バーチャファイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーチャファイター
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
セガサターン[SS]
スーパー32X[32X]
開発元 セガ・AM2研
発売元 セガ
シリーズ バーチャファイターシリーズ
人数 1人~2人(対戦)
メディア [SS]:CD-ROM
[32X]:ロムカセット
発売日 [AC]:1993年12月
[SS]:1994年11月22日
[32X]:1995年10月20日
システム基板 [AC]:MODEL1
テンプレートを表示

バーチャファイター』(Virtua Fighter)は、セガ1993年に稼動した対戦型格闘ゲームバーチャファイターシリーズの第1作である。開発はAM2研

概要[編集]

1993年12月、当時としては最先端であった3DCGアーケード基板「MODEL1」により世界初の3D格闘ゲーム、『バーチャファイター』がリリースされる。3DCGにおいてはまだ人型のスムーズなアクションさえ珍しかった状況で、2体の人型が格闘をくり広げる映像は、人々の度肝を抜いた。

それまでの格闘ゲームではボタンがパンチとキックを弱・中・強(またはそれに近い形に)に振り分けられていたが、パンチ、キック、ガードという異色のボタンレイアウトを採用している。

リリース当初、あまりに斬新なゲームであったため、人気が出るまで時間がかかったものの、パソコン通信やゲーム雑誌に取り上げられるようになり、人気を博するようになる。セガによる公式全国大会も催され、1994年11月22日にはセガサターンへの移植版がキラーソフトローンチタイトル)として発売された。

ゲームシステム[編集]

レバーと、P(パンチ)・K(キック)・G(ガード)の3ボタンを組み合わせて技のコマンドを入力する。

登場キャラクター[編集]

使用可能キャラクターは以下の8人。

  • 結城晶(ゆうき あきら)
  • 陳佩(パイ・チェン)
  • 陳洛(ラウ・チェン)
  • ウルフ・ホークフィールド
  • ジェフリー・マクワイルド
  • 影丸(かげまる)
  • サラ・ブライアント
  • ジャッキー・ブライアント

これに加え、最終ボスキャラクター・デュラルが登場する。

ストーリー[編集]

昭和の時代、軍は清朝最後の皇帝を利用しようと彼に近づくも八極拳を使う彼の親衛隊の前に敗れた。軍は、最強の歩兵部隊を造り出すため、この八極拳の極意を基に究極の武術を完成したと伝えられている。

それからおよそ半世紀、八極拳を使う1人の若者が、自分の腕を試すべく武者修行の旅へと出る。彼の名は結城晶。これより、世紀末格闘伝説が始まる。

「世界格闘トーナメント」。それは、世界中から集まったあらゆる格闘家が、己の肉体だけで死闘を繰り広げ、世界一の格闘王を決める究極の武闘大会である。果たして最強は誰なのか。

バーチャファイターリミックス[編集]

VF1のリメイク版。セガサターン互換アーケード基板「ST-V」で1995年4月末にリリースされた。その後セガサターン版も製作され、「セガサターン百万台キャンペーンボックス」という名称で本体と同梱で発売された。7月14日には単体版も発売された。価格は税別3400円。この作品は主にST-Vのシェアを拡大すべく開発されたもので、初代のゲーム内容そのままに、キャラクターにテクスチャマッピングを施しグラフィックを強化したものとなっている。セガサターン版VF1を元に開発されたが、カメラアングルの調整やリングにBG面を使用するなどし、ポリゴン欠けが解消されている。1996年7月にセガサターン用通信モデムが発売され、この作品の通信対応版が同梱された。XBANDのシステムを使用し、当時としては非常に画期的だった通信対戦を楽しむことができた。なお、パッケージとキャラクター選択画面のイラストは、寺田克也による物である。

外部リンク[編集]