ダッドリー・ボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダッドリー・ボーイズDudley Boyz)は、かつてアメリカ合衆国プロレス団体・ECWおよびWWEで活躍していたプロレスラーのユニット。WWE退団後は権利上の問題から、チーム3D(ちーむすりーでぃー Team 3D)に改称し活動している(後述#チーム3D参照)。

ディーボン(左)ババ・レイ(右)

概要[編集]

所属するレスラーはギミック上異母兄弟となっている。これは、デビッド・ダッドリーという架空の人物が多くの女性との間に子供をもうけ、その子供たちが皆プロレスラーとして集結した、という設定があることによる。そのためリングネームは皆名字にダッドリーを名乗っていた。また遺伝的に近眼であるという設定で、父親からもらった眼鏡をトレードマークとしていた。異母兄弟という設定であったことから、白人黒人インディアンなど多彩なキャラクターから構成されていた。兄弟全員が迷彩色のコスチュームを着用していた。メンバーはギミック上、ダッドリービルという架空の町の出身を名乗る(ただし同名の町がアリゾナ州に存在する)。

ハードコアマッチ、特にテーブルマッチを得意としており、レスラーのみならずマネージャーや関係者など老若男女を問わずテーブルに叩きつけ破壊するパフォーマンス(テーブル送り)で人気を博す。

なお、WWE登場後の日本の放送ではなぜか字幕の台詞が岡山弁[1]で翻訳されていた。それはチーム3DとなってWWEを去ってからも、専門誌のインタビュー記事で継承されている。

来歴[編集]

1995年7月1日、ECWにヒールチームとして初登場。オリジナルメンバーはダッドリー・ダッドリービッグ・ディック・ダッドリーリル・ショット・ダッドリーの3人。徐々に兄弟のメンバーが増えていく。

ババ・レイ・ダッドリーディーボン・ダッドリーの両名は1999年にECWからWWEに移籍していたが、2001年にECWが消滅し、WWEに吸収された後はスパイク・ダッドリーも加わって3人のチームとして活動する。途中女性マネージャーとしてステイシー・キーブラーがチームに加わったことがある(ただしステイシーは「ダッドリー公爵夫人」という扱いで兄弟のギミックは設定されなかった)。TLC戦に代表されるハードコアマッチで有名となり、ハーディー・ボーイズなどと抗争を繰り返す。2002年にWWEのテレビ番組がロウスマックダウンに分割された際にチームは一旦解散するが、同年中ごろに復活する。

WWEにおいても基本はヒール路線だったが、その人気から徐々にベビーフェイス寄りになっていった。ただし、2004年にスマックダウンにECW出身のポール・ヘイマンが登場したときにそのマイクパフォーマンスにそそのかされて、同じECW出身でベビーフェイスのロブ・ヴァン・ダムを襲って再度ヒール化しようとするなど、あくまでヒールの路線を維持しようとしていた。

2005年7月にメンバー全員WWEから解雇される。これ以降、チーム名を「チーム3D」に改称し、国内外の様々な団体で活動する事となる。

メンバー[編集]

  • ダッドリー・ダッドリー(長男)
  • ビッグ・ディック・ダッドリー(次男)
  • リル・ショット・ダッドリー(三男)
  • ダンス・ウィズ・ダッドリー(四男)
  • ババ・レイ・ダッドリー(五男)
  • チャビー・ダッドリー(六男)
  • サイン・ガイ・ダッドリー(七男)
    • 非戦闘要員。場外でサインボードを掲げるのが役目。
  • ディーボン・ダッドリー(八男)
  • “リトル”スパイク・ダッドリー(末弟)
    • 「○男」ではなく「末弟」とされているのは兄弟が増える余地を残すため。
  • カズン・ルーク・ダッドリー(従兄弟)
  • カズン・ブッチ・ダッドリー(従兄弟)
  • スタッドリー・ダッドリー
    • 非戦闘要員。マネージャー兼リングアナウンサー。
  • レディ・ダッドリー
    • 非戦闘要員。ダッドリーファミリー唯一の女性。
  • シュマック・ダッドリー
    • ビック・ディックがECW退団後にインディ団体でパートナーとして誕生させたダッドリーで非公認扱い。

