ボブ・ループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボブ・ループ
プロフィール
リングネーム ボブ・ループ
マハ・シン
ザ・グラディエーター
本名 ロバート・マイケル・ループ
ニックネーム ジ・エンフォーサー
オール・アメリカン
五輪の虎
身長 185cm
体重 115kg - 123kg
誕生日 1947年7月22日(67歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州
ブラックスバーグ
スポーツ歴 レスリング
トレーナー エディ・グラハム[1]
デビュー 1969年[1]
引退 1987年[1]
テンプレートを表示

ボブ・ループBob Roop、本名:Robert Michael Roop1947年7月22日[1] - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーバージニア州ブラックスバーグ出身。生年は1943年ともされる[2]

1968年メキシコシティオリンピックに全米代表で選出されたレスリングの強豪であり、プロレス転向後はシュートにもラフにも強いストロングファイターとして活躍した。

来歴[編集]

ジュニア・ハイスクール時代からレスリングを始め、南イリノイ大学カーボンデール校ではAAUのライトヘビー級チャンピオンシップを獲得。1967年NCAAのチャンピオンになり、1968年にはメキシコシティオリンピックに出場、グレコローマン・スタイルのヘビー級部門で8位の成績を残した[3]

1969年NWA圏のフロリダ地区(エディ・グラハム主宰のチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)にてプロデビュー。"オール・アメリカン" をニックネームにアスリート系のベビーフェイスとして活躍し、1971年12月23日にオレイ・アンダーソンを破ってTV王座を獲得[4]。以降もジョニー・バレンタインターザン・タイラーキラー・カール・コックスバディ・コルトプロフェッサー・タナカボビー・ダンカンディック・マードックなどと抗争を展開した。1974年4月29日には、テキサスの東部地区(フリッツ・フォン・エリック主宰のNWAビッグタイム・レスリング)にてフランク・グーディッシュのデビュー戦の相手を務めている[5]

やがてラフファイトの強さを活かしたヒールに転向し、1975年2月25日にビル・ワットからフロリダ・ヘビー級王座を奪取[6]。以降、1970年代末までフロリダを主戦場に[2]ダスティ・ローデスジャック・ブリスコヒロ・マツダジョー・ルダックボブ・アームストロングロッキー・ジョンソンサンダーボルト・パターソンマイク・ジョージスティーブ・カーンボブ・バックランドらと激闘を繰り広げた。また、1977年には西海岸サンフランシスコ地区に遠征し、3月30日にアレックス・スミルノフと組んでパット・パターソン&ペッパー・ゴメスからサンフランシスコ版のNWA世界タッグ王座を奪取[7]。同地区のフラッグシップ・タイトルであるUSヘビー級王座も、9月17日にディーン・ホーを下し獲得している[8]

1979年ランディ・サベージの父親アンジェロ・ポッフォが立ち上げたケンタッキー州レキシントンの新興インディー団体ICW(インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング)に、フロリダでのタッグ・パートナーだったボブ・オートン・ジュニアと共に参画。ICWではカラー・コメンテーターも務め、1981年まで在籍していた。しかし、NWAに加盟していない団体の運営に関わったため、その後しばらくはNWAの主要テリトリーに戻ることができず、ビル・ワットが主宰していたMSWA(ミッドサウス・レスリング・アソシエーション)に転出する。MSWAでは当初はベビーフェイスとしてアーニー・ラッドスーパー・デストロイヤーワイルド・サモアンズなどと対戦したが、ほどなくしてヒールターンし、テッド・デビアスジャンクヤード・ドッグを相手にフラッグシップ・タイトルの北米ヘビー級王座を争った[9]

以後はNWAに戻り、ジョージア地区(ジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリング)でのトミー・リッチロニー・ガービンとの抗争を経て、1985年ケビン・サリバン率いるヒール軍団 "アーミー・オブ・ダークネス" の一員として古巣のフロリダ地区に復帰。髪を半分剃り上げ顔面にペイントを施し、マハ・シンMaha Singh)なる怪奇派レスラーに変身した[10]1986年2月14日にオーランドで開催された "NWA Battle Of The Belts II" では、サリバン&パープル・ヘイズとの怪奇派トリオでロード・ウォリアーズ&ブラックジャック・マリガンと対戦[11]、この試合は日本でもテレビ東京の『世界のプロレス』で放送された。フロリダではヒロ・マツダと共に、デビュー前のレックス・ルガーのコーチも務めている。

