スタイナー・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・スタイナー・ブラザーズThe Steiner Brothers)は、兄リック・スタイナーと弟スコット・スタイナーの兄弟によるプロレスタッグチームである。ザ・スタイナーズThe Steiners)の略称でも呼称される。

共にミシガン大学レスリング選手であったことから、アマレス・スタイルのショルダータイツとスタジアムジャンパーをコスチュームに、アスリート系のベビーフェイスとしてWCWWWFで活躍した。

来歴[編集]

1989年5月、前年末にテッド・ターナージム・クロケット・プロモーションズNWAミッドアトランティック地区)買収により発足したWCWにおいて、当時マイク・ロトンド&ケビン・サリバンバーシティ・クラブと抗争中だったリック・スタイナーのパートナーとしてスコット・スタイナーが参戦[1]。7月23日のグレート・アメリカン・バッシュ'89にてバーシティ・クラブを下し[2]、本格的なタッグチームとして始動する。

同年11月1日にはジョージア州アトランタにてマイケル・ヘイズ&ジミー・ガービンファビュラス・フリーバーズを破り、WCWの管理下に置かれていたミッドアトランティック版NWA世界タッグ王座を獲得[3]。同王座は翌1990年5月19日にブッチ・リード&ロン・シモンズドゥームに奪われるも、1991年2月18日に再びフリーバーズを破り、後継タイトルとして新設されたWCW世界タッグ王座を獲得している[4](その間、1990年8月24日にはボビー・イートン&スタン・レーンミッドナイト・エクスプレスからUSタッグ王座を奪取したが、世界タッグ王座戴冠に伴い返上[5])。

日本には1991年3月21日、新日本プロレス東京ドーム大会に来日し、馳浩&佐々木健介からIWGPタッグ王座を奪取[6]。以降も新日本プロレスへの参戦を続け、1992年6月26日には日本武道館にてビッグバン・ベイダー&クラッシャー・バンバン・ビガロを破り、同王座に返り咲いている[6]。WCWではスティング&レックス・ルガーアーン・アンダーソン&ラリー・ズビスコなどのチームを相手に世界タッグ王座の防衛戦を行ったが、1992年7月5日、テリー・ゴディ&スティーブ・ウィリアムスに敗れてタイトルを失い、同年にWCWを離脱[7]

1993年1月よりWWFに登場。1月24日のロイヤルランブル'93ではボウ&ブレイクのビバリー・ブラザーズ、4月4日のレッスルマニアIXではサムゥ&ファトゥのヘッドシュリンカーズから勝利を収め[7]、6月14日にはオハイオ州コロンバスにて、テッド・デビアス&IRSのマネー・インコーポレーテッドからWWF世界タッグ王座を奪取[8]。翌々日に奪還されるも3日後には奪い返し、9月13日にジャック&ピエールのザ・ケベッカーズに明け渡すまで戴冠した[8]。翌年1月11日のサウスカロライナ州フローレンスでのTVショーでは、ブレット・ハート&オーエン・ハートとの兄弟タッグ対決も行われている[9][10]

1994年4月にWWFを離れると、同年は新日本プロレスを主戦場に、ヘルレイザーズが保持していたIWGPタッグ王座に再三挑戦[11]。翌1995年ECWに参戦し、ダッドリー・ダッドリー&バンパイア・ウォリアークリス・ベノワ&2・コールド・スコーピオレイヴェン&スティービー・リチャーズなどと対戦した[12]

ヒールターン後のスコット・スタイナー

1996年3月よりWCWに復帰し、ロード・ウォリアーズナスティ・ボーイズとの対戦を経て、7月24日にハーレム・ヒートを破りWCW世界タッグ王座への久々の戴冠を果たす[4]。その後は同王座を巡り、nWoの中心メンバーだったケビン・ナッシュ&スコット・ホールのアウトサイダーズと抗争を展開するが、1998年2月にスコット・スタイナーがヒールターンしてnWoに加入したことにより、スタイナー・ブラザーズは解散[7]。以降、スコットは "Big Poppa Pump" を名乗る筋肉派ヒールに変身し、リックとの兄弟抗争を繰り広げた[13][14]。その後、リック・スタイナーもヒールに転向し、2000年8月7日のマンデー・ナイトロにてスタイナー・ブラザーズがヒール・バージョンで復活、スティング&ケビン・ナッシュと対戦した[7]。以後、スコットはWCW世界ヘビー級王者、リックはUSヘビー級王者となり、2001年にはリック・フレアー率いるユニット "The Magnificent Seven" に揃って加入したが[15]、同年3月にWCWは崩壊した。

2002年5月2日、新日本プロレスの東京ドーム大会でチームを再結成し、佐々木健介&棚橋弘至に勝利。7月19日には札幌にて蝶野正洋&天山広吉のIWGPタッグ王座に挑戦した[16]。以降はインディー団体にて単発的に再結成を行い、2006年にはバージニア州のTNTプロレスリングにて、ボビー・イートン&デニス・コンドリー第2期ミッドナイト・エクスプレスニュー・エイジ・アウトローズと対戦[16]2007年TNAに参戦し、チーム3Dやラテン・アメリカン・エクスチェンジ(ホミサイド&ヘルナンデス)と抗争した[7]2008年1月4日には新日本プロレスの東京ドーム大会に6年ぶりに参戦し、ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコのIWGPタッグ王座に挑戦している[16]

2010年代も活動を続け、2013年5月31日にはイギリスプレストンのPCWにてタッグ王座を獲得[17]2014年11月29日にはノースカロライナ州ウィンストン・セーラムにて行われたリユニオン・イベント "WrestleCade 2014"にて、ロックンロール・エクスプレスリッキー・モートン&ロバート・ギブソン)、フェイシズ・オブ・フィアー(ミング&ザ・バーバリアン)、トム・プリチャード&ジョージ・サウスとのフェイタル4ウェイ・タッグマッチを征した[18]

獲得タイトル[編集]

ナショナル・レスリング・アライアンス / ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・フェデレーション
新日本プロレス
プレストン・シティ・レスリング
  • PCWタッグ王座:1回[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The WCW matches fought by Scott Steiner in 1989”. Wrestlingdata.com. 2015年3月31日閲覧。
  2. ^ NWA The Great American Bash 1989 "Glory Days"”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  3. ^ a b NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月31日閲覧。
  4. ^ a b c WCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月31日閲覧。
  5. ^ a b NWA/WCW United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月31日閲覧。
  6. ^ a b c IWGP Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月31日閲覧。
  7. ^ a b c d e The Steiner Brothers”. Online World of Wrestling. 2015年3月31日閲覧。
  8. ^ a b c History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2015年3月31日閲覧。
  9. ^ WWF TV-Taping at Florence”. Wrestlingdata.com. 2015年3月31日閲覧。
  10. ^ WWF Wrestling Challenge #387”. Cagematch.net. 2015年4月5日閲覧。
  11. ^ The NJPW matches fought by Rick Steiner in 1994”. Wrestlingdata.com. 2015年3月31日閲覧。
  12. ^ The ECW matches fought by Rick Steiner in 1995”. Wrestlingdata.com. 2015年3月31日閲覧。
  13. ^ WCW Fall Brawl 1998 "War Games"”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  14. ^ WCW Halloween Havoc 1998”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  15. ^ The Magnificent Seven”. Online World of Wrestling. 2015年4月5日閲覧。
  16. ^ a b c Steiner Brothers: Matches”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  17. ^ a b PCW No Retreat, No Surrender”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  18. ^ WrestleCade 2014”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]