世界最強タッグ決定リーグ戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界最強タッグ決定リーグ戦(せかいさいきょうタッグけっていリーグせん)とは、1978年12月から、「世界最強のタッグチームを決定する」と銘打って毎年年末に全日本プロレスが行なっているタッグマッチの総当たりリーグ戦である。

概要[編集]

日本のプロレス界では「年末のプロレス興行は当たらない」「タッグ・リーグは成功しない」と言われていたジンクスを[1]1977年12月に行われた「世界オープンタッグ選手権」が成功したことで払拭し、翌年の1978年から「世界最強タッグ決定リーグ戦」と名称変更し、以降毎年の年末に全日本プロレスの看板シリーズとして行われている[1][2]

特別試合として組まれる夢のシングルマッチもファンの楽しみの一つであった。また、プロレスにおける同一名称で行われるイベント・シリーズとしては日本最長を誇り、今なお更新中である。

試合形式は当初45分1本勝負、1984年大会から30分1本勝負。あらゆる勝ち2点、あらゆる負け0点、時間切れ引き分け1点、両者リングアウト・両者反則0点の勝ち点制で行われた。

1988年から1994年まで、世界タッグ王座のベルトをリーグ戦開幕直前に王者チームが返上。優勝したチームが新王者の形式が続いた。

1978年大会[編集]

参加6チーム[3]
内容
前年のオープンタッグとは打って変わって少数精鋭で行われた。AWA王者ニックの参戦で馬場・ファンクスといったNWAの重鎮との対戦が注目された。シークがドリーの凶器攻撃による負傷で途中帰国し、代わってブッチャーのパートナーにキラー・トーア・カマタが起用され、途中参戦。そのままリーグ戦の星勘定を引き継いだ。最終戦で馬場・鶴田組が時間切れ引き分けでファンクスを振り切り初優勝。『全日本プロレス中継』の第1期ゴールデンタイム時代では最初で最後だった。

1979年大会[編集]

参加7チーム
内容
人気者マスカラスの参加が話題を呼んだ。蔵前国技館での最終戦でファンクスに敗れたブッチャーにシークが火炎殺法をして仲間割れ。大木&カマタ組が共闘路線を敷いていたブッチャー&シーク組に白星を献上、物議を醸した。当初、レスリングのパートナーはザ・デストロイヤーと発表されていたが、直前に変更となった。マスクド・ストラングラーの正体はホセ・ルイス・リベラ

1980年大会[編集]

参加7チーム
内容
前年仲間割れのシークとブッチャーが別々のチームで参戦し血の抗争を展開。期待の新星スティムボートが初来日、リーグ戦に新風を吹き込んだ。最終戦でファンクスをリングアウトで下した馬場・鶴田組が2年ぶりに優勝。

1981年大会[編集]

参加9チーム
内容
この年の春、ブッチャーが新日本プロレスへ移籍、入れ替わりにシン&上田が新日から参戦、全体的にラフファイター揃いの大会となった。シンとシークの凶悪直接対決が実現。最終戦(蔵前)でブロディ&スヌーカ組のセコンドとしてスタン・ハンセンが登場、場外でテリーにラリアットを見舞いKO、全日参戦を表明するという衝撃的な展開でブロディ&スヌーカ組が初優勝[4]

1982年大会[編集]

参加7チーム
  • ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組「ザ・ファンクス」 9点 ※優勝
  • ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組「師弟タッグ」 8点
  • スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ組「ミラクルパワーコンビ」 8点
  • ハーリー・レイス&ディック・スレーター組 7点
  • 天龍源一郎&阿修羅・原組 5点
  • リッキー・スティムボート&ジェイ・ヤングブラッド組 3点
  • 上田馬之助&スーパー・デストロイヤー組 0点
内容
この年から全日に復帰したハンセンがブロディと「ミラクルパワーコンビ」を結成。ブロディと仲間割れしたスヌーカはレイスとのコンビで出場予定だったが開幕直前にWWF入りしたため、レイスのパートナーは急遽スレーターに変更。超獣コンビは馬場&鶴田組に完勝するなど好調のまま最終戦を迎え、ハンセンがテリーを場外でラリアットで倒すなどファンクスを一方的に攻めながら、2人がかりの攻撃にレフェリーが巻き込まれ反則決着となり、ファンクスが辛うじて優勝を拾った[5]

