PWF世界タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PWF世界タッグ王座(ピーダブリューエフせかいタッグおうざ)は、PWF全日本プロレス)が管理するフラッグシップタイトルである。発足当初はPWFの認定に加え、NWAAWAからも併せて認可を受けたとの権威付けがなされた王座であった。現在は世界タッグ王座を構成する2本のベルトのうちの一つである。

歴史[編集]

1984年4月に王座決定リーグ戦が行われ、スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ組が初代王者となった。なお、リーグ戦出場チームはハンセン&ブロディ組のほか、ジャイアント馬場&ドリー・ファンク・ジュニア組、ジャンボ鶴田&天龍源一郎組、グレッグ・ガニア&ジム・ブランゼル組(AWA代表)の計4チームである。このリーグ戦の最終戦では、馬場がハンセン&ブロディ組のツープラトン・パイルドライバー(テレビ中継の実況で倉持隆夫は「ツームストン・パイルドライバー」と言っていたが、誤りである)を受け、さらに場外でハンセンにウエスタン・ラリアットを食らってKOされ翌日の試合を欠場、馬場の連続試合無欠場記録は3711でストップした。

その後のタイトル戦線はハンセン組に鶴田組、天龍組が絡むことが多く、長州力ロード・ウォリアーズはほとんど顔を出していない。

1988年6月、7代目王者のジャンボ鶴田&谷津嘉章組とインターナショナル・タッグ王座のロード・ウォリアーズとの間で統一戦が行われ、鶴田組が勝って世界タッグ王座として統一された。

ベルトはPWFヘビー級王座のベルトを模したものが王座発足時に作成され、それが現在まで使用されている。

王座創設当時は全日本はNWAに加盟しており、NWAの規約上加盟団体は独自の王座には世界と冠することができなかったが、タッグ王座についてはNWA本部直轄の世界王座がなかったことからPWFのタッグ王座を世界タッグ王座とすることができた[1]

なお、PWF初代会長のロード・ブレアースはPWFヘビー級王座が出来た時にもタッグ王座の創設を提案していたが、馬場がインター・タッグ王座を全日本の看板とすることを選んだため、PWF発足の11年後という遅いタッグ王座創設となった。

歴代王者[編集]

歴代数 タッグチーム 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ 1984年4月25日 横浜文化体育館
王座決定戦でジャイアント馬場&ドリー・ファンク・ジュニアを破り初代王座に
第2代 スタン・ハンセン&テッド・デビアス 1985年8月 ブロディの新日本プロレス移籍により認定
第3代 ジャンボ鶴田&タイガーマスク 1987年7月3日 後楽園ホール、スタン・ハンセン&テッド・デビアス
第4代 スタン・ハンセン&テッド・デビアス 1987年7月11日 米子産業体育館、ジャンボ鶴田&タイガーマスク
第5代 スタン・ハンセン&オースチン・アイドル 1987年8月 デビアスのWWF転出により認定
第6代 天龍源一郎&阿修羅・原 1987年9月3日 愛知県体育館、スタン・ハンセン&オースチン・アイドル
第7代 ジャンボ鶴田&谷津嘉章 1988年6月4日 札幌中島体育センター、天龍源一郎&阿修羅・原
1988年6月10日に日本武道館で行われた初防衛戦がインター・タッグとの統一戦となり勝利、世界タッグ王座に統一

脚注[編集]

  1. ^ 当時の実況担当だった倉持隆夫アナが「AWAには世界タッグ王座がありますが、NWAには世界タッグ王座がありません。したがってPWF世界タッグはNWAが認定する世界最高峰のタッグタイトルになります」と解説していた。

関連項目[編集]