ビッグ・ショー (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ビッグ・ショー
ザ・ビッグ・ショーの画像
プロフィール
リングネーム ザ・ビッグ・ショー
ザ・ジャイアント
ポール・ワイト
本名 ポール・ドナルド・ワイト・ジュニア
ニックネーム 世界最大のアスリート
大巨人
身長 213cm
体重 193kg
誕生日 1972年2月8日(42歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サウスカロライナ州の旗 サウスカロライナ州
アイケン
所属 WWE
スポーツ歴 バスケットボール
トレーナー ラリー・シャープ
WCWパワープラント
デビュー 1995年
テンプレートを表示

ザ・ビッグ・ショーThe Big Show)のリングネームで知られるポール・ワイトPaul Donald Wight, Jr.1972年2月8日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーサウスカロライナ州アイケン出身。以前はフロリダ州タンパ出身とコールされていた。WWESmackDown!所属。

WCWに在籍していた時にはザ・ジャイアントThe Giant)のリングネームで活動していた。その体の大きさで有名なレスラーで、身長213cm、体重200kgの体躯を誇り、世界最大のアスリートや、大巨人の異名を持つ。

来歴[編集]

WCW[編集]

大学まではバスケットボールの選手として活躍。ハルク・ホーガンにスカウトされ、ラリー・シャーププロレスラー養成所「モンスター・ファクトリー」で7か月間に渡ってトレーニングを積む。その後、WCWのトレーニング機関であるWCWパワープラントでの再トレーニングを経て、1995年にプロレスデビューを果たす。

WCWでの公式デビュー戦(10月29日)でいきなりホーガンからWCW王座を奪取する快挙を見せた。WCW時代のリングネームはザ・ジャイアントで、アンドレ・ザ・ジャイアントの息子と称していた。翌年4月にはリック・フレアーを破り二度目の王座を獲得したが、同年7月よりWCWでnWoが結成されるとホーガンに王座を奪われた。自身もnWoに加入、程なくして脱退後は正規軍側の主力として活躍を見せる。

提携先の新日本プロレスにも招聘され、巨体ながらコーナーポストからのミサイルキックを放つなど、運動能力の高さを見せていた。

WWF/WWE[編集]

1999年2月にWWF(現在のWWE)に移籍。当時ヒールとしてストーンコールド・スティーブ・オースチンと抗争中であったビンス・マクマホンの刺客として、突如リングの下からマットを破って現れるという衝撃のデビューであった。WWFに移籍後、リングネームを"ザ・ビッグ・ショー" ポール・ワイトに変更。このニックネームが後に正式なリングネームとなり、現在も用いている。このころにはホーガンのパロディを演じるなど、コミカルなキャラクターの一面を見せていたことがある。

10月にはトリプルHザ・ロックとの試合を制し WWF世界王座を奪取。ジ・アンダーテイカーとのタッグやビッグ・ボスマンとの抗争後、2000年に体重オーバーを理由に一時OVW行きを宣告された。

2002年の番組分割時にRAWにドラフト6位で指名されるが、同年秋に当時GMのエリック・ビショフとの衝突によりSmackDown!へ移籍する。ポール・ヘイマンと組んでブロック・レスナーを破りWWE王座を奪取。

2005年2月5日のテレビショーさいたまスーパーアリーナ大会「ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR」において、観戦していたを、「日本のビッグ・ショー」と公言して意気投合。同年4月3日WrestleMania 21において曙とスモー・マッチを実現。7月のハウス・ショーさいたま大会ではタッグも組んでいる。

2005年のドラフトにてにRAWに移籍。タブー・チューズデイではケインと組み、世界タッグ王座を獲得した。

2006年スピリット応援団に世界タッグ王座を奪われるとケインと仲間割れ、その頃ケインは「5月19日(メイ・ナインティーン)」という言葉を聞くと状況に構わず逆上してみせるようになり、これをアングル化してケインと抗争。その後WWE vs ECWの抗争が始まると、WWEを裏切りECWの仲間入りを果たした。

ECW移籍[編集]

