アルティメット・ウォリアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルティメット・ウォリアー
アルティメット・ウォリアーの画像
プロフィール
リングネーム ザ・ウォリアー
アルティメット・ウォリアー
ディンゴ・ウォリアー
ブレード・ランナー・ロック
ジム "ジャスティス" ヘルウィッグ
本名 ウォリアー[1]
ニックネーム 超合金戦士
身長 192cm
体重 125kg
誕生日 1959年6月16日
死亡日 2014年4月8日(満54歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州クローフォーズビル
スポーツ歴 ボディビル
トレーナー レッド・バスチェン
リック・ベースマン
デビュー 1985年
引退 2008年
テンプレートを表示

アルティメット・ウォリアーThe Ultimate Warrior)ことジム・ヘルウィッグJim Hellwig1959年6月16日 - 2014年4月8日)は、アメリカ合衆国プロレスラーインディアナ州クローフォーズビル出身。

1980年代後半から1990年代前半におけるWWFの看板スターの1人。屈強な肉体から超合金戦士の異名を持つ。レスリング技術の評価は低いものの、わずか数分で試合を決着させる力押し一辺倒のファイトスタイルなど、その徹頭徹尾「躁状態」のキャラクター人気は高かった。

来歴[編集]

パワーチームUSAなるボディビルのチームに所属後、1985年にプロレス転向。ミッドサウス地区にてスティーブ・ボーデンと組み、ロード・ウォリアーズのコピー版タッグチーム「ブレード・ランナーズ(The Blade Runners)」を結成、ブレード・ランナー・ロックBlade Runner Rock)として活動する。その後、フリッツ・フォン・エリックが主宰していたテキサス州ダラスのWCCWにて、顔面ペイントを施したディンゴ・ウォリアーThe Dingo Warrior)に変身。後のアルティメット・ウォリアーの前身となるキャラクターを演じた。

1987年WWFと契約。リングネームアルティメット・ウォリアーThe Ultimate Warrior)と改め、1988年サマースラムホンキー・トンク・マンからインターコンチネンタル王座を奪取。1989年レッスルマニア5リック・ルードに王座を奪われるが同年のサマースラムで奪還。1990年レッスルマニア6ではハルク・ホーガンとのWWE王座&IC王座のダブルタイトルマッチに勝利し、2冠王者となる。WCCW時代の盟友テキサス・トルネードとタッグを組むことも多かった。1991年ロイヤルランブルサージェント・スローターに敗れ王座転落。その後、"マッチョ・キング"ランディ・サベージと抗争し、レッスルマニア7における敗者引退マッチに勝利し決着をつけた。同年8月、金銭トラブルでWWFを解雇される。1992年にWWFに復帰するが、11月に再び解雇。1996年レッスルマニア12で再びWWFに復帰し、ハンター・ハースト・ヘルムスリーに勝利。しかし、ビンス・マクマホンと対立し再び退団した。

1998年WCWザ・ウォリアーThe Warrior)として参戦するが肉体的な衰えは隠せず、コスチュームをつけたまま試合を行うこともあった。1999年のWCW離脱後、一時期は公の場にまったく姿を見せなかったため、「ステロイド剤の過剰摂取の後遺症で脚を切断した」という噂や廃人説、果ては死亡説まで流れたこともあった。

近年は政治団体に所属して講演活動を行い、WWEのステロイド剤の使用にも苦言を呈していた。2005年にはWWEからトリビュートDVDが発売されたが、本人の登場は過去の映像のみで新規のインタビュー出演などは一切なく、内容も彼の人格を非難するようなコメントが多く含まれており、WWEとの関係は冷え切っていると見られていた。

4月5日のWWE殿堂でのスピーチ

2008年にはイタリアのプロレス団体NWEに参戦。6月25日、オーランド・ジョーダンを破り第5代NWE世界ヘビー級チャンピオンとなるがすぐにタイトルを返上した。試合のスタイル、コスチューム、メイクパフォーマンスは全盛時と変わらず、WWF・WCW時代と比較して肉体もほとんど衰えていなかった。

WWEとの関係も修復され、2013年2Kから発売されるWWEを題材にしたゲームWWE 2K14の宣伝トレイラーにWWF在籍当時のフェイスペイントで出演。

2014年1月13日、WWE殿堂入りが発表された。レッスルマニアXXXの前日である4月5日、ルイジアナ州スムージーキング・センターにてセレモニーが行われ、WWE殿堂に迎えられた。レッスルマニアXXX翌日の4月7日にはRAWへ登場し、殿堂入りしたことに触れるとともに「アルティメット・ウォリアーをつくったのはファンの皆だ」とファンへの感謝の気持ちを表した。

今後の動向にも注目されていたが、RAW翌日の4月8日夕刻、ルイジアナ州のホテルの外で倒れているところを発見され、間もなく死亡が確認された[2]。捜査当局の検死の結果、死亡原因は動脈硬化症に伴う心臓発作で、妻とともにホテルの周りを散歩中に、心臓発作に襲われたという[3]。54歳没。

前日のRAWで元気な姿を見せながらも、妻と娘2人を遺しての突然の死は関係者にも大きな衝撃を与え、ビンス・マクマホンらWWEの要職・スーパースター等が各種メディアで弔意を表すとともに、その功績を讃えた。

ファイトスタイル[編集]

ウォリアーの試合はワンパターンで以下のような流れがほとんどである。

背中にボディ・プレスを行なうのは従来のボディ・プレスをリック・ルードに膝を立てて返されたためである。

得意技[編集]

取得タイトル[編集]

  • WCCW
    • WCCWテキサスヘビー級王座:1回
    • WCCW世界タッグ王座:1回(w / ランス・フォン・エリック)
  • NWE
    • NWE世界ヘビー級王座:1回
  • World Wrestling Superstars
    • WWSヘビー級王座:1回
    • WWSタッグ王座:2回

外部リンク[編集]

 脚注[編集]

  1. ^ 出生時の名前はジェームズ・ブライアン・ヘルウィッグ(James Brian Hellwig)だが、後に「ウォリアー」を正式に本名としていた。
  2. ^ 元プロレスラーのアルティメット・ウォリアーさんが急死 東京スポーツ 2014年4月9日閲覧
  3. ^ WWEアルティメット・ウォリアーさんの死因は心臓発作”. シネマトゥデイ (2014年4月17日). 2014年4月19日閲覧。