1983年大会[編集]

参加8チーム
内容
テリーが8月31日に引退したためファンクスはコンビ解消、ドリーは馬場とコンビを結成。鶴田は新たに天龍と組み「鶴龍コンビ」が誕生。優勝争いは予想通り超獣コンビと鶴龍、馬場&ドリー組の争いとなり、最終戦で馬場組はシン&上田組と両軍リングアウトに終わり脱落、鶴龍コンビと超獣コンビの直接対決はハンセンが天龍をラリアットに沈め、超獣コンビが堂々の初優勝[6]

1984年大会[編集]

参加8チーム
内容
参加メンバーの豪華さもさることながら、内外ともに非常に話題の豊富な大会となった[7]。新日本のMSGタッグ・リーグ戦に参加するため来日した「ブリティッシュ・ブルドッグス」が空港で全日への移籍を電撃発表し初参加。テリーが現役に復帰しファンクスが復活。レイスとニックの元世界王者・リアル帝王コンビが誕生。開幕戦当日まで「ミステリアス・パートナー」として伏せられていた馬場のパートナーは、UWFを離脱したばかりのラッシャー木村が就いたが、名古屋大会で木村の造反により戦線離脱、木村は鶴見、剛竜馬菅原伸義と「国際血盟軍」を結成した。決勝戦は鶴龍コンビと超獣コンビの戦いとなり、天龍がハンセンのラリアットを食らってKOされ鶴田が孤軍奮闘する展開になったが、ハンセンのレフェリー暴行による反則負けで鶴龍コンビが初優勝[8]。名古屋大会のメイン終了後に長州力率いるジャパンプロレス勢がリングに上がり、全日は新しい闘いに突入した。
ワンマン・ギャングのパートナーは当初バズ・ソイヤーが予定されていたが、ソイヤーがパスポートを紛失し来日不能となり、急遽ピラタ・モルガンをパートナーに指名し開幕セレモニーに参加したものの、チームワークがうまくいかずコンビ解消、再度鶴見にパートナーを変更した。
この年から公式戦が45分1本勝負から30分1本勝負に変更。また、大会のテーマ曲としてセルジオ・メンデスの「オリンピア」(インストバージョン)を初使用(前年までの2年間は「王者の魂」)。以後、現在まで入場式や表彰式などで継続して使用されている。

1985年大会[編集]

参加8チーム
  • スタン・ハンセン&テッド・デビアス組「ビッグテキサンコンビ」 7点 ※優勝
  • ジャンボ鶴田&天龍源一郎組「鶴龍コンビ」 6点
  • 長州力&谷津嘉章組「ジャパン軍」 6点
  • ジャイアント馬場&ドリー・ファンク・ジュニア組 6点
  • ハーリー・レイス&ジェシー・バー組 6点
  • ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス組「ブリティッシュ・ブルドッグス」 5点
  • ニック・ボックウィンクル&カート・ヘニング組 5点
  • ラッシャー木村&阿修羅・原組「国際血盟軍」 5点
内容
長州率いるジャパンプロレス軍団が全日に参戦。ブロディの新日転出でハンセンは新パートナーにデビアスを指名。前年はチームを結成して参加したレイスとニックはそれぞれ新鋭を帯同し参加。全公式戦中9試合が時間切れ引き分けという大混戦となり、鶴龍コンビが国際血盟軍にリングアウト負け、長州組がブルドッグス・レイス組に連日の反則負けと星を落とす中、着実に白星を重ねたハンセン組が最終戦で長州組と引き分け初優勝。

1986年大会[編集]