その後、ECW世界ヘビー級王者ロブ・ヴァン・ダムに挑戦。ロブ・ヴァン・ダムのマネージャーについていたポール・ヘイマンの裏切りを受けて、同王座を獲得。WCW、WWE、ECW全ての世界王座を獲得した唯一の選手となった。ECW入りしてからは、ECW本来の環境に親しみ、流血戦とも真っ向から向き合うようになった。

マクマホン親子の用心棒としてD-Xとも抗争。12月3日の新生ECW初の単独開催PPVディセンバー・トゥ・ディスメンバーの6人参加凶器エリミネーション・チェンバー・マッチボビー・ラシュリーに敗れ王座を失い、直後の12月7日のECWでのラシュリーとの再戦に敗れリングから姿を消す。この裏には以前から苦しんでいた背中の痛みの問題があった。

WWE復帰・2007年~2009年[編集]

2007年2月末に契約満了に伴いWWEを正式退団。その後、2007年4月27日に米テネシー州メンフィスで行われたハルク・ホーガンの自主興行で復帰するも、レッグドロップからの3カウントで敗北。

2008年2月に行われたノー・ウェイ・アウトにてWWEへ復帰。そのリング上でプロボクサーメイウェザーに顔面を殴られ鼻を骨折させられた このことからメイウェザーとの抗争に入り、WrestleMania XXIVで対戦したがメリケンサックで顎を殴られ敗北した。9月のアンフォーギヴェンヴィッキー・ゲレロを葬ろうとしたジ・アンダーテイカーを殴打してテイカーを失神させた。それによりテイカーとの抗争を開始し、10月ノー・マーシーでも、テイカーに勝利し、トリプルHの持つWWE王座への挑戦権を得るが、王座戦でテイカーの乱入により王座奪取に失敗する。サイバー・サンデーではファンの投票によりラストマン・スタンディング・マッチでテイカーと勝負が決定するが敗れる。その後のスマックダウンで金網戦でテイカーに敗れ抗争は終了する。

2009年のドラフトでRAWへ移籍し、この少し前から対立状態にあったジョン・シナと本格的に抗争を開始する。この抗争はエクストリーム・ルールズで決着がつき、以降はUS王者コフィ・キングストンに狙いを定める。

7月のナイト・オブ・チャンピオンズでは6パック・チャレンジ形式のUS王座戦への参加が決定していたが当日の第一試合の統一タッグ王座戦のクリス・ジェリコのパートナーと発表され、ジェリコと共にレガシーから王座を防衛する(6パック・チャレンジ形式のUS王座戦には代わりにプリモが出場)。翌日のRAWではゲストホストを務めたシャキール・オニールと険悪な関係になり、統一タッグ王者組とクライム・タイムのメイン戦(ビッグ・ショーの反則負け)後に特別審判員を務めていたシャックと掴み合いになるが、リング外に突き飛ばされた。

10月にはジェリコを破り、ブラッギング・ライツの番組対抗戦のチームRAWの一員となる。対するチームスマックダウンの主将がジェリコであったため、一時的に両者の関係が微妙なものとなった。しかしPPV当日、試合終盤で突如チームメイトであるコフィ・キングストントリプルHを立て続けに襲撃し、結果的にジェリコ率いるチームスマックダウンを勝利に導いてしまう。翌日のRAWでは、スマックダウンの勝利をアシストしたためにジ・アンダーテイカー世界ヘビー級王座戦第一挑戦者となったことを明かした。11月のサバイバー・シリーズでトリプルスレット形式の王座戦に挑んだが王座獲得とはならなかった。7月の統一タッグ王座獲得以来様々なタッグを相手に王座を防衛してきたが12月のTLCでのTLC戦D-ジェネレーションXに敗れ王座を失った。

2010年~2012年[編集]

2010年の2月にはザ・ミズとタッグを組み再び統一タッグ王者となる。しかし4月26日のRAWでハート・ダイナスティに敗れ王座を失う。そして同日行われたドラフトでスマックダウンに移籍するとともにベビーターンする。

