WWEエリミネーション・チェンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WWEイリミネーション・チェンバー(WWE Elimination Chamber)は、アメリカのプロレス団体WWEが主催するプロレス興行の名称。また同興行を扱うPPVの名称でもある。

2009年まで行われたノー・ウェイ・アウト(No Way Out)から、2010年に変更され開催される。

試合結果[編集]

第1回大会(2010年)WWE Elimination Chamber 2010[編集]

  • ダーク・マッチ -Dark Match-
クリスチャン vs エゼキエル・ジャクソン
シェイマス(c) vs トリプルH vs ランディ・オートン vs テッド・デビアス vs コフィ・キングストン vs ジョン・シナ
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 ランディ・オートン 4 テッド・デビアス
2 テッド・デビアス 5 コフィ・キングストン
3 コフィ・キングストン 1 シェイマス
4 シェイマス 2 トリプルH
5 トリプルH 3 ジョン・シナ
勝者 ジョン・シナ 6
試合後会長のビンス・マクマホンが登場し、シナとバティスタの王座戦を発表する。
  • WWE王座戦 -WWE Championship-
●ジョン・シナ(c) vs バティスタ
ドリュー・マッキンタイア(c) vs ケイン
ザ・ミズ(c) vs MVP
ジ・アンダーテイカー(c) vs CMパンク vs ジョン・モリソン vs レイ・ミステリオ vs Rトゥルース vs クリス・ジェリコ
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 Rトゥルース 2 CMパンク
2 CMパンク 1 レイ・ミステリオ
3 レイ・ミステリオ 3 ジョン・モリソン
4 ジョン・モリソン 5 ジ・アンダーテイカー
5 ジ・アンダーテイカー 6 クリス・ジェリコ
勝者 クリス・ジェリコ 4
試合終盤にショーン・マイケルズが乱入、ジ・アンダーテイカーを攻撃し、結果的にクリス・ジェリコを助ける形となる。

第2回大会(2011年)WWE Elimination Chamber 2011[編集]

ダニエル・ブライアン vs テッド・デビアス
エッジ(c) vs レイ・ミステリオ vs ケイン vs ドリュー・マッキンタイア vs ビッグ・ショー vs ウェイド・バレット
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 ウェイド・バレット 3 ビッグ・ショー
2 ビッグ・ショー 6 ケイン
3 ドリュー・マッキンタイア 5 ケイン
4 ケイン 4 エッジ
5 レイ・ミステリオ 2 エッジ
勝者 エッジ 1
サンティーノ・マレラ&ウラジミール・コズロフ(c) vs ザ・コア(ジャスティン・ガブリエル&ヒース・スレイター)(w / エゼキエル・ジャクソン)○
ザ・ミズ(c) vs ジェリー "ザ・キング" ローラー
  • エリミネーション・チェンバー形式 WWE王座第一挑戦権者決定戦 -Elimination Chamber Match for a WWE Championship Match at WrestleMania XXVII-
ジョン・シナ vs CMパンク vs ジョン・モリソン vs キング・シェイマス vs ランディ・オートン vs Rトゥルース
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 Rトゥルース 5 キング・シェイマス
2 ランディ・オートン 3 CMパンク
3 キング・シェイマス 2 ジョン・モリソン
4 ジョン・モリソン 1 CMパンク
5(1) CMパンク 6(4) ジョン・シナ
勝者 ジョン・シナ 4
ジョン・シナがWrestleMania XXVIIでのWWE王座挑戦権を獲得。
当初CMパンクは、4番目の登場となったが、レフリーが小部屋のドアを解錠する際に不手際があった。
やっと解錠し小部屋から出るも、ランディー・オートンに待ち伏せ攻撃を喰らい、最初に敗退させられる。
しかし、RAW・GMは、ドアを解錠する際の不手際で、不公平を被ったと指摘。
CMパンク敗退を無効とする裁定を下し、再び小部屋に入った。

第3回大会(2012年)WWE Elimination Chamber 2012[編集]