参加9チーム
内容
この年からカルガリーハリケーンズも全日に参戦し、参加選手の半数以上が日本人という事態となった。最終戦、まず鶴龍コンビとハンセン組が両軍リングアウトに終わり、ファンクス対長州組の勝った方が優勝という状況になるが、これまた両軍リングアウトに終わり両軍は脱落。再度、鶴龍とハンセン組の同点決勝となり、リングアウトで鶴龍が勝ち2年ぶりに優勝するが、その後コンビは発展的解消した[9]

1987年大会[編集]

参加12チーム
内容
長州が新日に復帰、天龍が原と「天龍同盟」を結成した激動の1年を締めくくる今大会には史上最多の12チームが参加。ブッチャー、ブロディが全日にカムバックし、さらに当初カーネル・デビアーズと発表されていたブロディのパートナーが開幕前日に、これまた全日復帰のスヌーカに変更。天龍&原組が「龍原砲」として5年ぶりに参加、鶴龍コンビを解消した鶴田は宙に浮いていた谷津と「五輪コンビ」を結成。元横綱の輪島が初参戦。開幕第2戦でハンセン組とブロディ組が対戦するなど、第10回記念にふさわしく話題満載の大会となった。5チームによる優勝争いとなり、最終戦の日本武道館大会で龍原砲とハンセン組が両軍リングアウトで脱落、ブロディ組を下した五輪コンビが優勝。
シリーズ期間中にハル薗田南アフリカ航空295便墜落事故の犠牲となり、最終戦で追悼のテンカウントゴングが行われた。

1988年大会[編集]

参加11チーム
  • スタン・ハンセン&テリー・ゴディ組「ニューミラクルパワーコンビ」 17点 ※優勝
  • ジャンボ鶴田&谷津嘉章組「五輪コンビ」 16点
  • ジャイアント馬場&ラッシャー木村組「義兄弟コンビ」 15点
  • 天龍源一郎&川田利明組「天龍同盟」 14点
  • アブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シン組 「最凶悪コンビ」14点
  • ダニー・スパイビー&ジョニー・エース組「ブロンド・ボンバーズ」 10点
  • ザ・グレート・カブキ&輪島大士組 7点
  • タイガーマスク&ジミー・スヌーカ組「スーパーフライコンビ」 7点
  • ジョン・テンタ&高野俊二組 4点
  • ディック・スレーター&トミー・リッチ組 0点
  • クラッシャー・ブラックウェル&フィル・ヒッカーソン組 0点
内容
馬場&木村の「義兄弟コンビ」が誕生。7月にブロディが急逝しパートナーを失ったスヌーカがタイガーマスクとコンビ結成。79年オールスター戦以来のタッグ結成となるブッチャーとシンの最凶悪コンビが参加(シリーズを通しての参加は初)。リーグ開幕戦に原の解雇が発表され、天龍のパートナーとして川田が初参加。最終戦では案の定川田が狙い撃ちにされ、孤立した天龍をラリアットでKOしたハンセン&ゴディ組が優勝。
この年統一された世界タッグ王座のベルトを当時王者の鶴田&谷津組が返上。優勝チームのハンセン&ゴディ組が新王者となる。この「リーグ戦開幕直前に王者チームがベルト返上→リーグ戦優勝チームが新王者」の形式は以後1994年まで慣例となる。
なお、この大会に参加していた輪島はシリーズ終了後、石川敬士と共に退団、引退した。

1989年大会[編集]

参加10チーム
内容
原を失った天龍はハンセンとコンビを結成。強力なパートナーを得た天龍は馬場から日本人初のピンフォールを奪うなど絶好調で、五輪コンビと共に全勝で最終戦の直接対決へ。満身創痍の谷津は頭部にヘッドギアを付けて健闘したが、天龍の延髄斬り・ハンセンのラリアットをたて続けに食らいKO[10]。ハンセン&天龍組が初優勝。

1990年大会[編集]

参加13チーム
内容
東京ドーム大会で結成された馬場&アンドレの「大巨人コンビ」は途中まで全勝の快進撃だったが、馬場が左大腿骨亀裂骨折の重傷を負いリタイヤ。天龍らの大量離脱で三沢・川田・小橋・田上の新世代が台頭。最終戦でウイリアムスが残り1秒でハンセンからフォールを奪い「殺人魚雷」が初優勝。

