ザ・ハリス・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロン・ハリス
ロン・ハリスの画像
プロフィール
リングネーム ロン・ハリス
8ボール
ジェラルド
ジェイコブ・ブルー
ニックネーム 巨人双生児
ザ・ビッグ
身長 203cm
体重 130kg
誕生日 1960年10月23日(54歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗フロリダ州オーランド
トレーナー ロッキー・モンタナ
ハーリー・レイス
デビュー 1987年
引退 2005年
テンプレートを表示
ドン・ハリス
ドン・ハリスの画像
プロフィール
リングネーム ドン・ハリス
スカル
パトリック
イーライ・ブルー
ニックネーム 巨人双生児
ザ・ヘビー
身長 203cm
体重 130kg
誕生日 1960年10月23日(54歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗フロリダ州オーランド
トレーナー ロッキー・モンタナ
デビュー 1987年
引退 2005年
テンプレートを表示

ザ・ハリス・ブラザーズThe Harris Brothers)は、アメリカ合衆国出身の男性双生児プロレスラー2人によるタッグチームである。ザ・ブルース・ブラザーズThe Bruise Brothers)、ザ・グリム・ツインズThe Grimm Twins)、 クリエイティブ・コントロールCreative Control)などとも名乗った。

双子の兄であるロン・ハリスRon Harris)と弟のドン・ハリスDon Harris)からなる。ともに1960年10月23日生まれ、フロリダ州オーランド出身で、身長203センチメートル、体重130キログラム。 ともに1987年11月デビュー、2005年引退。

アメリカではWCW(ワールド・チャンピオンシップ・レスリング)ECW(エクストリーム・チャンピオンシップ・レスリング)TNA(トータル・ノンストップ・アクション)レスリングWWE(ワールド・レスリング・エンターテイメント)など多数の団体で活動。日本では全日本プロレスオリエンタルプロレスに参戦した。また兄のロン・ハリスは、単独でWLW(ワールド・リーグ・レスリング)や、その日本の提携団体であるプロレスリング・ノアにも参戦している。

ともに2メートルを越す巨体で、兄弟タッグでそのプロレス・キャリアの多くを活動した。

なお、同じくプロレスラーのブライアン・リー親戚になる。

略歴[編集]

警察勤務を経て、1987年11月にテネシー州ナッシュビルで兄弟ともにプロレス・デビュー。以降、双子の兄弟タッグザ・ハリス・ブラザーズ」としてタッグ戦線で活動する[1][2][3]

1990年8月に、メンフィスでUSWAタッグ王座を奪取。この頃よりロンはジェイコブ・ブルーJacob Blu )、ドンはイーライ・ブルーEli Blu)のリングネームでタッグ名をザ・ハリス・ブラザーズから「ザ・ブルース・ブラザーズThe Bruise Brothers)」または「ザ・ブルー・ブラザーズThe Blu Brothers」に改称する(その後、元の名称に再改称している)[1][2][3]

その後、PNWUSWASMW・WWE(当時WWF)・ECW・WCWなど様々な団体を転戦[1][2][3]

また日本では1992年にオリエンタルプロレスに兄弟で初来日している。オリエンタルでは、初代チャンピオンシップUSAタッグ王座に輝いた[1][2][3]

WWFでは、ロンは8ボール8-Ball)、ドンはスカルSkull )のリングネームで所属し、クラッシュがリーダーを務め、親戚のブライアン・リー(チェインズ)を加えたバイカー集団ユニット「ディサイプルズ・オブ・アポカリプス(Disciples of Apocalypse)」に属して暴れ回った。また、弟とのタッグを「ザ・グリム・ツインズ」に改称(その後、元に戻す)してタッグ戦線で活動したが、ベルト奪取には至っていない。

WCWではクリエイティブ・コントロールCreative Control)のタッグ名でロンはジェリー・ブリスコのファーストネームから取ったジェラルドGerald)、ドンはパット・パターソンのファーストネームから取ったパトリックPatrick)のリングネームで所属し、nWo2000のメンバーとして活動。nWo2000が活動停止した後はタッグ戦線に乗り込みママルークスとの抗争において2000年WCW世界タッグ王座を2度獲得した[1][2][3]

2001年、全日本プロレスに兄弟で初参戦。ザ・ハリス・ブラザーズとして世界最強タッグ決定リーグ戦へエントリーした[1][2][3]。決勝トーナメントへ進出する活躍ぶりであったが、川田利明&長井満也の前に敗退し、決勝戦への進出は果たせなかった[2][3]

2002年からはTNAへ参戦。しかし、ザ・ハリス・ブラザーズは活動を休止。ロンとドンは別々の道を歩むこととなる[2][3]

その後、ロン単独でWLWへ参戦。2003年1月にはWLWと提携する日本の団体のプロレスリング・ノアへハーリー・レイスの強い推薦で初参戦[2][3]

同年7月、WLW世界ヘビー級王座を奪取。同年9月12日、ノアの日本武道館大会で森嶋猛を相手に防衛戦を行った[3]。14分29秒、森嶋のバックドロップの前に敗北し、王座から陥落した。

2004年になると二人ともTNAへ再登場し、ディサイプルズ・オブ・デストラクションThe Disciples of Destruction)なるタッグ名で再始動させた。しかし、2005年にプロレスを引退した。

タイトル歴[編集]

ロン & ドン[編集]

タッグ王座
他多数

ロン・ハリス[編集]

弟ドンとのタッグ王座等は上記に記載

シングル王座

ドン・ハリス[編集]

兄ロンとのタッグ王座等は上記に記載

タッグ王座

得意技[編集]

ロン&ドンによるツープラトン技[編集]

ロン・ハリス[編集]

ドン・ハリス[編集]

入場テーマ曲[編集]

参考文献・参考サイト[編集]

  • 全日本プロレス『2001世界最強タッグ決定リーグ戦』公式パンフレット
  • プロレスリング・ノア『The First Navigation '03』公式パンフレット
  • プロレスリング・ノア『Navigation over the Date Line'03』公式パンフレット

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 全日本プロレス『2001世界最強タッグ決定リーグ戦』公式パンフレット
  2. ^ a b c d e f g h i プロレスリング・ノア『The First Navigation '03』公式パンフレット
  3. ^ a b c d e f g h i j プロレスリング・ノア『Navigation over the Date Line'03』公式パンフレット

関連項目[編集]