ECW解散後、単に「ダッドリーボーイズ」と言えばWWEに移籍したババ・レイ、ディーボン、スパイクの3人、もしくはババ・レイ、ディーボンの2人のみを指す

チーム3D[編集]

チーム3D

概要[編集]

2005年7月にメンバー全員がWWEから解雇される。「ダッドリー・ボーイズ」の名称はWWEが商標登録していたため、解雇とともにダッドリー・ボーイズを名乗れなくなった。そのため、ダッドリー・ボーイズ内でのババ・レイ、ディーボンのチーム名として以前から名乗っていたチーム3Dを名乗っていくこととなった。

チーム名称をチーム3Dに変更後、ババ・レイとディーボンはTNAに所属。また2005年10月1日全日本プロレスに参戦を果たした。2005年の世界最強タッグ決定リーグ戦にて全勝で初優勝を遂げている。また2006年3月5日には、ハッスルへも参戦を果たしている。

2006年にはWWE解雇以降行動を別にしていたスパイク・ダッドリーもブラザー・ラントのリングネームでTNAに参戦、ババ・レイとディーボンに合流した。

2008年には新日本プロレスにも参戦。2009年の1月4日にG・B・HからIWGPタッグのベルトを獲得し、日本では1度も敗戦していない[2]

2010年1月にCMLLでの武者修行から日本に戻ってきたNO LIMITに3WAYマッチの特徴を利用しされて防衛記録4回で王座陥落。王座陥落後はTNAのリングに戻る。同年6月10日に突如ラントとディーボンが裏切り、レイが孤立。その後レイ対ラント&ディーボンの抗争を展開し、結局レイがリングネームを「ブリー・レイ」に改名して独立し、ディーボンもシングルレスラーとして活動を開始した為、事実上の解散となった。

2012年よりディーボンはヒールユニットであるエイシズ・アンド・エイツの一員となり、ブリーはチームTNAの一員として抗争を開始。2013年3月のPPVであるLockdown 2013においてブリーとジェフ・ハーディーによるTNA世界ヘビー級王座戦において試合中にディーボンが介入してブリーにハンマーを渡し、ブリーがジェフにハンマーで殴打して勝利を得た。結局ブリーはエイシズ・アンド・エイツのメンバーだったことを明かした。また、一夜限りのPPVであるワンナイト・オンリーPPVでエイシズ・アンド・エイツ内でチーム3Dを再結成している。

メンバー[編集]

  • ブラザー・レイ(ババ・レイ・ダッドリー)
  • ブラザー・ディーボン(ディーボン・ダッドリー)
  • ブラザー・ラント(スパイク・ダッドリー)

得意技[編集]

ダッドリー・デス・ドロップ
ダッドリー・デス・ドロップ
ババ・レイとディーボンの合体技。この技の頭文字 (Dudley Death Drop) から3Dとも呼ばれる。チーム3Dの名前の由来ともなっている。。ロープに振った相手を1人がスラップジャックの要領で上空に放り上げて足を掴み、もう1人が相手頭部を空中でキャッチしダイヤモンド・カッターの基本形に移行し、相手をマットに叩きつける。
Whatz Up!からのヘッドバット
ババ・レイがWatz Up!(なんぼのもんじゃぁ!)と叫んでからディーボンが相手の股間へコーナーからヘッドバットを行う。
パワーボム・オン・ザ・テーブル
火炎テーブル(たまに画鋲や有刺鉄線テーブル)上に向けてのパワーボム。ECW時代によく使用され、ブレイクのきっかけとなる。スパイク・ダッドリーやボールズ・マホーニーが餌食だった。
リバース・3Dバックドロップ+ネックブリーカー

入場曲[編集]

  • Bomb Shell(Powerman5000
  • Turn The Table(Saliva
  • Ollie Stalefish
  • We're Comin' Down
  • Watch Out, Watch Out - 現在使用中

獲得タイトル[編集]

タッグ部門

シングル部門

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初は広島弁とされていたが、岡山弁の特徴的な音便化や長母音化が多用されていたため岡山弁と判明。
  2. ^ WWE日本興行を除く[1]

関連項目[編集]