ジ・アセンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Ascension
ステーブル
メンバー コナー・オブライエン
リック・ビクター
ケネス・キャメロン
ラクエル・ディアス
リカルド・ロドリゲス
ティト・コロン
デビュー 2011年9月1日

ジ・アセンション(The Ascension)はアメリカ合衆国プロレス団体WWE傘下のNXTにて活動しているプロレスラーのユニットである[1][2][3]

メンバー[編集]

第一次The Ascension
第二次The Ascension
  • コナー・オブライエン
  • ケネス・キャメロン
第三次The Ascension

来歴[編集]

第一次The Ascension[編集]

2011年8月28日、WWEアルベルト・デル・リオの専属リングアナウンサーとして活動する傍ら、傘下団体のFCWにてレスラー兼ブローダス・クレイのマネージャーを務めていたリカルド・ロドリゲスがデル・リオの父親が運営する店舗の従業員たちの集団という呈でジ・アセンション(The Ascension)を結成。

当初はデル・リオの部下、またはボディガードに当たるギミックの為にティト・コロンラクエル・ディアスを中心としたラテン系ユニットであり、9月1日にリカルドとラクエルをセコンドに従えてコナー・オブライエン & ケネス・キャメロン & ティト vs CJパーカー & ドニー・マーロウ & ジョニー・カーティスの6人制タッグマッチでデビューし、勝利を飾った。

幸先の良いデビュー戦を行ったもののロドリゲスはWWEでの活動が中心となったことによりFCWに出場することがなくなりデル・リオの部下というギミックは頓挫。新たに怪奇派ダーク系のギミックへと変更となり、ヒールとして特色をより一層引き立てるようにしたが10月にはティトがWWEに昇格し、プリモとタッグを組んだことによりユニットから脱退となった。

メンバーが3人へと減少したが、ラクエルが11月にクイーン・オブ・FCW、12月にFCWフロリダディーヴァズ王座を獲得する活躍を見せたが、結局のところユニットから脱退することになった。

第二次The Ascension[編集]

リカルド、ティト、ラクエルといったラテン系レスラーが全員がユニットから脱退し、オブライエンとキャメロンの2人になったジ・アセンションはしばらく活動を停止。2012年3月に新たにプロモーションを行うようになり活動を再開。本格的にタッグ戦線に乗り込み、5月にはFCWと新人発掘番組であったWWE・NXTが統合して新生NXTの初回放送にデビューし、マイク・ダルトン & CJパーカーから圧勝した。

6月27日にはウーソズとの対戦において勝利して挑発したことから因縁が生まれ抗争へと展開。約半年間の長期間の争いで圧倒的な力を見せた。しかし11月30日にキャメロンが飲酒運転で逮捕されたことが発覚し、ウェルネスポリシー違反となってWWEから解雇となった[4]。この事件により第二次ジ・アセンションは自然解散という形で終焉を迎えた。

第三次The Ascension[編集]

キャメロン解雇後、オブライエンはシングルプレーヤーとして転向するもジ・アセンションのギミックは継続(キャメロンもWWE解雇後、インディー団体で活動するようになって参戦する団体によってはジ・アセンションのギミックを使用している)。NXT王座を巡ってビッグ・E・ラングストンコリー・グレイブスと抗争したがNXT王座を奪取することができなかった。

ラングストンとの抗争後、フリーランスやインディー団体で活動するレスラーたちとスカッシュマッチを行っていたオブライエンであったが試合後にNXTに長らく出番のなかったリック・ビクターが登場するようになり、7月3日収録のNXTにてアンディ・ベイカーに圧勝したオブライエンが勝ち名乗りを上げたところにビクターが登場。そのままリングへと上がり、オブライエンは動じる様子もなくビクターと結託し、ジ・アセンションを復活した。

8月よりNXTタッグ王座を奪取することを目論み、当時NXTタッグ王者であったエイドリアン・ネヴィル & コリー・グレイブスを標的にして抗争を開始。同月28日にバックステージにてグレイブスを襲撃して負傷させたことによりタッグ王座奪取への距離を短くし、9月25日のタッグ王座挑戦権を懸けたタッグターモイルマッチに勝利。そして10月2日の王座戦にて勝利し、同王座を奪取した。11月よりコナー・オブライエンはコナーKonnor)、リック・ビクターはビクターViktor)へとリングネームを変更。同月よりフニコ & カマーチョと抗争を開始し、2014年1月8日にNXTタッグ王座を懸けたトルネードタッグマッチによる決着戦が行い勝利し、抗争は終了となった。2月27日、WWE Network開局記念にNXT初のPPV、arRIVALにて往年の名タッグチームであるトゥー・クールスコッティ・2・ホッティ & グランマスター・セクセイ)と対戦。老獪且つ変則的な戦法に翻弄されるも、終盤にはビクターがスコッティによるワームを阻止し、フォール・オブ・マンを決めて勝利した。

arRIVAL以降、ジョバーチームとのスカッシュマッチを続け、5月29日にはPPV、Takeoverではエル・ローカル & カリストを相手に防衛戦を行い、体格差を生かした戦法で押し切って勝利した。

獲得タイトル[編集]

NXT

得意技[編集]

  • ダウンキャスト
コナー・オブライエンケネス・キャメロンの合体技。ジョーブリーカーからフラップジャックへと移行。
  • フォール・オブ・マン
コナー・オブライエンとケネス・キャメロン及びリック・ビクターの合体技。キャメロンの場合はフライング・ニールキック、ビクターの場合はフライング・フォアアーム。そしてオブライエンが水面蹴りを同時に放つ。

入場曲[編集]

  • Rebellion
  • Let Battle Commence

脚注[編集]

  1. ^ The Ascension CageMatch、2013年10月5日閲覧。
  2. ^ The Ascension CageMatch、2013年10月5日閲覧。
  3. ^ The Ascension CageMatch、2013年10月5日閲覧。
  4. ^ WWE TALENT ARRESTED, RELEASED PWInsider、2012年11月30日閲覧。