ヘスス・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リカルド・ロドリゲス
Ricardo-Rodriguez-WWE-2011.jpg
プロフィール
リングネーム リカルド・ロドリゲス
エル・ローカル
キメラ
ジェシー・ロング
本名 ヘスス・ロドリゲス
ニックネーム R-Rod
身長 182cm
体重 102kg
誕生日 1986年2月17日(28歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州バンナイズ
トレーナー ネメシス
フェニックス・スター
デビュー 2006年8月
テンプレートを表示

ヘスス・ロドリゲスJesús Rodríguez1986年2月17日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーリングアナウンサーカリフォルニア州バンナイズ出身のメキシコ系アメリカ人

WWEにおけるアルベルト・デル・リオの私設リングアナウンサー、リカルド・ロドリゲスRicardo Rodriguez)としての活動で知られる。

来歴[編集]

2006年8月にプロレスラーとしてのキャリアを開始。チカラドラゴンゲートUSAなどのインディー団体にて覆面レスラーキメラChimaera)として活動。

2010年WWEと契約。傘下団体であるFCWでキメラとして活動しながら、同年8月よりリカルド・ロドリゲスRicardo Rodriguez)名義でWWEのスマックダウンに登場。アルベルト・デル・リオの専属リングアナウンサーを務め、番組のリード・リングアナウンサーであるトニー・チメルに代わってアルベルトのコールを担当。

2011年からは正式にFCWのロスター入りをしている。デル・リオの忠実な手下であり、命令には絶対服従。デル・リオの相手選手の妨害やデル・リオの王座取得、防衛の手助けなど、様々な手段で尽くす。しかし、TLC 2011翌日のRAWにてデル・リオが負傷し、彼もまた同時に出番を失うことになる。その後はRAWでのザ・ミズRトゥルースの抗争劇に巻き込まれたり、2012年初頭のPPVであるロイヤルランブル2012に出場したりなどの登場を続けた。

デル・リオの戦線復帰に合わせて再び専属リングアナウンサーとして復活。サンティーノ・マレラとの抗争を経て2012年末にはビッグ・ショーとも対戦するなど、以前よりも選手としての活躍機会が増え、エル・ローカルEl Local)なる覆面レスラーとしても、ハウス・ショーダーク・マッチNXTなどに出場。 しかし、2013年夏、RVDとデル・リオの抗争中、デル・リオの手助けに失敗したことが原因で一方的に別れを告げられ、以後RVDのリングアナとして活動するが、抗争終了と共に出番がなくなり、出番はエル・ローカルとしてのものや、PPVでのスペイン語実況席に座るなどの事だけであった。

2014年7月30日付でWWEを解雇された。

得意技[編集]

入場曲[編集]

  • Realeza

外部リンク[編集]