ボボ・ブラジル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボボ・ブラジル
プロフィール
リングネーム ボボ・ブラジル
ブーブー・ブラジル
本名 ヒューストン・ハリス
ニックネーム 黒い魔神
身長 195cm
体重 127kg(全盛時)
誕生日 1924年7月10日
死亡日 1998年1月20日(満73歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州ベントンハーバー
スポーツ歴 野球
トレーナー Joe Savoldi
デビュー 1951年
引退 1990年代
テンプレートを表示

ボボ・ブラジルBobo Brazil)のリングネームで知られるヒューストン・ハリスHouston Harris1924年7月10日 - 1998年1月20日)は、アメリカ合衆国プロレスラーミシガン州ベントンハーバー出身のアフリカ系アメリカ人。日本では「黒い魔神」と呼ばれた。

ちなみにリングネームの「ブラジル」は「人種差別の無いブラジルに行きたい」という子供の頃の夢から。

来歴[編集]

プロ野球ニグロリーグ)選手を経て(事実ではないという説もある)、1951年にプロレスラーとしてデビュー。

1957年8月に日本プロレスに初来日。「ココバット」と呼ばれる頭突き力道山を苦しめた。1966年バディ・キラー・オースチンを破りWWA世界王座を獲得。1968年6月の来日では防衛記録を積み重ねていたジャイアント馬場を破りインターナショナル・ヘビー級王座を獲得。直後に行われた再戦で、馬場の必殺技「32文ロケット砲」三連発に沈みタイトルを奪回された。

1972年12月に空位となっていたインター王座を「頭突き世界一決定戦」と呼ばれた大木金太郎戦で勝利し、再び獲得した。しかし、また直後に行われた再戦で大木に敗れている。

1973年2月に全日本プロレスに参戦し、以降同団体の常連となるが、すでにロートルの感は否めずジャイアント馬場やジャンボ鶴田の引き立て役に廻った。

アメリカではNWAWWAWWWFを中心に活躍した。デトロイト地区でのザ・シークとの抗争は約30年に及んだ。後にWWWFでの功績が認められ1994年WWF殿堂入り。1998年1月20日脳梗塞により死去。73歳没。2013年にはNWA殿堂に迎えられた。

プロレス界でのボボ・ブラジル[編集]

黎明期のプロレス界においてボボ・ブラジルは代表的な黒人レスラーであり、その地位の向上に貢献した。アメリカでは「プロレス界のジャッキー・ロビンソン」と評されることもある。人種差別が色濃い時代に、好奇な目線の中で日米のリングで圧倒的な強さを見せ付けた。全盛期のボボ・ブラジルは大柄な体型にもかかわらず動きにキレがあり、長身から繰り出される必殺技「ココバット」は単純な技ながら破壊力は抜群で、大木金太郎との「頭突き世界一決定戦」では石頭で知られる大木でさえ何度もよろめいた。

当初は、「Boo-Boo Brazil:ブーブー・ブラジル」というリングネームだったが、プロモーターのミスで「BoBo Brazil:ボボ・ブラジル」と印刷してしまい、それ以来ボボ・ブラジルをリングネームにしてしまった。ボボリンクという鳥の名に由来するという説もある。なおブラジルポルトガル語で、「Bôbo」とは「馬鹿な、愚かな」という意味があるので、彼をブラジル人だと誤解する人も少なくなく、そのように誤解される向きもあるが、命名の由来からこれは正しくない。

全日本プロレスに参戦していたレスラー晩年期は、リング上で手渡された花束にムシャムシャかぶりつくパフォーマンスで異様な雰囲気を演出しようとしていた。理由には諸説あり、ザ・デストロイヤーの自伝『マスクを脱いだデストロイヤー』(ベースボール・マガジン社刊)によれば、リング上でヒールとして振舞う方法をボボ・ブラジルから尋ねられた際、黄色い花の花束を食いちぎるようにデストロイヤーがアドバイスしたためである。ブラジル本人によると、正統派としてデビューした弟を表に出すためわざと奇行をとったとのこと(ただし、最初にこのパフォーマンスを行ったのは、弟とタッグを組んだ日よりも前の試合である)。

得意技[編集]

ココバット
ジャンプして上から叩きつけるような形のヘッドバット(「アイアンヘッドバット」と呼ぶ場合もある)。彼の必殺技であり、代名詞的な技。長身の彼がジャンプして放つ躍動感のあるヘッドバットは、単なる頭突きと言うより彼しか出来ないオリジナル技といえる。
ブルドッギング・ヘッドロック
パイルドライバー
ドロップキック
この技1発を当てただけで勝利するという、わずか5秒の試合をしたことがある。

獲得タイトル[編集]

シングル
タッグ

逸話[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『THE WRESTLER BEST 1000』P14(1996年、日本スポーツ出版社

外部リンク[編集]