1991年大会[編集]

参加13チーム
  • テリー・ゴディ&スティーブ・ウィリアムス組「殺人魚雷」 21点 ※優勝
  • ジャイアント馬場&アンドレ・ザ・ジャイアント組「大巨人コンビ」 20点
  • ジャンボ鶴田&田上明組 20点
  • スタン・ハンセン&ダニー・スパイビー組 20点
  • 三沢光晴&川田利明組「超世代軍」 19点
  • アブドーラ・ザ・ブッチャー&ジャイアント・キマラ2組 14点
  • ドリー・ファンク・ジュニア&アル・ペレス組 8点
  • ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組「カンナム・エクスプレス」 8点
  • ジョー・ディートン&ビリー・ブラック組 8点
  • ダイナマイト・キッド&ジョニー・スミス組 6点
  • ラッシャー木村&マイティ井上組 4点
  • 小橋健太&菊地毅組 4点
  • ジョニー・エース&サニー・ビーチ組 4点
内容
最終戦で三沢・川田組を下した殺人魚雷がリーグ戦史上初の2連覇[11]。最終戦で突如ダイナマイト・キッドが引退を表明しファンを驚かせた。

1992年大会[編集]

参加11チーム
  • 三沢光晴&川田利明組「超世代軍」 18点 ※優勝
  • テリー・ゴディ&スティーブ・ウィリアムス組「殺人魚雷」 17点
  • スタン・ハンセン&ジョニー・エース組 17点
  • ジャイアント馬場&小橋健太組 16点
  • 田上明&秋山準組 12点
  • アブドーラ・ザ・ブッチャー&ジャイアント・キマラ組 6点
  • ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組「カンナム・エクスプレス」 6点
  • パトリオット&ジ・イーグル組 6点
  • ジョー・ディートン&ビリー・ブラック組 4点
  • ダニー・スパイビー&ケンドール・ウインダム組 4点
  • ドリー・ファンク・ジュニア&菊地毅組 4点
内容
馬場と小橋が「親子タッグ」を結成。鶴田欠場により、コンビを組む予定であった田上のパートナーとしてデビュー直後の秋山が初参戦。3チームがトップで並び最終戦を迎えたが、ハンセン組と殺人魚雷が時間切れ引き分けに終わり脱落、三沢組が田上組を下し初優勝。アンドレはリーグ戦には出場しなかったものの全戦参加、翌年1月に急死したため、このシリーズが最後の来日となった。また最終戦でアンドレと6人タッグで対戦した大熊元司もシリーズ終了後に急逝した。

1993年大会[編集]

参加8チーム
  • 三沢光晴&小橋健太組「超世代軍」 13点 ※優勝
  • スタン・ハンセン&ジャイアント馬場組「巨艦砲」 12点
  • 川田利明&田上明組「聖鬼軍」 11点
  • スティーブ・ウィリアムス&ビッグ・ブーバー組 8点
  • ダニー・スパイビー&ジョニー・エース組「ブロンド・ボンバーズ」 4点
  • ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組「カンナム・エクスプレス」 4点
  • パトリオット&ジ・イーグル組 4点
  • トレイシー・スマザーズ&リチャード・スリンガー組 0点
内容
超世代軍を離脱した川田が、これまで抗争を展開していた田上と「聖鬼軍」を結成したこの年のリーグ戦は、前のシリーズで7年ぶりにコンビを結成し、その聖鬼軍からいきなり世界タッグ王座を奪取したハンセン&デビアス組が本命と見られていたが、リーグ戦途中でデビアスが怪我のため緊急帰国。この大会、当初は馬場は不参加だったが、ハンセンは「出場していない日本人では選択肢は馬場しかいない」と馬場とのタッグを希望し馬場が快諾(但しハンセン・デビアス組の成績は無効となり、それまでに同チームと対戦した組は改めてハンセン・馬場組との再試合となった)。リーグ戦の人気を独占したハンセン&馬場組は健闘したものの、最終戦で聖鬼軍を下した三沢&小橋組が初優勝[12]

