スチュ・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スチュ・ハート
プロフィール
リングネーム スチュ・ハート
本名 ステュアート・エドワード・ハート
身長 180cm
体重 104kg(全盛時)
誕生日 1915年5月3日
死亡日 2003年10月16日(満88歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
サスカチュワン州サスカトゥーン
スポーツ歴 アメリカンフットボール
レスリング
テンプレートを表示

スチュ・ハートStu Hart、本名:Stewart Edward Hart1915年5月3日 - 2003年10月16日)は、カナダプロレスラー、トレーナー、プロモーター。息子のブレット・ハートをはじめ、トレーナーとして数多くの選手をプロレス界に輩出し、ハート・ファミリーをプロレスの名門に育て上げた人物である。

より原音に近い表記は「ステュー・ハート」だが、本項では日本のプロレス史における慣例的な表記(日本語圏で一般によく知られている名前)に則る。

来歴[編集]

サスカチュワン州サスカトゥーン出身。エドモントン・エスキモーズにも所属したアメリカンフットボール選手でもあったが、レスリングの素質も高く、1939年にはカナダ・ナショナル選手権で優勝しオリンピック代表にも選ばれたことがある。しかし第二次世界大戦により1940年1944年のオリンピックは中止、海軍に入隊し選手生活を続けていたが出場することは叶わなかった。

第二次世界大戦後、1946年ニューヨークでプロレスラーとして活動を始める。現役時代のスタイルはレスリングの経験に基づく関節技の達人で、俗に「シューター」と呼ばれるような実戦派レスラーだったと言われる。アメリカ各地を巡業後、1951年に帰国しアルバータ州カルガリーにプロレス団体クロンダイク・レスリング(後のスタンピード・レスリング)を立ち上げ、プロモーターとしての活動を開始した。またハート家の地下に造られた道場「ダンジョン」(地下牢の意)でホームステイさせている数々のレスラー志望者をトレーニングし、この中には世界規模のスーパースターになった者も少なくない。この団体はスチュの門下生の他に、日本やイギリスなど各地から選手を招聘して人気を高めカナダで一大勢力を誇るようになる。

1960年のレスラー引退後も、プロモーター業は1984年にスタンピード・レスリングをWWF(現WWE)に売却するまで続けた。「ダンジョン」での新人訓練は1992年、77歳で引退。2001年にはカナダ勲章を授与されている。

2003年10月16日、脳梗塞のため死去。88歳没。2010年、プロレス業界における功績を称え、WWE殿堂に迎えられた。

育成選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]