バーシティ・クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・バーシティ・クラブThe Varsity Club)は、1980年代後半にアメリカ合衆国で活動したプロレスラーユニットである。大学のレスリング部出身のアスリートをモチーフとしていたが、レスリングのエリートであることを鼻にかけたヒールとなって観客のブーイングを煽った。

メンバー[編集]

ロトンド、スタイナー、ウィリアムスは、ギミックではなく大学時代は実際にレスリング選手としての実績を残している[1][2][3]

来歴[編集]

1987年末、NWAジム・クロケット・プロモーションズにおいて、マイク・ロトンドリック・スタイナーによって結成された。レスリング部で活躍したアスリートというベビーフェイス的なキャラクターでありながら、エリート意識の強い高慢なヒールタッグチームとして活動。それぞれの出身大学のレターマン・ジャケット(スタジアムジャンパー)とシングレット(ショルダータイツ)をコスチュームに、チアリーダーの先導で入場し、マネージャーには彼らの「コーチ」を自認するケビン・サリバンが就いた。

1988年1月にはロトンドがNWA世界TV王座を獲得するが[4]、どちらが「キャプテン」であるかを巡りスタイナーとの間で確執が生じ、同年9月に仲間割れを起こしてスタイナーはベビーフェイスに転向。12月26日開催の『スターケード'88』では両者によるTV王座戦が行われ、スタイナーがロトンドを破りタイトルを奪取した[4][5]

スタイナーに代わる新メンバーには、それまでベビーフェイスのポジションにいたスティーブ・ウィリアムスヒールターンして加入、サリバンとのコンビでスタイナー&エディ・ギルバートとUSタッグ王座を争った。ギルバートのNWA離脱後はルーキー時代のスコット・スタイナーがリック・スタイナーのパートナーとなり、スタイナー・ブラザーズを結成して抗争に加わった。

クロケット・プロがテッド・ターナーに買収されWCWが発足した1989年からはダン・スパイビーもバーシティ・クラブのメンバーとなり、団体内における勢力を拡大。同年4月2日の『クラッシュ・オブ・ザ・チャンピオンズVI』では、ロトンド&ウィリアムスのコンビでロード・ウォリアーズからNWA世界タッグ王座を奪取した[6][7]。しかし、5月7日のPPV『レッスルウォー'89』でのリターン・マッチにおいてセコンドのサリバンとスパイビーが試合に介入、特別レフェリーのニキタ・コロフを攻撃したためタイトルは剥奪される[6][8]

その後ウィリアムスとも仲間割れし、スパイビーもユニットを離れシッド・ビシャスと新チームのスカイ・スクレイパーズを結成。残党メンバーのロトンドとサリバンは7月23日の『グレート・アメリカン・バッシュ'89』にてスタイナー・ブラザーズとバトルロイヤル形式のテキサス・トルネード・マッチで対戦するが5分足らずで完敗[9]。9月12日の『クラッシュ・オブ・ザ・チャンピオンズVIII』ではフェイスターンしたウィリアムスにロトンドが敗退[10]、以降バーシティ・クラブは解散した。

リユニオン[編集]

解散から10年後の1999年下期、当時WCWのヘッド・ブッカーだったサリバンにより、バーシティ・クラブはWCWにてロトンドとスタイナーのオリジナル・メンバーで再結成されている。12月19日開催の『スターケード'99』ではジム・ドゥガンを加えたカルテットでザ・レボリューション(シェーン・ダグラスディーン・マレンコペリー・サターン、および女性ボディーガードのエイジア)と対戦したが[11]、かつてのような活躍は望めず、短期間でフェードアウトしていった。

2000年9月、ロトンドとウィリアムスが 「バーシティ・クラブ21」 として全日本プロレスの『世界最強タッグ決定リーグ戦2000年大会に参加、優勝を果たした。以降も全日本の常連外国人チームとなり、世界タッグ王座にも挑戦。最強タッグには2001年大会2002年大会にも連続出場している。

獲得タイトル[編集]

活動中の1987年末から1989年にかけて、その時点での所属メンバーが戴冠したタイトル。

シングル王座
タッグ王座

脚注[編集]

  1. ^ Wrestler Profiles: Mike Rotundo”. Online World of Wrestling. 2010年9月17日閲覧。
  2. ^ Wrestler Profiles: Rick Steiner”. Online World of Wrestling. 2010年9月17日閲覧。
  3. ^ Wrestler Profiles: Steve Williams”. Online World of Wrestling. 2010年9月17日閲覧。
  4. ^ a b c NWA World Television Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月17日閲覧。
  5. ^ Going Old School: Starrcade '88 - True Grit”. 411mania.com. 2010年9月17日閲覧。
  6. ^ a b c NWA World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月17日閲覧。
  7. ^ Clash of the Champions VI Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  8. ^ WrestleWar 1989 Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  9. ^ The Great American Bash 1989 Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  10. ^ Clash of the Champions VIII Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  11. ^ Starrcade 1999 Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  12. ^ NWA Florida Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月17日閲覧。
  13. ^ NWA United States Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]