1994年大会[編集]

参加10チーム
  • 三沢光晴&小橋健太組「超世代軍」 16点 ※優勝
  • スタン・ハンセン&ジャイアント馬場組「巨艦砲」 15点
  • 川田利明&田上明組「聖鬼軍」 15点
  • スティーブ・ウィリアムス&ジョニー・エース組「殺人狼コンビ」 14点
  • ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組「カンナム・エクスプレス」 10点
  • 秋山準&大森隆男組 8点
  • アブドーラ・ザ・ブッチャー&ジャイアント・キマラ組 6点
  • ドリー・ファンク・ジュニア&ジョニー・スミス組 2点
  • ダニー・スパイビー&ジム・スティール組 2点
  • ジ・イーグル&ザ・ファルコン組 2点
内容
前年の3強に、エースを新パートナーに据えたウイリアムスを加えた優勝争いは、最終戦を前にハンセン&馬場組が脱落。最終戦で先に三沢組がウイリアムス組を破り、聖鬼軍の結果待ちとなったが、その聖鬼軍がハンセン組に敗れ、三沢&小橋組が2連覇。
慣例となっていたリーグ戦開幕直前の世界タッグ返上について「ずっと積み重ねてきた防衛記録が途絶えてしまうのは割り切れない」と三沢が異議を唱えたが、この年は例年通り返上の形をとった。

1995年大会[編集]

参加10チーム
  • 三沢光晴&小橋健太組「超世代軍」 16点 ※優勝
  • 川田利明&田上明組「聖鬼軍」 16点
  • スタン・ハンセン&ゲーリー・オブライト組 15点
  • パトリオット&ジョニー・エース組 13点
  • ジャイアント馬場&本田多聞組 10点
  • ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組「カンナム・エクスプレス」 6点
  • 秋山準&大森隆男組 4点
  • ドリー・ファンク・ジュニア&渕正信組 4点
  • アブドーラ・ザ・ブッチャー&ジャイアント・キマラ組 4点
  • ジョニー・スミス&ロブ・ヴァン・ダム組 2点
内容
UWFインターナショナルから転出したオブライトが初参戦。三沢&小橋組と川田&田上組が同点のため、優勝決定戦が行われた。小橋がムーンサルトプレスで田上をフォールし、三沢&小橋組が史上初の3連覇[13]
また、この年からリーグ戦開幕直前の世界タッグ王座返上制度が廃止され、リーグ戦優勝チームが世界タッグ王座に就くことは無くなった。

1996年大会[編集]

参加7チーム
  • 川田利明&田上明組「聖鬼軍」 17点 ※優勝
  • 三沢光晴&秋山準組「超世代軍」 17点
  • 小橋健太&パトリオット組 16点
  • スティーブ・ウィリアムス&ジョニー・エース組「殺人狼コンビ」 16点
  • スタン・ハンセン&大森隆男組 6点
  • ゲーリー・オブライト&サブゥー組 6点
  • ジャイアント・キマラ&泉田純組 6点
内容
この大会以降、馬場は不参加となる。参加チームが少ないこともあり、この大会は過酷な総当り2回戦制で行われた。最後までもつれる展開となり川田&田上組と三沢&秋山組で優勝決定戦が行われた。田上が秋山に場外への「ノド輪落とし」を決めKOすると、孤立した三沢を二人がかりで攻め最後はパワーボムの連発で川田が三沢をピンフォール。川田&田上組が悲願の初優勝[14]

1997年大会[編集]

参加10チーム
内容
ハヤブサ&人生が初参戦。バーチャファイターのキャラクター「ウルフ」に変身したラクロスとスミスのコンビが開幕2連戦で三沢組とウィリアムス組相手に連日の時間切れ引き分けを演じ台風の目に。優勝決定戦の末、川田&田上組が2連覇。

