リッキー・モートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッキー・モートン
リッキー・モートンの画像
プロフィール
リングネーム リッキー・モートン
リック・モートン
リチャード・モートン
本名 リチャード・ストラッテン
ニックネーム 狂乱のロック野郎
身長 180cm
体重 102kg(全盛時)
誕生日 1956年9月21日(58歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 テネシー州ナッシュビル
トレーナー ケン・ルーカス
デビュー 1979年
テンプレートを表示

リッキー・モートンRicky Morton、本名:Richard Stratten1956年9月21日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーテネシー州ナッシュビル出身。

ロバート・ギブソンとのタッグチームロックンロール・エクスプレスThe Rock 'n' Roll Express)での活躍で知られる[1]。設定上の生年は1960年とされていた[2]

来歴[編集]

地元テネシー州メンフィスCWAにて1979年にデビュー。師匠のケン・ルーカスや黒人レスラーのソニー・キングのパートナーとなり、マイケル・ヘイズ&テリー・ゴディファビュラス・フリーバーズラリー・レイザム&ウェイン・ファリスのブロンド・ボンバーズと対戦[3]、同年9月にはキングとのコンビでボンバーズからAWA南部タッグ王座を奪取した[4]

以降もCWAを主戦場にベビーフェイスの新鋭として活動後、1983年ロバート・ギブソンロックンロール・エクスプレスを結成。アイドルタッグチームとして売り出される。その後、ビル・ワットのMSWAにおけるミッドナイト・エクスプレスボビー・イートン&デニス・コンドリー)との抗争劇を経て、1985年よりNWAジム・クロケット・プロモーションズに移籍。デビュー戦でイワン・コロフ&クラッシャー・クルスチェフからNWA世界タッグ王座を奪取し[5][6]、以降も同地区のタッグマッチ戦線において活躍。その甘いルックスとスピーディーな試合スタイルで、少女ファンからの絶大な支持を集めた[7]

ギブソンとのタッグで活動する一方、モートンはシングル・プレイヤーとしての才能も発揮し、リック・フレアーも彼の実力を高く評価した[7]1986年はフレアーとの抗争アングルが組まれ、当時フレアーが保持していたNWA世界ヘビー級王座に4月から7月にかけて連続挑戦している[8]1991年にはフレアー・タイプの伊達男系ヒールに転向し、ギブソンを敵に回しての遺恨試合も行われた[9]

NWA(WCW)離脱後はギブソンとロックンロール・エクスプレスを再結成し、1990年代半ばまでジム・コルネットの主宰するスモーキー・マウンテン・レスリングやCWAの後継団体USWAにて活動。1992年7月にエディ・ギルバートを破り、USWA統一世界ヘビー級王者となるなどシングルでも活躍した[10]1997年8月には単身でFMWに来日し、リッキー・フジとニュー・ロックンロール・エクスプレスを結成している。以後、1998年WWF参戦を経てギブソンとのコンビを一旦解消。ベテランのシングル・プレイヤーとなってインディー団体を転戦後、2000年代に入ってTNAなどでロックンロール・エクスプレスを復活させている[1]

単独での活動も行い、2007年4月に古巣メンフィスのインディー団体、メンフィス・レスリングにてキッド・キャッシュと組み、同団体認定の南部タッグ王座を獲得した[2]。近年もギブソンと共にロックンロール・エクスプレスのリユニオン・ツアーを続けており、2010年4月には主戦場としていたクロケット・プロのブランドネームと同名義のNWA加盟団体、MACW(ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング)において、バフ・バグウェル&リッキー・ネルソンからMACWタッグ王座を奪取している[1]

2014年1月4日、テネシーのNWA加盟団体であるNWAスモーキーマウンテンにてチェイス・オーウェンズからNWA世界ジュニアヘビー級王座を奪取[11]。3月7日にオーウェンズに奪還され短命王者で終わったものの、57歳での最高齢戴冠者となった。

獲得タイトル[編集]

2014年1月4日、57歳でNWA世界ジュニアヘビー級王座を獲得。
NWA
NWAミッドアメリカ / CWA / USWA
  • NWAミッドアメリカ・タッグ王座:1回(w / ケン・ルーカス)
  • AWA南部タッグ王座:6回(w / ソニー・キング、ケン・ルーカス×2、エディ・ギルバート、ロバート・ギブソン×2)[4]
  • CWAタッグ王座:2回(w / ロバート・ギブソン、トッド・モートン)
  • CWA世界タッグ王座:1回(w / ロバート・ギブソン)
  • USWA世界タッグ王座:2回(w / ロバート・ギブソン)
  • USWA統一世界ヘビー級王座:1回[10]
NWAトライステート / MSWA
  • NWAトライステート・タッグ王座:2回(w / エディ・ギルバート)
  • ミッドサウス・タッグ王座:3回(w / ロバート・ギブソン)
ジム・クロケット・プロモーションズ / WCW
スモーキー・マウンテン・レスリング
  • SMWタッグ王座:10回
その他
  • MACWタッグ王座:1回(w / ロバート・ギブソン)
  • メンフィス・レスリング南部タッグ王座:1回(w / キッド・キャッシュ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Tag Team Profiles: Rock 'n' Roll Express”. Online World of Wrestling. 2010年9月14日閲覧。
  2. ^ a b Wrestler Profiles: Ricky Morton”. Online World of Wrestling. 2010年9月14日閲覧。
  3. ^ The USWA matches fought by Ricky Morton in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年9月12日閲覧。
  4. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月14日閲覧。
  5. ^ Rock 'n' Roll Express 1985”. The Official Rock and Roll Express Fan Website. 2010年9月14日閲覧。
  6. ^ Mat Memories: Shelby City Park action once aired from Boston to LA”. The Star Online: April 2, 2009. 2010年9月14日閲覧。
  7. ^ a b リック・フレアー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン』P225-226(2004年、エンターブレインISBN 4757721536
  8. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1986”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月14日閲覧。
  9. ^ Rock 'n' Roll Express 1991”. The Official Rock and Roll Express Fan Website. 2010年9月14日閲覧。
  10. ^ a b USWA Unified World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月14日閲覧。
  11. ^ a b NWA World Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年1月30日閲覧。
  12. ^ NWA World Tag Team Title [Mid-Atlantic/WCW]”. Wrestling-Titles.com. 2014年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]