ディーボン・ヒューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディーボン
ディーボンの画像
プロフィール
リングネーム ディーボン
ディーボン・ダッドリー
ブラザー・ディーボン
本名 ディーボン・ヒューズ
身長 185cm
体重 130kg
誕生日 1972年8月1日(42歳)
出身地 ニューヨーク州
所属 TNA
トレーナー ジョニー・ロッズ[1]
マーク・ロモナコ
デビュー 1991年
テンプレートを表示

ディーボン・ヒューズDevon Hughes1972年8月1日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーニューヨーク州出身のアフリカ系アメリカ人。そのキャリアにおいて、ECWおよびWWEで名乗ったリングネームディーボン・ダッドリーD-Von Dudley)として最も知られる。

近年はTNAを主戦場に、ブラザー・ディーボンBrother Devon)、またはディーボンDevon)のリングネームで活動。

来歴[編集]

1991年ジョニー・ロッズの指導のもとプロレスデビュー[1]。デビュー時のリングネームはAトレインであった。

1996年にECWへ加入。ジョニー・ロッズのジムの兄弟子[2]でもあるババ・レイ・ダッドリーが主宰するレスリングスクールでトレーニングを受け、同年4月13日にギミック上の異母兄弟チーム、ダッドリー・ボーイズの8男、ディーボン・ダッドリーとして登場した。『兄』であり師でもある5男のババ・レイと共に行動するようになり、チーム3Dを結成した。ハードコアマッチ、特にテーブルマッチを得意とし、ババ・レイ共々テーブル破壊が代名詞となっていった。

1999年に『兄』のババ・レイと共にWWF(現WWE)へ移籍。当初はヒールであったが、人気の高まりと共にベビーフェイスとなっていった。2001年WCW/ECW連合軍(アライアンス)結成時は、元ECWということもありアライアンスに参加した。

2002年のWWFのテレビ番組分割時は、ババレイはRAW、ディーボンはスマックダウンへと別れることとなった。兄弟が別れると共に、ディーボンはハードコアマッチを得意とするキャラから宣教師へとギミックチェンジを実施し、用心棒役のバティスタと共に行動した。しかしながらこのギミックは長期間続かずに終了し(バティスタを強力に売り出すためにストーリーが終了したとされる)、またディーボンもギミックを戻してRAWに移籍してタッグは再結成されている。WWE時代に兄弟が別れていたのはこの期間のみである。

2005年7月5日にWWEから解雇された。この際、ダッドリー関連の名称は登録商標の関係で一切使えなくなり、以降現在のリングネームであるブラザー・ディーボン、またはディーボンとして活動することとなった。

WWE解雇後はTNAに所属。また全日本プロレスにも参戦して世界最強タッグ決定リーグ戦で優勝している。2006年にはハッスルへ参戦するなど、日本での登場機会が増えた。

2009年1月4日、レッスルキングダムIII IN 東京ドームでブラザー・レイとともに真壁刀義&矢野通からIWGPタッグ王座を奪取。2月15日、New Japan ISM両国国技館大会で真壁&矢野の挑戦を受けハードコアマッチを制し初防衛に成功した。

同年3月にはTNAオーランド大会でビアマネー・インクからTNA世界タッグ王座を奪取した。

2012年3月18日ロビー・EからTNA TV王座を獲得した。

2012年9月よりエイシズ・アンド・エイツというヒールユニットを結成した。

得意技[編集]

セービング・グレイス
垂直落下式リバースDDTと同型。
ディーボン・ネックブリーカー
コーナーに後ろ向きに座らせた相手の首を片手で捉えて、引き落とすように跳躍しながら仕掛ける。雪崩式リバース・ダイヤモンド・カッターのような技。
リバース3D
ババ・レイがバックドロップの体勢で持ち上げた相手の首を背中合わせで捉えて仕掛けるネックブリーカー。
ダイビングヘッドバット
ババ・レイが寝かせた相手を開脚させ、ディーボンが"What's Up?"の掛け声とともに股間めがけてヘッドバットを行う合体技。
テーブルの用意
ババ・レイの要請に応じてリング下からテーブルを用意する。
WWE時代にもよく見られたダッドリーズを代表する一コマ。
ローリング・エルボー
走り込んで相手に背を向けてジャンプし、胸板にバックエルボーを打ち込んだ後、前受身を取るように回転して着地する。

獲得タイトル[編集]

ECW
WWF/WWE
TNA
ハッスル
  • ハッスル・スーパータッグ王座 : 1回(w / ブラザー・レイ)
全日本プロレス
  • 世界最強タッグ決定リーグ戦 2005年大会優勝(w / ブラザー・レイ)
新日本プロレス

エピソード[編集]

  • ECWに登場してから暫くの間はババが自閉症という設定であったためよく喋っていたが、何時の間にかババがトークの殆どを行うようになり現在はリング上ではほとんど喋らない(稀に喋る場合もあるが、そのときもババが一通り喋り終えた後に一言発する程度)。

脚注[編集]

  1. ^ a b Wrestler Profiles: Devon Hughes”. Online World of Wrestling. 2010年2月9日閲覧。
  2. ^ Wrestler Profiles: Mark Lamonica”. Online World of Wrestling. 2010年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]