1998年大会[編集]

参加8チーム
内容
この大会より、リーグ戦上位2チームによる優勝決定戦方式が採用された。ベイダー、小川、高山が初参戦。ハンセン&ベイダー組が7戦全勝と圧倒的な強さを見せ付けたが、2位に滑り込んだ小橋&秋山組との優勝決定戦で、小橋がハンセンをラリアットで沈め逆転優勝。大森と高山が初タッグチームで出場、翌年「ノーフィアー」結成となる。このシリーズの終盤に体調を崩した馬場はシリーズ終了後に入院、翌年1月31日に帰らぬ人となる。

1999年大会[編集]

参加8チーム
  • スタン・ハンセン&田上明組 11点
  • 小橋健太&秋山準組「バーニング」 10点 ※優勝
  • 三沢光晴&小川良成組「アンタッチャブル」 9点
  • ベイダー&ジョニー・スミス組 9点
  • ジョニー・エース&マイク・バートン組「ムーブメント」 9点
  • 大森隆男&高山善廣組「ノーフィアー」 4点
  • ゲーリー・オブライト&ウルフ・ホークフィールド組 2点
  • 本田多聞&井上雅央組 2点
内容
馬場没後、三沢体制で迎えた最初(で最後)の最強タッグとなった。川田の負傷欠場により田上はハンセンとコンビを結成。ハンセン&田上組と小橋&秋山組の優勝決定戦は、秋山が「リストクラッチ式エクスプロイダー」で田上を下して2連覇。このリーグ戦に参加したオブライトは翌年1月に急死したため、これが最後の来日となった。

2000年大会[編集]

参加8チーム
内容
プロレスリング・ノア」を旗揚げした三沢ら大量のレスラーが離脱。全日に残留したのは川田や渕などごく少数で、天龍が全日マットに久しぶりに上がる等、他団体からも多数参加した大会となった。バーシティ・クラブ21とウインダム兄弟以外は全チームが初めてのタッグ結成となった。大激戦となり、同点4チームによる優勝決定トーナメントの末にバーシティ・クラブ21が優勝した。

2001年大会[編集]

参加8チーム
内容
この年の1月の東京ドーム大会で全日初登場、6月には天龍から三冠ヘビー級王座を獲得した新日本プロレスの武藤が初参戦。同点4チームによる優勝決定トーナメントの末に武藤&太陽ケア組が初優勝。

2002年大会[編集]

参加8チーム
内容
この年、武藤、カズ・ハヤシ、ケンドー・カシンと共に全日に移籍した小島が初参戦。またZERO-ONEから大谷&田中の「炎武連夢」が参戦。最終戦で炎武連夢を下した小島&太陽ケア組が初優勝を果たすが、この試合でケアが右膝前十字靭帯断裂の重傷を負い、以後長期欠場。

2003年大会[編集]

参加7チーム
内容
TAKAみちのく率いる「RO&D」が初参戦。優勝決定戦でカズ・ハヤシが「ファイナル・カット」でクレディブルをフォールして小島&ハヤシ組が初優勝。最終戦終了後に参戦していたギガンテスが急死するショッキングなニュースがあった。

2004年大会[編集]

参加10チーム
内容
優勝決定戦で太陽ケア&ジャマール組が小島&カズ・ハヤシ組を下して初優勝。

2005年大会[編集]

参加10チーム
内容
曙が初参戦。優勝決定戦でチーム3Dが武藤&曙組を下し全勝で初優勝。

2006年大会[編集]

参加7チーム
  • 諏訪魔&RO'Z組「VOODOO-MURDERS」 9点
  • 武藤敬司&川田利明組 8点
  • 小島聡&天山広吉組「テンコジ」 8点 ※優勝
  • ディーロ・ブラウン&ブキャナン組「VOODOO-MURDERS RO&D裏切り組」 6点
  • 太陽ケア&TAKAみちのく組「元RO&D」 5点
  • カズ・ハヤシ&中嶋勝彦組 5点
  • 鈴木みのる&NOSAWA論外組「みのる軍団」 1点
内容
最終戦の時点でみのる&論外組を除く6チームに優勝決定戦進出の可能性がある大混戦となった。久々の復活を果たした天コジが武藤&川田組とVM組を破って初優勝。