移籍後はCMパンクが丸坊主を隠すために被っていたマスクを剥ぎ取ったことをきっかけに、ストレート・エッジ・ソサエティ(CMパンク & ルーク・ギャローズ & セリーナ & ジョーイ・マーキュリー)と抗争を開始する。8月15日のサマースラムでパンク & ギャローズ & マーキュリーとの1対3のハンディキャップ・マッチに臨み、勝利した。その後もパンクらを圧倒して抗争は終了した。

10月24日のPPVブラッギング・ライツではチームを結成し、ザ・ミズ率いるチーム・RAWと対戦し勝利した(自身はカウントアウトにより退場)。

2011年に入ってからはRAWから移籍してきたウェイド・バレット率いるザ・コアとの抗争を開始。 抗争と同時期の2月、PPV「エリミネーション・チェンバー」の世界ヘビー級王座戦に出場するも、2番目に脱落。 王座戦後はコアとの抗争を継続し、その後はケインとのタッグでコアが所持していたタッグ王座を奪取した。

コアの解散後はネクサスデビッド・オタンガマイケル・マクギリカティ組とのタイトルマッチにて王座から陥落。 タッグ戦試合後にアルベルト・デル・リオの専属リングアナであるリカルド・ロドリゲスからひき逃げされたことからデル・リオとの抗争に入り、キャピタル・パニッシュメントでのデル・リオとのシングルマッチが行われたが、マーク・ヘンリーの乱入によって負傷し敗戦した。 ヘンリーとの抗争中に怪我で欠場し、復帰後の12月18日のPPVTLCにてヘンリーとのチェアーマッチに勝利し、9年ぶりに世界ヘビー級王座(WWEヘビー級以来。世界ヘビー級は初)を獲得した。しかし、試合直後のヘンリーとの乱闘に乗じて、ダニエル・ブライアンがマネー・イン・ザ・バンクの挑戦権を行使し、そのままフォールされてしまい、一瞬にして王座から陥落した(在位期間45秒)。 再戦権によるブライアンとのタイトルマッチにおいて、1度はマーク・ヘンリーの乱入により反則負けとなり、2度目もブライアンのセコンドについたAJと衝突してギミック上の重傷を負わせたことでブライアンから激しく非難・罵倒された。このことや、ヘンリーも再戦権を行使したことでブライアンとヘンリーの三つ巴の抗争を開始。2012年ロイヤルランブルにてダニエルに敗れ、抗争は終了した。

エリミネーション・チェンバー世界王座戦にてバレットとコーディ・ローデスによって脱落させられ、さらにレッスルマニアWWE王座挑戦者決定戦でもローデスの妨害で敗れた。そしてローデスが『大巨人は大舞台の祭典に弱い』等と挑発し続けたことから、ローデスとの抗争を開始。レッスルマニアでIC王座を獲得する。 その後すぐ再戦となり、エクストリームルールズのテーブル戦でローデスがIc王座に返り咲いた。 その次の再戦(反則で逃げられた)後、RAWとスマックダウンの両GMとなったジョン・ロウリネイティスの声を馬鹿にした発言をしたことで怒りを買い、侮辱された挙句クビにされ、オーバー・ザ・リミットにてジョン・ロウリネイティスと戦っているシナを裏切り、6月のRAWでヒールターンをした。理由は、ロウリネイティスに不条理にクビにされた直後、観客や他のレスラーが何事もなかったかのように動いていたためだという。 その後、「怒れる大巨人」として圧倒的なパワーでWWE王座戦線を戦い続けていたが、王座取得ならず。

そのあとすぐに世界王座戦線に進出し、シェイマス相手にヘル・イン・ア・セル(試合形式は普通)にて王座奪取。しかし直後に貫禄を無くし、シェイマスから逃げ回るような言動が増える。それでも王座は守り抜いた。

2013年~2014年[編集]

1月のスマックダウンでアルベルト・デル・リオとラストマン・スタンディング戦に敗れ王座陥落。その後もヒールとして活動、レッスルマニアでは一時的にシールド戦のためにベビーのオートンやシェイマスと組んで戦ったが敗戦し、試合後にオートンやシェイマスを襲った。

