み、スティングニキタ・コロフスタイナー・ブラザーズリック&スコット・スタイナー)のベビーフェイス勢とエリミネーション・マッチで対戦した[8]

1993年新日本プロレスに初参戦。当時の新日本の外国人エースだったスコット・ノートンと "ジュラシック・パワーズ" を結成し、同年8月5日にヘルレイザーズ(ホーク&パワー・ウォリアー)からIWGPタッグ王座を奪取した[9]。新日本には翌1994年まで計9回、ノートンのパートナーとして来日している。

その後はイリノイ州シカゴのAWFなどインディー団体を転戦し、1999年に引退してトラック・ドライバーに転身した。2004年3月6日心臓発作のためフロリダ州タンパの自宅で死去[1][10][11]。47歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

セントラル・ステーツ・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:2回[4]
  • NWA南部ヘビー級王座:1回[5]
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
新日本プロレス
その他インディー
  • IWFカンナム王座:1回
  • IAWヘビー級王座:1回
  • IAWタッグ王座:1回(w / ポール・ローマ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wrestler Profiles: Hercules Hernandez”. Online World of Wrestling. 2009年6月8日閲覧。
  2. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P63(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b Mid-South Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月8日閲覧。
  4. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月6日閲覧。
  5. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月6日閲覧。
  6. ^ WWE Yearly Results 1986”. The History of WWE. 2011年5月6日閲覧。
  7. ^ Tag Team Profiles: Power & Glory”. Online World of Wrestling. 2011年5月6日閲覧。
  8. ^ WCW Clash of the Champions XX”. Pro Wrestling History.com. 2011年5月6日閲覧。
  9. ^ a b IWGP Tag Team Title Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月2日閲覧。
  10. ^ Hercules Hernandez dies”. SLAM! Wrestling: March 7, 2004. 2009年6月8日閲覧。
  11. ^ Raymond "Hercules Hernandez" Fernandez”. Find a Grave. 2010年2月3日閲覧。
  12. ^ NWA Central States Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]