2007年大会[編集]

参加8チーム
  • 武藤敬司&ジョー・ドーリング「日米師弟タッグ」組 11点 ※優勝
  • 小島聡&諏訪魔組 「VOODOO-MURDERS」 10点
  • 佐々木健介&川田利明組「KK砲」 10点
  • アブドーラ・ザ・ブッチャー&鈴木みのる組「超異次元タッグ」 8点
  • 西村修&渕正信組「昭和タッグ」 7点
  • 太陽ケア&ハワイアン・ライオン組「ハワイアンタッグ」 6点
  • 荒谷望誉&大鷲透組「元力士タッグ」 2点
  • TARU&ゾディアック組「VOODOO-MURDERS」 0点
内容
小島&諏訪魔組と健介&川田組が同点決勝の末、小島組が勝利して開幕戦のメインと同じカードで決勝戦。開幕戦で勝利した武藤&ジョー組が返り討ちにして見事優勝を決めた。武藤は春季の個人戦最強決定戦「チャンピオン・カーニバル」にも優勝しており、春秋の「本場所」2冠を獲得したことになる。

2008年大会[編集]

参加8チーム
  • 小島聡&天山広吉組 「テンコジ」 9点 ※優勝
  • 諏訪魔&近藤修司組 「超実力派コンビ」 9点
  • 太陽ケア&鈴木みのる組 「現世界タッグ王者コンビ」GURENTAI 8点
  • ゾディアック&ジョー・ドーリング組 「ブードゥータワーズ」VOODOO-MURDERS 8点
  • 武藤敬司&浜亮太組 「プロレスLOVE師弟タッグ」 6点
  • 西村修&カズ・ハヤシ組 「ワールドクラスのテクニシャンコンビ」 6点
  • 真田聖也&征矢学組 「成長著しい若きチカラ」 4点
  • TARU&ヘイト組 「悪の総帥と嫌われ者」VOODOO-MURDERS 4点
内容
直前に行われた「G1 TAG LEAGUE」に続く制覇を狙う小島&天山組だったが、諏訪魔&近藤組との公式戦で小島が近藤にフォールされ出遅れる。しかしトップを走っていたゾディアック&ドーリング組が、ゾディアックの急性腹膜炎でリタイヤしたこともあり優勝決定戦に進出。諏訪魔&近藤組との再戦となった優勝戦では小島が近藤をフォールし、雪辱を果たした天コジが2年ぶり2度目の優勝、史上初の全日本・新日本両団体でのタッグリーグ制覇を達成した。

2009年大会[編集]

参加9チーム
  • 武藤敬司&船木誠勝 11点 ※優勝
  • 諏訪魔&河野真幸 11点
  • 太陽ケア&鈴木みのる 10点
  • 長州力&征矢学 10点
  • 小島聡&ゾディアック 8点
  • 曙&浜亮太 8点
  • 高山善廣&NOSAWA論外 6点
  • 西村修&真田聖也 4点
  • TARU&ジョー・ドーリング 4点
内容
史上初めて開幕戦を海外(台湾)で行った今大会は、8月にプロレスに復帰した船木が初出場、また長州も23年ぶりに出場した一方で、シリーズ中盤から真田、ドーリング、そして小島が次々とインフルエンザにかかり戦線離脱するなど波乱のリーグ戦となった。優勝戦は船木が諏訪魔のジャーマン・スープレックスを受け場外に転落し、その間1対2の状況を強いられた武藤が一瞬のフランケンシュタイナーで河野を押さえ、逆転で武藤&船木組が優勝。

2010年大会[編集]