オートンとの抗争に敗れた後に負傷欠場するが、シールドに襲われたRVDやヘンリーを救うべく完全なベビーとして復帰。しかし、HHHのブライアンに対する悪行を非難したことで立場を危うくし、『家族を養うために』言いなりとなり、HHHやステファニー・マクマホンに敵対するものを攻撃する。

10月6日のPPV、バトルグラウンドで、WWE王座戦にステファニーにブライアンを殴るように仕向けられる。乱入して実際にブライアンを殴り倒したが、オートンをも殴りつけ、勝者のいないまま王座戦を終了させてしまった。それにより翌日のRawでステファニーに解雇を言い渡されるが解雇を不当、また巨体に関して言及されたことを差別的扱いとするなどしてWWEを訴える構えを見せた。取締役会で、彼が会社を訴えないように望んでいるものは何でも与えるように決まったことで11月4日HHHとステファニーはリングの上で、彼の復職の要求と、サバイバーシリーズでのWWE王座戦を飲むことになる。 しかし実際の王座戦終盤で、不意に現れたHHHとステファニーに気を取られオートンに敗れた。

12月にはレイ・ミステリオと組みタッグ王座戦線に移行、4ウェイイリミネーション形式の王座戦では敗れるがその後の通常タッグ戦で王者組のローデス兄弟を破るが、王座戦は行われずに2014年を迎え、ブロック・レスナーに挑戦。ロイヤルランブル内で行われた試合に臨むが、試合開始直前に椅子で何度も叩かれた挙句に破れ、試合終了後も滅多打ちにされた。この影響から数ヶ月休養。3月7日のスマックダウンダニエル・ブライアンと組んでバティスタケイン戦で復帰。 その後マーク・ヘンリーと組みワイアット・ファミリーと戦ったり、タッグ王座戦線に乗り出したりもしたが、アメリカ批判を続けるルセフとの抗争にヘンリーに続く形で移行、しかし敗れ、さらにヘンリーの裏切りもうけて関係は破綻。 11月のサバイバー・シリーズでチーム・シナの一員としてチーム・オーソリティーと対決し、開始早々敵チームのヘンリーをパンチ一発で倒す活躍を見せるものの、途中でチームピンチになったことでシナを裏切りオーソリティーに取り入った(結果、チーム・シナが勝つが)。翌日のRAWで自身の行いを謝罪するも、途中から逆ギレを起こしてヒールターンした。

スタイル[編集]

ストーリーに応じてヒール、ベビーフェイスとどちらの役割も演じている。ハルク・ホーガンのモノマネを得意とし、ベビー時には「ショースター」なるパロディキャラに変身したこともある。

リング下のワイヤー
これが破断し、リング崩壊に繋がった。
(画像は別の団体のリング)

スマックダウンでは、その巨体のため、ブロック・レスナージョン・シナとの抗争の中彼らに投げられることが試合の見所となっていた。中でも、2003年6月フロリダ州オーランド大会での対レスナー戦において雪崩式ブレーンバスターで投げられた直後、リング下を結んでいたワイヤーが着地の際の衝撃で切れ(フジTVでのDDT社長・高木三四郎の解説による)、リングが崩壊したシーンは今もなお語り草となっている。後にプロレス上の演出であると言う事をWWEシェイン・マクマホンが説明しているが、この事態は世界プロレス史上初の出来事である(リングに穴が開くことはよくある)。また、2011年10月のPPV大会ヴェンジェンスでは世界ヘビー級王座戦に挑戦者としてマーク・ヘンリーと対戦するも、再び雪崩式ブレーンバスターで投げられた直後にリングが崩壊した。

WWE退団後は体の負担を和らげるため減量に励み体重を約100lb(約30kg)落とすことに成功、シャープな体系へと変貌していた。しかしメイウェザー戦を控え計量したところ既に20kg増量していた。

かつてのアンドレ・ザ・ジャイアントなどをはじめとする巨漢のレスラーは、その重過ぎる体重ゆえに全身にかかる負担も大きく、また暴飲暴食の影響により重度の内臓疾患を抱えるなどして早死にするケースが多い。ショー自身も、過去のインタビューで「自分も(過去の巨人レスラーと同様)長生きはできないことを悟っている」と述べたことがある。

