エディ・グラハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・グラハム
プロフィール
リングネーム エディ・グラハム
エディ・ゴセット
ロイ・ロジャース
リップ・ロジャース
本名 エドワード・F・ゴセット
身長 180cm
体重 98kg(全盛時)
誕生日 1930年1月15日
死亡日 1985年1月21日(満55歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州チャタヌーガ
デビュー 1947年
テンプレートを表示

エディ・グラハムEddie Graham)ことエドワード・ゴセットEdward F. Gossett1930年1月15日 - 1985年1月21日)は、アメリカ合衆国プロレスラープロレスプロモーターテネシー州チャタヌーガ出身。

現役選手時代は金髪のラフファイターとして活躍し、引退後はNWAフロリダ地区のチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダCWF)のプロモーターとなって活動、1970年代から1980年代前半にかけて繁栄マーケットを築いた[1]。息子のマイク・グラハムも元プロレスラーである。

来歴[編集]

1947年テキサス地区でデビュー。主にヒールとして活動し、1950年代リップ・ロジャースリングネームを用い、バディ・ロジャースの「弟」を名乗ることもあった[1]

1958年6月よりエディ・グラハムと改名し、ドクター・ジェリー・グラハムとグラハム・ブラザーズ[2]を結成してニューヨーク地区のNWAキャピトル・レスリング(WWWFの前身)に進出、マーク・ルーイン&ドン・カーティスのコンビと抗争を展開した[1]

ジェリーとのコンビ解消後は、ベビーフェイスとなって南部フロリダ地区に定着。サム・スティムボートとのタッグチームボリス・マレンコとの抗争で活躍する。1966年5月には日本プロレスに初来日、キラー・カール・コックスと組み、名古屋吉村道明&ヒロ・マツダからアジアタッグ王座を奪取した[3]1967年1月には国際プロレスの旗揚げシリーズ(東京プロレスとの合同興行)に参戦、東プロ所属のアントニオ猪木のUSヘビー級王座に挑戦している。

1971年にフロリダ地区の興行権を獲得。以降はChampionship Wrestling from FloridaCWF)のプロモーターとなって手腕を振るい、1974年からはダスティ・ローデスを団体のエースに据え、フロリダを全米屈指の黄金テリトリーへと発展させた。1976年から1978年まではNWAの会長を務め[1]、1978年1月25日にはマイアミ・オレンジボウルにて、当時のNWA世界王者ハーリー・レイス対WWWF世界王者スーパースター・ビリー・グラハムのダブル・タイトルマッチを『スーパーボウル・オブ・レスリング』と銘打って実現させている[4][5]

この間、日本には1974年2月に選手として全日本プロレスに参戦しているが、WWWFと提携するなどNWA内部では「反主流派」に属していたこともあり、1970年代末より新日本プロレスに協力。ローデス、ボブ・ループジャック・ブリスコスティーブ・カーンスキップ・ヤング、マイク・グラハム、ジム・ガービンスタン・レーンなどをCWFから新日本にブッキングしている。しかし、日本のレスリング・ウォーが激化していた1982年からは再び全日本プロレスに接近、同年2月に行われたジャイアント馬場ら全日本主力勢のCWFサーキットをプロデュースした。

晩年は金融投資の失敗[6]アルコール依存症に陥り、1985年1月21日にピストル自殺[7]。55歳没。2008年にはプロレス界における功績をたたえ、WWE殿堂に迎えられた(プレゼンターはダスティ・ローデス)。

グラハムの死後、CWFは1987年2月にジム・クロケット・プロモーションズと合併[8]。なお、CWFの残党は1988年下期より後継プロモーションのFlorida Championship Wrestling(FCW)を旗揚げし、1990年末まで運営していた。FCWの名称は近年、かつてCWFを主戦場としていたスティーブ・カーンが主宰するWWEの下部団体に使用された。

獲得タイトル[編集]

CWF
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回
  • NWAフロリダ・タッグ王座:1回(w / マイク・グラハム)
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版):3回
  • NWA南部タッグ王座(フロリダ版):2回(w / ドン・カーティス、レスター・ウェルチ)
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):2回(w / ディック・スタインボーン)
  • NWA世界タッグ王座(フロリダ版):7回(w / アイク・アーキンス、サム・スティムボート×3、ボブ・オートン×2、ホセ・ロザリオ
  • NWAブラスナックル王座(フロリダ版):2回
その他

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Wrestler Profiles: Eddie Graham”. Online World of Wrestling. 2011年1月6日閲覧。
  2. ^ グラハム・ファミリーまたはゴールデン・グラハムズとも呼ばれる。後にクレージー・ルーク・グラハムスーパースター・ビリー・グラハムもファミリー・メンバーに加わり、ミネソタ・レッキング・クルーバリアント・ブラザーズなどに先駆けるレスリング・ブラザーズ(実際には血縁関係のないギミック上の兄弟ユニット)としてプロレス史に名を残した(Online World of Wrestling: The Graham Family)。
  3. ^ All Asia Tag Team Title Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月30日閲覧。
  4. ^ Event: Miami on January 25th, 1978”. The Archives of Championship Wrestling from Florida. 2010年8月5日閲覧。
  5. ^ WWE Yearly Results 1978”. The History of WWE. 2010年8月5日閲覧。
  6. ^ 『Gスピリッツ Vol.18』P48(2010年、辰巳出版ISBN 4777808661
  7. ^ Tampa Bay Tribune: Self-inflicted gunshot kills Eddie Graham”. Wrestling-Titles.com. 2009年11月23日閲覧。
  8. ^ N.W.A. Championship Wrestling from Florida”. Wrestling-Titles.com. 2009年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]