トミー・リッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミー・リッチ
プロフィール
リングネーム トミー・リッチ
トミー・リチャードソン
トーマス・リッチ
ミスター・R
本名 トーマス・リチャードソン
ニックネーム ワイルドファイヤー
ザ・ビッグ・ドン
身長 185cm
体重 105kg(全盛時)
誕生日 1956年7月26日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州ヘンダーソンビル
トレーナー ディック・スタインボーン
トージョー・ヤマモト
デビュー 1974年
テンプレートを表示

トミー・リッチTommy Rich)のリングネームで知られるトーマス・リチャードソンThomas Richardson1956年7月26日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテネシー州ヘンダーソンビル出身。ニックネームは "Wildfire"野生の炎)。

来歴[編集]

1974年ジェリー・ジャレットにスカウトされ、地元テネシーNWAミッドアメリカ地区でプロレスラーとしてデビュー。以降1980年代を通し、テネシーのCWAジョージアGCWアラバマのSECW(サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング)など、南部の団体を主戦場に活動。ジョージアではオースチン・アイドルマスクド・スーパースターオレイ・アンダーソンイワン・コロフバズ・ソイヤーファビュラス・フリーバーズザ・グレート・カブキなどトップクラスのヒールと流血の抗争を繰り広げ、ベビーフェイスとして一時代を築いた。

1981年4月27日、ジョージア州オーガスタハーリー・レイスを破り第59代NWA世界ヘビー級王者となる。その4日後にはマリエッタでレイスにタイトルを奪還されたが、この記録はジャイアント馬場をしのぐNWA世界王座史上の最短命記録であり、史上最年少での王座戴冠記録でもあった。マイケル・ヘイズがテレビ番組『WWE 24/7』で語ったところによると、この王座移動はNWAまたはレイスの許可なく、プロモーターの指示でレフェリーが早くカウントを取り勝利させたものだという[1]

1983年2月、全日本プロレスに初来日し、ジョージア時代のカブキとの抗争を再現[2]。その後も度々来日し、ジャンボ鶴田と好勝負を残している(両者ともフライング・ボディシザース・ドロップを得意にしていた)。また、アメリカにおけるスタン・ハンセンの盟友として、プロレス専門誌の海外情報コーナーにも頻繁に登場した。1980年代後半には古巣のCWAに復帰し、旧敵オースチン・アイドルと組んでジェリー・ローラーと抗争(この抗争劇は、業界紙『レスリング・オブザーバー』において1987年の "Feud of the Year" に選ばれている)。1988年11月には全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦ディック・スレーターとのコンビで出場した。

1991年からWCWへも参戦し、1993年にはUSWA1995年にはジム・コルネットのSMWで活動。この頃になると体重も増加し、ラリー・シャープを思わせる風貌・体型になり、かつての金髪アイドルのイメージを完全に払拭してヒールに転向した。1996年よりECWに登場し、ザ・ビッグ・ドンThe Big Don)のニックネームでイタリア系ユニットF.B.I.マネージャーとしても活動[3][4]

2000年にECWを離れプロレス界から引退したが、2006年よりインディー団体への単発出場を開始。かつてのライバル達との因縁の対決も再現しており、2007年5月15日にジョージアのAll-Star Championship Wrestlingにてマスクド・スーパースター、同年8月5日にクリーブランドのAll-Pro Wrestlingにてジミー・スヌーカと対戦した。2008年6月7日には、アトランタで行われた "NWA 60th Anniversary Show" にてアブドーラ・ザ・ブッチャーとノーコンテストの激闘を演じている[5]2009年8月9日にはECWの影響下にあるJCWが主催した "Bloodymania" に登場、サブゥーレイヴェン戦においてレイヴェンのマネージャーを務めた。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

GCW
NWAミッドアメリカ / CWA
SECW
  • NWAサウスイースト・コンチネンタル・ヘビー級王座:1回
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:3回(w / ビル・ダンディー、ジョニー・リッチ、スティーブ・アームストロング
WCW
USWA
  • USWAヘビー級王座:4回
  • USWA世界タッグ王座:4回(w / ダグ・ギルバート)
その他

脚注[編集]

  1. ^ GCWプロモーターのジム・バーネット同性愛者を公言しており、トミー・リッチはバーネットと寝て王者になったという噂が今も残っている。それほど、彼の王座移動は議論の的になっている。
  2. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P44(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ リッチ自身はイタリア系ではないが、F.B.I.はプロレスにおける民族ギミックのパロディ的な側面を持っていたこともあり(黒人のメンバーもいた)、イタリア系の出自を自称して「ビッグ・ドン」を名乗った。また、架空の6人タッグ王座をでっち上げ、当時は1990年代後半であったにもかかわらず「先月はフリーバーズ、今月はエリック兄弟の挑戦を受けた」などと時空を超えた戦歴を吹聴した。
  4. ^ Full Blooded Italians”. Online World of Wrestling. 2010年3月16日閲覧。
  5. ^ Tommy Rich returns to Atlanta for fan fest”. SLAM! Wrestling. 2010年3月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]