ソニー・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソニー・キング
プロフィール
リングネーム ソニー・キング
本名 ローレンス・ジョンソン
(ラリー・ジョンソン)
身長 186cm
体重 115kg(全盛時)
誕生日 1945年????
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州の旗 ルイジアナ州
ニューオーリンズ[1]
スポーツ歴 ボクシング
デビュー 1960年代後半
引退 1980年代中盤
テンプレートを表示

ソニー・キングSonny King、本名:Lawrence "Larry" Johnson1945年 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラールイジアナ州ニューオーリンズ出身のアフリカ系アメリカ人

第4代WWWF世界タッグ王者リングネームは、プロボクシング元世界ヘビー級王者のソニー・リストンにあやかって付けられた[1]

来歴[編集]

プロボクサーとして活動後、アーニー・ラッドとの親交を通してプロレスラーに転向[2]ザ・シークの牛耳っていたデトロイト地区でデビューし[2]ベビーフェイスの黒人選手としてボボ・ブラジルのパートナーにも起用された[1]1970年2月には日本プロレスに初来日、2月14日に東京の世田谷区体育館にてジャイアント馬場とシングルマッチで対戦している[3]

1971年よりWWWF(現・WWE)に参戦。翌1972年5月22日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにてチーフ・ジェイ・ストロンボーと組み、キング・カーティス・イヤウケア&バロン・マイケル・シクルナからWWWF世界タッグ王座を奪取する[4][5]。1カ月後の6月27日にプロフェッサー・タナカ&ミスター・フジに敗れて短命王者に終わったものの、WWE初の黒人チャンピオンとしてその名を残すこととなった。WWWFには1973年まで出場し、アーニー・ラッド、フレッド・ブラッシージミー・バリアントレイ・スティーブンスムーンドッグ・メインとも対戦した[6][7]

1974年からはNWAミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリングを主戦場に、ジョニー・バレンタインイワン・コロフスーパー・デストロイヤーチャック・オコーナーリック・フレアーらと対戦[8]。バレンタインとは、反則裁定なしのノーDQマッチやボクシング・マッチなどでも抗争を展開した[9]。その後はアラバマのガルフ・コースト地区に進出し、1977年3月11日にリップ・タイラーを破りNWAアラバマ・ヘビー級王座を獲得[10]。同年8月には、スタン・ハンセンブラックジャック・マリガンロディ・パイパーザ・ハングマンペッツ・ワトレーらと共に新日本プロレスの『闘魂シリーズ』に来日している[1]

1978年よりヒールに転向し、エディ・グラハムが主宰していたチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダにてロッキー・ジョンソンと黒人同士の抗争を開始[11]1979年2月にはキラー・カール・コックスからフロリダ版のNWAブラスナックル王座を奪取している[12]。また、ラッド、イヤウケア、オックス・ベーカーパク・ソンキラー・カーンなどヒール勢のマネージャーも担当し、フロリダのエースだったダスティ・ローデスとの流血戦を指揮した[13]

その後は1980年代初頭までテネシー州メンフィスCWAに定着。フロリダ時代と同様にマネージャー兼任でジョー・ルダックロン・バスをコントロールする一方、自身もジェリー・ローラーやジミー・バリアント、ポール・エラリングココ・ウェアビル・ダンディーらと抗争を展開[14][15]。1979年8月はテリー "ザ・ハルク" ボールダーこと後のハルク・ホーガンとシングルマッチの連戦を行い[14]、11月19日にはメンフィスのミッドサウス・コロシアムにてニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座に挑戦した[16]。一時ベビーフェイスに戻り、後にロックンロール・エクスプレスで活躍するリック・モートンザ・スケアクロウズThe Scarecrows)なるタッグチームを結成、ファビュラス・フリーバーズマイケル・ヘイズ&テリー・ゴディ)やブロンド・ボンバーズ(ラリー・レイザム&ウェイン・ファリス)とタイトルを争った[14][17]

CWAを離れた後は、古巣のミッドアトランティックやアラバマ、ジム・バーネットジョージア・チャンピオンシップ・レスリングビル・ワットMSWAなどで活動し、1980年代半ばに引退[2]。リタイア後はサウス・フロリダにて中古車の部品販売業者に転じた[2]

獲得タイトル[編集]

ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ブラスナックル王座:1回[12]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション

マネージャー担当選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P88(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d Sonny King talks about his career - for the first time!”. SLAM! Sports: May 31, 2010. 2010年6月18日閲覧。
  3. ^ The JWA matches fought by Sonny King in 1970”. 2015年2月20日閲覧。
  4. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年6月18日閲覧。
  5. ^ WWE Yearly Results 1972”. The History of WWE. 2010年6月18日閲覧。
  6. ^ The WWE matches fought by Sonny King in 1972”. 2015年2月20日閲覧。
  7. ^ The WWE matches fought by Sonny King in 1973”. 2015年2月20日閲覧。
  8. ^ The WCW matches fought by Sonny King in 1974”. 2015年2月20日閲覧。
  9. ^ The WCW matches fought by Sonny King in 1974 (6)”. 2015年2月20日閲覧。
  10. ^ a b NWA Alabama Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月18日閲覧。
  11. ^ The CWF matches fought by Sonny King in 1978”. 2015年2月20日閲覧。
  12. ^ a b NWA Florida Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月18日閲覧。
  13. ^ Wrestler: Sonny King”. The Archives of Championship Wrestling from Florida. 2010年6月18日閲覧。
  14. ^ a b c The USWA matches fought by Sonny King in 1979”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月8日閲覧。
  15. ^ The USWA matches fought by Sonny King in 1980”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月8日閲覧。
  16. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1979”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月8日閲覧。
  17. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月18日閲覧。
  18. ^ NWA Gulf Coast Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]