ジョー・ルダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・ルダック
プロフィール
リングネーム ジョー・ルダック
ブッチャー・ルダック
カナディアン・ランバージャック
ザ・ヘッドバンガー
本名 ミシェル・ピジョン
ニックネーム カナダの荒熊
身長 188cm
体重 130kg - 140kg
誕生日 1944年8月31日
死亡日 1999年5月1日(満54歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
トレーナー スチュ・ハート
デビュー 1968年
引退 1995年
テンプレートを表示

ジョー・ルダックJos LeDuc、本名:Michel Pigeon1944年8月31日 - 1999年5月1日)は、カナダプロレスラーケベック州モントリオール出身のフランス系カナダ人ケベック人)。

ネルシャツジーンズをコスチュームに、カナダのランバージャックギミックとしたパワーファイターとして、カナダ各地をはじめアメリカ合衆国の主要テリトリーで活躍した。

来歴[編集]

ケベックの警察官を経て、同郷のポール・ルダックの勧めでプロレスラーに転向[1]1968年のデビュー後はポールの弟のジョー・ルダックを名乗り、ルダック・ブラザーズとして地元のモントリオールカルガリーなどカナダの激戦区を転戦する。シングルでもモントリオールIWAのインターナショナル・ヘビー級王座を獲得し[2]マッドドッグ・バションキラー・コワルスキーなどのビッグネームとも対戦した。1971年3月には日本プロレスの第13回ワールドリーグ戦に初来日。翌1972年3月の第14回大会にも、リングネームをカナディアン・ランバージャックThe Canadian Lumberjack)に変えて連続出場している。

1973年より、ポールとのコンビでアメリカ南部NWAフロリダ地区(エディ・グラハム主宰のチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)に参戦[3]ベビーフェイスの兄弟チームとして活動し、当時まだヒールだったダスティ・ローデスディック・スレーターのコンビからフロリダ・タッグ王座を奪取した[4]1974年には、同じくギミック上の兄弟であるマッドドッグ・バション&スタン・バション(スタン・プラスキー)との「兄弟タッグ抗争」も展開された[5]

ルダック・ブラザーズ解散後はバーン・ガニア主宰のAWAに登場。ラリー・ヘニングと組んで1975年バリアント・ブラザーズと抗争し、1976年にはブラックジャック・ランザ&ボビー・ダンカンAWA世界タッグ王座に再三挑戦、ニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座にも挑んだ[6]1978年テネシー州メンフィスCWAジェリー・ローラーモンゴリアン・ストンパーと抗争[7]。この時期よりヒールでの活動が増え、古巣のフロリダでも当初はベビーフェイス陣営でオックス・ベーカーパク・ソンと抗争していたが、1979年にヒールに転向し、同地区のヒーローとなっていたダスティ・ローデスと遺恨試合を展開した[8]。フロリダでは1977年から1979年にかけて、タンパマイアミビーチにてハーリー・レイスNWA世界ヘビー級王座に度々挑戦している[9]

1979年10月には国際プロレスへの参戦で久々の来日が実現。10月3日に黒石にてラッシャー木村IWA世界ヘビー級王座に挑戦し[10]、当時木村と抗争していた上田馬之助とも共闘した(このときの来日では、10月5日の横浜での全日本プロレスのシリーズ開幕戦にも出場し、グレート小鹿と対戦している[11])。翌1980年4月の再来日では、4月30日に弘前にて木村のIWA世界ヘビー級王座に再挑戦し[10]、5月15日には大宮大木金太郎インターナショナル・ヘビー級王座にも挑戦したが[12]、同時参加していたマイク・ジョージの活躍に食われて精彩を欠き、目立った戦績を残すことはできなかった。

1981年ニュージーランドに遠征し、マーク・ルーインと英連邦ヘビー級王座を巡る抗争を展開[13]。アメリカに戻るとアラバマ地区でキラー・カール・コックスボブ・アームストロングロン・フラーテリー・ゴディジャック・ルージョー・ジュニアらとサウスイースタン・ヘビー級王座を争った[14]1982年からはジム・クロケット・ジュニアの運営するノースカロライナNWAミッドアトランティック地区に進出。9月にジミー・バリアントを破りTV王座を獲得するが、不正があったとしてタイトルを剥奪された[15]。翌1983年4月には同地区との提携ルートで全日本プロレスに来日。帰国後の4月30日、ディック・スレーターを十八番のランバージャック・デスマッチで葬り、TV王座に返り咲いた。

以降もフロリダ、アラバマ、テネシー、ジョージアジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリング)、サンアントニオなど南部エリアを転戦しつつ、ベビーフェイスとして地元のモントリオールにも凱旋し、リック・マーテルディノ・ブラボーと組んでロード・ウォリアーズとも対戦。1986年にはプエルトリコWWCに参戦してブルーザー・ブロディと流血戦を演じた。1988年下期は、ザ・ヘッドバンガーThe Headbanger)のリングネームでWWFにも登場(ハルク・ホーガンの主演映画 "No Holds Barred" にも出演[16])。1989年12月にはFMWに来日し、ディック・マードックとの外国人同士のチェーン・デスマッチを行った。1990年代もインディー団体へのスポット出場を続け、1992年にはジム・コルネットが主宰するスモーキー・マウンテン・レスリングに登場した。

1999年5月1日、肺感染症のため死去[17]。54歳没。生涯最後の試合は1995年6月10日、テネシー州メンフィスのUSWA(かつて主戦場としていたCWAの後継団体)で行われたイベント "Memphis Memories II" における、フィル・ヒッカーソンと組んでの旧敵ジェリー・ローラー&ジミー・バリアント戦だった[17]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
  • NWAインターナショナル・タッグ王座:1回(w / ポール・ルダック)
グランプリ・レスリング / IWAモントリオール
  • GPWタッグ王座:2回(w / ポール・ルダック)
  • IWAインターナショナル・ヘビー級王座:1回
  • IWAインターナショナル・タッグ王座:1回(w / Tony Baillargeon)
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA TV王座(ミッドアトランティック版):2回
NWAニュージーランド
  • NWA英連邦ヘビー級王座:2回
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC北米ヘビー級王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ Canadian Hall of Fame: Jos LeDuc”. SLAM! Sports. 2009年9月22日閲覧。
  2. ^ IWA International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年9月22日閲覧。
  3. ^ The CWF matches fought by Jos LeDuc in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年8月8日閲覧。
  4. ^ NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年9月22日閲覧。
  5. ^ The CWF matches fought by Jos LeDuc in 1974”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  6. ^ The AWA matches fought by Jos LeDuc in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  7. ^ The USWA matches fought by Jos LeDuc in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年8月8日閲覧。
  8. ^ The CWF matches fought by Jos LeDuc in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年8月8日閲覧。
  9. ^ Harley Race vs. Jos LeDuc”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  10. ^ a b 『忘れじの国際プロレス』P101(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802
  11. ^ AJPW Giant Series Day 1”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  12. ^ 『忘れじの国際プロレス』P103(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  13. ^ NWA British Empire/Commonwealth Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年9月22日閲覧。
  14. ^ NWA Southeastern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年9月22日閲覧。
  15. ^ NWA Mid-Atlantic Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年9月22日閲覧。
  16. ^ The Wrestler Actor Database”. SLAM! Sports (March 23, 2006). 2009年9月22日閲覧。
  17. ^ a b Jos Leduc dead at 55”. SLAM! Sports (May 4, 1999). 2009年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]