得意技[編集]

ジョン・シナに仕掛けるアブドミナル・ストレッチ
JBLにチョークスラムを仕掛ける
チョークスラム
その巨体から繰り出されるチョークスラムは、見ているだけでもその破壊力を証明できる。以前はショーストッパーと呼ばれていた。
WMD(ノックアウトパンチ)
現在のフィニッシャー。顔面へ強烈な右フックを叩き付ける。この技をまともに受けたレスラーは一発KOで試合終了後も失神している場合が多い。技名は大量破壊兵器(Weapons of Mass Destruction)に由来する。2012年後半からは、単にKOパンチという名前でよばれることがほとんどである。
張り手
コーナーポストに追い詰めて相手の胸めがけて振りぬく。威力もさることながら、格段にいい音がする為、ベビー時代には、技を放つ前に客席に向かい「シーッ」と静かにする様アピールしてから放っていた。
スピアー
フィニッシャーだった時期もある。
リバーススプラッシュ
返される事が非常に多かったことも。
ビッグブート
サイドキックで放つ事も多い。
アリウープ
パワーボムの体勢から、後ろに倒れこんで相手を顔面から叩き付ける個性的な技。
ヘッドバット
コロッサルクラッチ
キャメルクラッチと同型の技だが通常とは比べ物にならない破壊力を持ち、この技で試合が決まることもある。
コブラクラッチ・バックブレーカー
ECW在籍時にヒールターンした時から使用したフィニッシャー。コブラクラッチをした状態から相手を振り回しつつ背中に膝を入れる変形バックブレーカー。DXを駐車場で襲撃した際には、ショーン・マイケルズをこの体勢から車のボンネットに叩き付けた事もある。
ファイナルカット
一時期のみ使ったフィニッシャー。リバースDDTの体勢で相手の喉にエルボーを落とす。WWEではほとんど使用しない。
カズ・ハヤシグレゴリー・ヘルムズが同名の技を使用している(両者共ビッグショーのとは形が多少異なる)。
相手を負傷させてしまう恐れがあるので封印したが、2006年には、エルボーではなく足を喉元に置いて落とすホグロックなる技を開発し、フィニッシュとしても使用していた。

入場曲[編集]

エピソード[編集]

  • ダニエル・ブライアンにマネー・イン・ザ・バンクの挑戦権を行使され、敗北してしまったが、本来は一度立ち上がった状態から開始するはずであるが、ビッグ・ショーが失神してるにも関わらず開始したのは、ビッグ・ショーの存在のデカさを象徴していると考えられる。
  • そのキャリアにおいて複数回リングを破壊している(全壊は2回、穴をあけたことは複数回)。
  • 一時期スーツを着用していたが、その巨体ゆえおそらく特注だと思われる。( スーツ自体はエディ・ゲレロによるバキュームカー事件により着られなくなってしまった。)
  • 既婚者である。
  • 巨体の持ち主であるわりに、運動神経とレスニングテクニックが優れており、若い頃はドロップキックやムーンサルトプレスを披露しており現在もできるとのこと。しかしバスケットボール対決ではJBLに敗北している
  • 尊敬する人物としてアンドレ・ザ・ジャイアントリック・フレアーを挙げている。リック・フレアーの引退セレモニーではバックステージで涙を流しながらフレアーに感謝の言葉を述べた。
  • 俳優業もこなしドラマ映画にも出演している。イメージとして「大きくて見た目は強そうだが、どこか間抜けで憎めない」としてコメディを担当していることが多い。
  • 以前は長髪であったが、ショートカットを経て、現在はスキーンヘッド。これは頭頂部が禿げてきてしまったためと思われる(ショートカット時代の映像で確認できる)。ただし、最初にスキーンヘッドになったのはカート・アングルにより麻酔を撃たれて気絶した際に刈られてのこと。

タイトル履歴[編集]

WCW
WWF/WWE

外部リンク[編集]