ジャンクヤード・ドッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンクヤード・ドッグ
ジャンクヤード・ドッグの画像
プロフィール
リングネーム ジャンクヤード・ドッグ
スタッガー・リー
ビッグ・ダディ・リッター
リロイ・ロチェスター
本名 シルヴェスター・リッター
ニックネーム 黒い猛犬
身長 188cm
体重 125kg(全盛時)
誕生日 1953年12月13日
死亡日 1998年6月2日(満45歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州ウェイズボロ
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー ソニー・キング
デビュー 1977年
テンプレートを表示

ザ・ジャンクヤード・ドッグThe Junkyard Dog、通称 "JYD"1953年12月13日 - 1998年6月2日)は、アメリカ合衆国プロレスラーノースカロライナ州ウェイズボロ出身のアフリカ系アメリカ人。本名はシルヴェスター・リッターSylvester Ritter)。生年は1952年ともされる。

1980年代を全盛期に、WWF南部エリアを中心に活躍、陽気なキャラクターを持つベビーフェイスのブルファイターとして、主に子供の観客からの人気を集めた[1]

来歴[編集]

初期[編集]

地元ノースカロライナのフェイエットヴィル州立大学ではアメリカンフットボールの選手として活躍し、オール・アメリカンに2度選ばれている。卒業後はNFLグリーンベイ・パッカーズにスカウトされるが、トレーニングキャンプで膝を故障し、プロレスラーへの転向を決意。黒人レスラーのソニー・キングのトレーニングを受け、1977年テネシー地区でリロイ・ロチェスターLeroy Rochester)のリングネームでデビューする。

1978年、テネシーと提携していたカナダカルガリースタンピード・レスリングへの参戦を機にビッグ・ダディ・リッターBig Daddy Ritter)と改名。1979年4月にはこのリングネームで国際プロレスに初来日している。スーパースター・ビリー・グラハム上田馬之助などの大物選手が同時参加していたため、タイトルへの挑戦権は与えられなかったものの、大木金太郎ばりの一本足頭突きを武器に好ファイトを展開した(来日の前年、海外武者修行でカルガリーに遠征していた阿修羅・原との試合も東京12チャンネルの『国際プロレスアワー』で放送されている)。

カルガリーではジェイク・ロバーツらを破り、同地区の看板タイトルである北米ヘビー級王座を2度に渡って獲得している[2]。また、タッグでは後にWWFでもサーキットを共にするダイナマイト・キッドとのコンビで活躍した。当時のエピソードは、キッドの自著『PURE DYNAMITE』(ISBN 4-7577-0639-1)に詳しい。

JYD[編集]

1980年ビル・ワットの主宰するミッドサウス地区(ルイジアナミシシッピオクラホマアーカンソー)のMSWAに参戦。ワットのアイデアでリングネームをジャンクヤード・ドッグJYD)と改め、ブルーカラー色を強調したキャラクターに変身する。彼がのつながれた首輪を付けて登場すると、観客は一斉に犬の吠え声を真似て呼応。異色のベビーフェイスとしてアーニー・ラッドレロイ・ブラウンファビュラス・フリーバーズザ・グレート・カブキボブ・ループテッド・デビアスジム・ドゥガンカマラブッチ・リードらと抗争し、南部マットを代表する黒人スターとなった[1]

ファイトスタイルは直線的なラフ&パワーが主体で、キングコング・バンディワンマン・ギャングなどのスーパーヘビー級の巨漢をボディスラムで投げたこともある。また、現在のハードコア・レスリングにも通じる "ゲットー・ストリート・ファイト"、双方の首をチェーンでつないで行う "ドッグ・カラー・マッチ" などの荒っぽい試合でも本領を発揮、喧嘩ファイトの強さを見せた。一時、スタッガー・リーStagger Lee)を名乗り覆面レスラーに変身したこともある。

1984年WWFと契約。ハルク・ホーガンの盟友となり、グレッグ・バレンタインアドリアン・アドニステリー・ファンクなどのヒール勢と抗争を展開、メキシコ系ティト・サンタナ東洋系リッキー・スティムボートとのマイノリティ同士のタッグチームでも人気を博した。コンバット・スタイルになってサージェント・スローターのパートナーを務めたこともある。1985年11月7日のPPVザ・レスリング・クラシック』ではワンナイト・トーナメントに出場し、決勝戦でランディ・サベージを破り優勝[3][4]1987年ハーリー・レイスとの「キング対ドッグ」の抗争アングルを繰り広げ、9万3173人の大観衆を集めた『レッスルマニアIII』にて決着戦が行われた。

1988年末にWWFを離れ、翌1989年からはWCWに移籍。当時WCWの管理下にあったリック・フレアーNWA世界ヘビー級王座にも挑戦している[5]1992年にはジェリー・ジャレットジェリー・ローラーが主宰していたメンフィスUSWAに参戦し、エディ・ギルバートからUSWAユニファイド王座を奪取した[6]。その後も各地のインディー団体に大物ゲストとして出場していたが、1998年6月2日、交通事故で帰らぬ人となる[7]。45歳没。

その功績を称え、2004年にはWWE殿堂に迎えられた。顕彰セレモニーには娘のラトーヤ・リッターが出席。翌3月14日の『レッスルマニアXX』で彼女が紹介された際、観客はJYDの選手時代と同様に犬の吠え声をあげて歓迎した。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

リロイ・ロチェスター
ビッグ・ダディ・リッター
  • スタンピード北米ヘビー級王座:2回
ジャンクヤード・ドッグ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ショーン・アセール、マイク・ムーニハム著『WWEの独裁者-ビンス・マクマホンとアメリカン・プロレスの真実』P89-90(2004年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583037880
  2. ^ North American Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月6日閲覧。
  3. ^ World Wrestling Entertainment Wrestling Classic”. Online World of Wrestling. 2011年5月31日閲覧。
  4. ^ WWF Wrestling Classic 1985”. pWw-Everything Wrestling. 2011年5月31日閲覧。
  5. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1989”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月14日閲覧。
  6. ^ USWA Unified World Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月6日閲覧。
  7. ^ Sylvester "Junk Yard Dog" Ritter”. Find a Grave.com. 2010年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]