参加9チーム
内容
4月に右ヒザを手術した武藤はチャンピオン・カーニバルに続き不参加。優勝戦はVMのKENSO&KONOと、優勝戦進出決定戦で船木&みのるを破った諏訪魔&浜の対戦となったが、試合終盤にVMの乱入でダメージを受けた浜を、10月に新世代軍を離脱しVM入りした河野改めKONOがジャイアント・ニードロップで沈め、KENSO&KONOが優勝。一方諏訪魔はまたしても優勝戦で涙を呑み、これで5年連続の準優勝となった。

2011年大会[編集]

参加10チーム
内容
1か月前の両国大会で管理する4つの王座が全て他団体に流出するという異常事態の中で迎えたこの大会は、アジアタッグ新王者組の関本組が真っ先に参戦を表明する一方で、世界タッグ新王者組のオズ&クエルボ組が出場を拒否、さらにシリーズ期間中にTARUとMAZADAが逮捕されるなど、異例の事態が続いた。5チームが10点で並ぶという混戦で迎えた横浜文化体育館での最終戦は、SMOPを下した船木組と、関本組を破った真田組が優勝戦で激突、KAIが河野からスプラッシュプランチャで勝利し、シングルのリーグ戦で活躍した若手2人のコンビが初優勝を果たした。

2012年大会[編集]

参加10チーム
Aブロック
Bブロック
  • 諏訪魔&ジョー・ドーリング「LAST REVOLUTION」 6点※準優勝
  • 金本浩二&田中稔「ジュニア・スターズ」 5点
  • 曙&浜亮太「SMOP」 4点
  • 関本大介&岡林裕二(大日本プロレス) 3点
  • バンビ・キラー&フランツ・ダイナマイト 2点
内容
大会前にGET WILDが世界タッグ王座を返上、1989年の天龍&ハンセン組と1994年の三沢&小橋組に続いて3組目となる「世界タッグ返上&再戴冠」を目指すと宣言。GET WILDは無敗でAブロック1位となり、混戦を制しBブロック1位となった諏訪魔&ドーリング組と優勝戦で対戦、直前の公式戦で負傷した征矢が捕まる展開となるが、耐え抜いた征矢は大森のアックスボンバーに続いてワイルドボンバーをドーリングに決めフォール勝ち、最強タッグ初優勝を果たし、世界タッグも奪還した。一方諏訪魔は6度目の正直もならず、6度目の準優勝となった。

2013年大会[編集]

参加8チーム
内容
2月にNOAHを離脱した「バーニング」が参戦、6月末にWRESTLE-1勢が大量離脱するなど、大幅に陣容が入れ替わった全日本を象徴するように、半数近くの7選手が初出場という顔ぶれとなった。4チームの優勝争いとなり、リーグ戦最終日に18年ぶり出場の秋山&大森組がKENSO組と両軍リングアウトとなり脱落、曙組との直接対決を制した諏訪魔&ドーリング組と、バーニングを離脱した潮崎とダイヤモンド・リングからフリーとなった宮原のコンビが優勝戦に進出。新体制後初の札止めとなった優勝戦は諏訪魔が宮原をラストライドで沈め、前年度準優勝の諏訪魔&ドーリング組が初優勝、諏訪魔は10度目の出場で悲願の初優勝となった。

2014年大会[編集]

参加8チーム

脚注[編集]

  1. ^ a b 名勝負100 1996, p. 4.
  2. ^ 名勝負100 1996, pp. 8-9.
  3. ^ 『'78世界最強タッグ決定リーグ戦 公式パンフレット』
  4. ^ 名勝負100 1996, pp. 30-31.
  5. ^ 名勝負100 1996, p. 35.
  6. ^ 名勝負100 1996, p. 39.
  7. ^ 名勝負100 1996, p. 40.
  8. ^ 名勝負100 1996, p. 43.
  9. ^ 名勝負100 1996, p. 51.
  10. ^ 名勝負100 1996, p. 69.
  11. ^ 名勝負100 1996, pp. 76-77.
  12. ^ 名勝負100 1996, p. 85.
  13. ^ 名勝負100 1996, pp. 92-93.
  14. ^ 名勝負100 1996, p. 97.

参考文献[編集]

関連項目[編集]