フニコ vs アレックス・ライリー
CMパンク(c) vs ザ・ミズ vs クリス・ジェリコ vs コフィ・キングストン vs ドルフ・ジグラー vs Rトゥルース
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 Rトゥルース 4 CMパンク
2 ドルフ・ジグラー 3 クリス・ジェリコ
3 コフィ・キングストン 2 クリス・ジェリコ
4 クリス・ジェリコ 6
5 ザ・ミズ 5 CMパンク
勝者 CMパンク 1
クリス・ジェリコは試合途中にチェンバーの扉が開くアクシデントによりリング下に転落し、フォールされることなく退場した。
ベス・フェニックス(c) vs タミーナ・スヌーカ
  • エリミネーション・チェンバー形式世界ヘビー級王座戦 -Elimination Chamber Match for the World Heavyweight Championship-
ダニエル・ブライアン(c) vs サンティーノ・マレラ vs ウェイド・バレット vs コーディ・ローデス vs ビッグ・ショー vs グレート・カリ
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 グレート・カリ 5 ビッグ・ショー
2 ビッグ・ショー 1 コーディ・ローデス
3 コーディ・ローデス 3 サンティーノ・マレラ
4 ウェイド・バレット 2 サンティーノ・マレラ
5 サンティーノ・マレラ 4 ダニエル・ブライアン
勝者 ダニエル・ブライアン 6
ジャック・スワガー(c)(w / ヴィッキー・ゲレロ) vs ジャスティン・ガブリエル(w / ホーンスワグル)●
  • アンビュランス・マッチ -Ambulance Match-
ジョン・シナ vs ケイン

第4回大会(2013年)WWE Elimination Chamber 2013[編集]

ブローダス・クレイ&テンサイ vs ローデス・スカラーズ(コーディ・ローデス&ダミアン・サンドウ)●
アルベルト・デル・リオ(c)(w / リカルド・ロドリゲス) vs ビッグ・ショー
アントニオ・セザーロ(c) vs ザ・ミズ
セザーロの反則により王座移動はなし
ジャック・スワガー vs ダニエル・ブライアン vs クリス・ジェリコ vs ランディ・オートン vs ケイン vs マーク・ヘンリー
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 ダニエル・ブライアン 2 マーク・ヘンリー
2 ケイン 4 マーク・ヘンリー
3 マーク・ヘンリー 6 ランディ・オートン
4 クリス・ジェリコ 1 ランディ・オートン
5 ランディ・オートン 5 ジャック・スワガー
勝者 ジャック・スワガー 3
  • 6人タッグチーム・マッチ -6-person Tag Team Match-
ザ・シールド(セス・ローリンズ&ディーン・アンブローズ&ローマン・レインズ) vs ジョン・シナ&ライバック&シェイマス
ケイトリン(c) vs タミーナ・スヌーカ
ザ・ロック(c) vs CMパンク(w / ポール・ヘイマン)●
ロックは反則負け及びカウント負けでも王座を失う条件

第5回大会(2014年)WWE Elimination Chamber 2014[編集]

コーディ・ローデス&ゴールダスト vs カーティス・アクセル&ライバック(w / ラリー・ヘニング)●
ビッグ・E(c) vs ジャック・スワガー(w / ゼブ・コルター)●
ニュー・エイジ・アウトローズロード・ドッグビリー・ガン)(c) vs ウーソズジミー・ウーソジェイ・ウーソ)●
  • 6人タッグチーム・マッチ -6-person Tag Team Match-
○ワイアット・ファミリー(ブレイ・ワイアット&ルーク・ハーパー&エリック・ローワン) vs ザ・シールド(セス・ローリンズ&ディーン・アンブローズ&ローマン・レインズ)●
AJ・リー(c)(w/タミーナ・スヌーカ) vs キャメロン
AJの反則負けにより王座交代はなし
ランディ・オートン vs ジョン・シナ vs シェイマス vs ダニエル・ブライアン vs セザーロ(w/ゼブ・コルター) vs クリスチャン
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 シェイマス 2 クリスチャン
2 クリスチャン 4 ダニエル・ブライアン
3 セザーロ 1 ジョン・シナ
4 ジョン・シナ 5 ランディ・オートン
5 ダニエル・ブライアン 3 ランディ・オートン
勝者 ランディ・オートン 6
終盤にワイアット・ファミリーが乱入、ジョン・シナを攻撃。駆け付けたケインがブライアンを攻撃しオートンの勝利に貢献。

脚注[編集]

外部リンク[編集]