ビル・ダンディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビル・ダンディー
プロフィール
リングネーム スーパースター・ビル・ダンディー
ウィリアム・ダンディー
サー・ウィリアム
スクワイア・ウィリアム
本名 ウィリアム・クルックシャンクス
ニックネーム 小型炸裂弾
身長 170cm - 175cm
体重 97kg(全盛時)
誕生日 1943年10月24日(70歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランドダンディー
デビュー 1967年
テンプレートを表示

ビル・ダンディーBill Dundee1943年10月24日 - )は、イギリススコットランドダンディー出身の元プロレスラー。本名:ウィリアム・クルックシャンクスWilliam Crookshanks)。

全盛時はアメリカ合衆国テネシー地区を主戦場にベビーフェイスのローカル・ヒーローとして活躍、ジェリー・ローラーに次ぐ人気を博した。息子のJ・C・アイスことジェイミー・ダンディーもプロレスラーである。

来歴[編集]

幼少時にスコットランドダンディーからオーストラリアメルボルンに移住。サーカスアクロバットを経て、1967年ジム・バーネット(後のGCWプロモーター)が当時オーストラリアで主宰していた団体にてデビュー[1]。生誕地をリングネームに用い、ウィリアム・ダンディーWilliam Dundee)の名義で1970年代前半までオーストラリアで活動した。

1974年アメリカへ渡り、テネシー州メンフィスを拠点とするNWAミッドアメリカ地区に定着。ベビーフェイススーパースター・ビル・ダンディー"Superstar" Bill Dundee)を名乗り、ヒール時代のジェリー・ローラーをはじめ、モンゴリアン・ストンパートージョー・ヤマモトジプシー・ジョーロジャー・カービーデビッド・シュルツデニス・コンドリーらと激闘を展開[2][3][4]1977年にはローラーを相手にNWA南部ヘビー級王座を巡る抗争を繰り広げた[5]。なお、ダンディーはホンキー・トンク・マンに先駆け、自身と同じくケルト系の出自を持つメンフィス出身のエルヴィス・プレスリーへのオマージュとして、ジャンプスーツをリングコスチュームにしていた。

1970年代末にジェリー・ローラーとジェリー・ジャレットがメンフィスにCWAを発足させると、ブッカー兼任の主力フェイスとして同団体に参戦。以降1980年代全般に渡ってCWAを主戦場に、フェイスターンしたローラーやトミー・リッチと組んでタッグ王座を再三獲得。シングルではロン・バスポール・エラリングテリー・テイラーダッチ・マンテルらを破り、NWAからAWAの認定タイトルとなった南部ヘビー級王座を(NWA認定時代を含め)通算13回獲得した[5]。新設されたCWA世界ヘビー級王座も、1980年8月4日にビル・ロビンソンから奪取している[6]。また、状況に応じてヒールターンを行い、1980年代半ばには、かつてのジェリー・ローラーとの抗争劇を(フェイスとヒールのポジションを入れ替えた形で)再現した[7]1987年10月にはローラーと共に末期のAWAに出場し、AWA世界タッグ王座にも戴冠している[8]

1989年からはCWAの実質的な後継団体であるUSWAに参戦し、トム・プリチャード、ダニー・デービス、エリック・エンブリーなどを相手に主に軽量級戦線で活動。1992年5月には、当時USWAと接点を持っていたW★INGプロモーションの招聘で初来日が実現、W★ING認定世界ジュニア・ヘビー級初代王者決定リーグ戦に出場した。

1993年にUSWAはWWFとの提携を開始するが、ダンディーはUSWAを離脱してヒールのマネージャーとしてWCWに登場。英国紳士ギミックサー・ウィリアムSir William)に変身し、ロード・スティーブン・リーガルセコンド役を担当した。また、当時のWCWではリック・フレアーケビン・サリバングレッグ・ガニア、マイク・グラハムらと共に、ブッキング・コミッティの常任メンバーとなってプロデュース業務にも携わっていた[9]

その後はUSWAに復帰し、1995年2月25日にフラッグシップ・タイトルの統一世界ヘビー級王座をローラーから奪取したが、4月3日にレイザー・ラモンに敗れ短命王者に終わっている[10]。タッグでもローラーとのコンビを復活させ、息子のJ・C・アイスウルフィー・Dの"PG-13" やバート・ソイヤー&フレックス・カバーナなどのチームを破り、USWA世界タッグ王座にも就いた[11]。また、PG-13が1996年にWWF入りした経緯もあり[12]、自身も当時のWWFの下部団体OVWに出場。1997年11月、バトルロイヤルに優勝してOVWヘビー級王者に認定された[1]

2000年代にセミリタイアし、テネシー州ジャクソンバーを経営する一方、近年もメンフィス周辺のインディー団体にレジェンドとしてスポット参戦している[1]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAミッドアメリカ / CWA / USWA
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA USジュニア・ヘビー級王座(サウスイースタン版) : 1回
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座 : 1回(w / トミー・リッチ)
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
  • ミッドサウスTV王座 : 1回
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座 : 1回
オハイオ・ヴァレイ・レスリング
  • OVWヘビー級王座 : 1回

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wrestler Profiles: "Superstar" Bill Dundee”. Online World of Wrestling. 2010年8月11日閲覧。
  2. ^ The Mid-America matches fought by Bill Dundee in 1975”. Wrestlingdata.com. 2014年9月7日閲覧。
  3. ^ The Mid-America matches fought by Bill Dundee in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年9月7日閲覧。
  4. ^ The USWA matches fought by Bill Dundee in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年9月7日閲覧。
  5. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月11日閲覧。
  6. ^ CWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月11日閲覧。
  7. ^ The USWA matches fought by Bill Dundee in 1985”. Wrestlingdata.com. 2014年9月7日閲覧。
  8. ^ AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月11日閲覧。
  9. ^ リック・フレアー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン』P375(2004年、エンターブレインISBN 4757721536
  10. ^ USWA Unified World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月11日閲覧。
  11. ^ USWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月11日閲覧。
  12. ^ ファルーク率いるネーション・オブ・ドミネーションの初期のエスコート役を担当。

外部リンク[編集]