1987年に首を負傷して引退後は、ミシガン州ランシングで学校職員に転じている[12][13]

日本での活躍[編集]

初来日は1970年9月、日本プロレスの『第1回NWAタッグ・リーグ戦』に、ミネソタ・レッキング・クルーでの活躍で知られるラーズ・アンダーソンとのコンビで参加した(両者はアマチュア時代からの旧知の間柄である[12])。

2度目の来日は1974年7月の全日本プロレス『サマー・アクション・シリーズ第1弾』。開幕戦のタッグマッチでは、ショルダーバスタージャイアント馬場からフォールを奪っている[3]。このシリーズには、同じくオリンピック出身のシューターであるダニー・ホッジや、ループ同様にNCAAのチャンピオンだった若手時代のボブ・バックランドも参戦していた(エース格はミル・マスカラスで、怪奇派のジョージ・スティールも来日しており、彼らとも異色タッグを組んだ)[14]

1979年1月には、ウェイトを絞り込んで新日本プロレスの『新春黄金シリーズ』に外国人エースとして来日。1月12日に川崎アントニオ猪木NWFヘビー級王座に挑戦し、シリーズ最終戦の2月2日にはクルト・フォン・ヘスとのコンビで坂口征二&ストロング小林北米タッグ王座にも挑んでいる。NWF戦では猪木をグラウンド・レスリングの攻防で圧倒し、シューターとしての実力をまざまざと見せつけた(結果はマネージャーグレート・マレンコの介入で反則負け)。

来日回数は計3回と少なく、日本では大きな活躍の機会に恵まれなかったものの、最後の来日となった新日本の猪木戦での圧倒的な強さは伝説化されている。

エピソード[編集]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
NWAサンフランシスコ
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座:1回
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:2回(w / ボブ・オートン・ジュニア、ジミー・ゴールデン)
  • NWAサウスイースタンTV王座:1回
インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング
  • ICWサウスイースタン・タッグ王座:3回(w / ボブ・オートン・ジュニア、テリー・ギッブス、ビッグボーイ・ウィリアムス)
  • ICW TV王座:1回
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
  • ルイジアナ・ヘビー級王座:1回
  • 北米ヘビー級王座:1回
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA世界TV王座:2回

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Bob Roop”. Cagematch.net. 2014年7月14日閲覧。
  2. ^ a b Bob Roop”. Wrestlingdata.com. 2014年7月14日閲覧。
  3. ^ a b 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P41(2002年、日本スポーツ出版社
  4. ^ NWA Florida Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月14日閲覧。
  5. ^ 『Gスピリッツ Vol.18』P15(2011年、辰巳出版ISBN 4777808661
  6. ^ NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月14日閲覧。
  7. ^ NWA World Tag Team Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月14日閲覧。
  8. ^ NWA United States Heavyweight Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月30日閲覧。
  9. ^ Mid-South North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月30日閲覧。
  10. ^ Maha Singh”. Online World of Wrestling. 2009年6月3日閲覧。
  11. ^ NWA Battle Of The Belts II”. Cagematch.net. 2014年7月14日閲覧。
  12. ^ a b Olympics just another step for Bob Roop”. SLAM! Sports: December 19, 2000. 2009年6月3日閲覧。
  13. ^ a b Bob Roop”. Australian Sports Entertainment. 2009年6月3日閲覧。
  14. ^ The AJPW matches fought by Bob Roop in 1974”. Wrestlingdata.com. 2014年7月14日閲覧。
  15. ^ IMDB entry for Bob Roop”. The Internet Movie Database. 2009年6月3日閲覧。
  16. ^ Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1976”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月18日閲覧。
  17. ^ Dick Slater Interview”. Mid-Atlantic Gateway. 2009年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]