テリー・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テリー・テイラー
プロフィール
リングネーム テリフィック・テリー・テイラー
スケアリー・テリー・テイラー
テレンス・テイラー
レッド・ルースター
ドクター・フィールグッド
本名 ポール・W・テイラー3世
ニックネーム The Taylor Made Man
身長 187cm
体重 113kg(全盛時)
誕生日 1955年8月12日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サウスカロライナ州グリーンビル
デビュー 1979年
引退 1995年
テンプレートを表示

テリー・テイラーTerry Taylor)のリングネームで知られるポール・W・テイラー3世Paul W. Taylor III1955年8月12日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーブッカーサウスカロライナ州グリーンビル出身。

ブッカーとしての才能をビンス・マクマホンダスティ・ローデスに認められ、現役引退後の1995年からはクリエイティブ・スタッフの立場でWWEWCWを股にかけて活動、マンデー・ナイト・ウォーズが激化していた両団体のバックステージで辣腕を振るった[1]

近年はTNAにてタレント・リレーション部門の取締役を務めていた[2]

来歴[編集]

エディ・グラハムにスカウトされ、1979年NWAフロリダ地区のFCWにてデビュー[3]。以降、中西部CSWアラバマのSECW、テネシーCWAジョージアGCWなどを転戦し、各地のローカル・タイトルを獲得。1981年6月7日にはレス・ソントンを破りNWA世界ジュニアヘビー級王座にも載冠している[4][5]

1983年頃よりビル・ワットが主宰するミッドサウス地区のMSWAに定着。金髪の二枚目ベビーフェイスとして女性の人気を集め、1984年6月にはクラッシャー・クルスチェフからミッドサウスTV王座を[6]1985年3月にはテッド・デビアスから北米ヘビー級王座を奪取した[7]1986年にMSWAが団体名をUWFと改称してからも、主力フェイスとしてデビアスやバズ・ソイヤーらと抗争。1987年2月7日に行われたUWF世界タッグ王座決定トーナメントにはクリス・アダムスと組んで出場し、決勝で若手時代のスティング&リック・スタイナーを破りチャンピオン・チームとなった[8]。UWFがNWAのジム・クロケット・プロモーションズに買収されると、1987年11月26日の『スターケード』にてニキタ・コロフとUWFとNWAの両TV王座統一戦を行い[9][10]、この試合に敗れたことを機にNWAを離脱。

その後、テキサス州ダラスのWCCWを経て、1988年にデビアスの仲介でWWF(現・WWE)へ移籍する。ミッドサウス時代と同様にベビーフェイスの "スケアリー" テリー・テイラー"Scary" Terry Taylor)として登場したが、同年下期よりレッド・ルースターThe Red Rooster)を名乗ってヒールに転向。ボビー・ヒーナン率いるヒーナン・ファミリーの一員となり、11月24日の『サバイバー・シリーズ』ではハルク・ホーガン&ランディ・サベージのチームと対戦した[11]。翌1989年1月7日の『サタデー・ナイト・メイン・イベント』でヒーナンと仲間割れしてベビーフェイスに戻るが、ミッドカードのポジションからオーバーすることはできず、1990年の上期にWWFを退団[1]

WWF離脱後の1990年7月、全日本プロレスに初来日。同年下期よりWCWに参戦し、ヒールとして女性マネージャーのアレキサンドラ・ヨーク率いるヨーク・ファウンデーションに加入する。1992年2月17日にはグレッグ・バレンタインとのコンビでロン・シモンズ&ビッグ・ジョッシュからWCW USタッグ王座を奪取した[12]。同年8月には新日本プロレスの『G1クライマックス』に来日し、NWA世界ヘビー級王座決定トーナメントに出場している。

帰国後の1992年9月、"テリフィック" テリー・テイラー"Terrific" Terry Taylor)の名でWWFに復帰。ヒールのカラー・コメンテーターも兼任したが、翌1993年8月にWCWに戻り、ベビーフェイスの中堅として1994年まで在籍。その後、シカゴのAWFを経て、1995年に現役を引退してブッカーとしてWCWに復帰。エリック・ビショフケビン・サリバンらと共に、『マンデー・ナイトロ』のシナリオ作成を担当した[1]

以降、ブッカーやライターなどクリエイティブ・スタッフとしてWCWとWWFを行き来し、ライバル関係にあった両団体の番組構成(WCWの『マンデー・ナイトロ』とWWFの『ロウ・イズ・ウォー』)に横断的に携わるようになる[1]1998年から1999年にかけてはアティテュード路線最盛期のWWFに所属していたが、2000年よりシナリオ・ライターのビンス・ルッソーらと共にWCWに復職[1]2001年3月のWCW崩壊後はカナダオンタリオ州のBorder City Wrestlingに参画した[1]

2002年9月より『スマックダウン』のロード・エージェントとしてWWEに迎えられたものの、翌2003年7月に解雇[1]。以降はTNAを中心に活動し、2004年1月にはIWAジャパンに来日した。

2011年5月20日付でTNAを解雇され、現在はWWEのファーム団体NXTレスリングのトレーナーを務めている[13]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

SECW
  • NWAサウスイースタンTV王座:1回
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座:1回
GCW
  • NWAナショナルTV王座:1回
CSW
CWA
  • AWA南部ヘビー級王座:3回
  • AWA南部タッグ王座:1回(w / スティーブ・カーン
  • CWAインターナショナル・ヘビー級王座:2回
  • CWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:1回
MSWA / UWF
WCCW
WCW
その他

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Wrestler Profiles: Terry Taylor”. Online World of Wrestling. 2012年11月18日閲覧。
  2. ^ TNA News: Sources say VP of talent relations fired Friday”. Pro Wrestling Torch: May 20, 2011. 2012年11月18日閲覧。
  3. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P230(1996年、日本スポーツ出版社
  4. ^ NWA World Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年12月18日閲覧。
  5. ^ Les Thornton - What you DIDN'T know!: By Terry Taylor”. SLAM! Sports (February 23, 2005). 2010年2月20日閲覧。
  6. ^ Mid-South Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年12月18日閲覧。
  7. ^ North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年12月18日閲覧。
  8. ^ UWF World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年12月18日閲覧。
  9. ^ UWF World Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年12月18日閲覧。
  10. ^ Starrcade 1987”. ProWrestling History.com. 2010年1月4日閲覧。
  11. ^ Survivor Series 1988”. pWw - Everything Wrestling. 2010年10月4日閲覧。
  12. ^ WCW United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年12月18日閲覧。
  13. ^ Executive Administration: Terry Taylor”. NXT Wrestling. 2012年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]