フニコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フニコ
Hunico April 2012.jpg
プロフィール
リングネーム フニコ
シン・カラ
シン・カラ・ネグロ
インコグニート
ミスティコ
ホルヘ・アリアス
ミスティコ・デ・フアレス
本名 ホルヘ・アリアス
身長 178cm
体重 95kg
誕生日 1977年8月5日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州エル・パソ
所属 SmackDown!
トレーナー レイ・ゲレーロ
エル・ミゲーラ
テンプレートを表示

フニコHunico)は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州エル・パソ出身。本名はホルヘ・アリアスJorge Arias1977年8月5日 - )。インコグニートIncognito)のリングネームでTNAROHといった団体で活動していることで知られている。現在はWWESmackDown!に所属[1]

来歴[編集]

1996年テキサス州エル・パソのバージ高校を卒業。高校卒業と同時にプロレスラーとしてのキャリアを開始するが、家族の都合により家を転々とし、家業を手伝うこともあってトレーニングや試合をまともにすることができなかった。

家業が落ち着き、2000年ミスティコMistico)というリングネームを与えられる。CMLLなどで活躍したミスティコ(イグナシオ・アルマンサ、シン・カラのリングネームでWWEに所属)の原型であり、ギミック上でも現在のミスティコと遜色ない設定であった。

2004年WWAにて行われたWWAミドル級王座に挑戦。シコシスから王座を奪取した。

同年、CMLLのアストロ・ボーイがリングネームをミスティコに変更したため、2005年からミスティコ・デ・フアレスMistico de Juarez)またはM[ i ]sticoの[ i ]を[ y ]に変えたミスティコMystico、スペイン語圏ではメイスティコの発音)へと区別するようになった。

それまではメキシコのインディ団体を回っていたが、前述の活躍を認められてAAAに入団。2005年まで活動。その後、アメリカとメキシコの境界に住んでいたこと、英語を話せるという利点からアメリカで活動することを決める。

2006年TNAに参戦。リングネームをインコグニートIncognito)に変更。ワールドX-CUPトーナメントでチームメキシコに参加したり、シコデリコ・ジュニアとタッグを組んでNWA世界タッグチーム王座決定戦で決勝進出の活躍を見せた。

インコグニート時代

2007年チカラ参戦。各団体のレスラー三人組、32チームが王座を争うトーナメント、キング・オブ・トリオズエル・パンテーラリンス・ドラドと組んで優勝を飾った。その他NWAメキシコROHなどにも参戦。

2009年12月14日にWWEのトライアウトに参加。素顔のホルヘ・アリアスJorge Arias)で挑み、翌12月15日に最終テストとして、ECWのテレビマッチでフリオ・クルーズとタッグを組み、ケイレン・クロフト & トレント・バレッタと試合をした。ジョバーとしての役目だったが合格、契約を勝ち取った。

2010年からFCWにて活動。インコグニートからフニコHunico)へと現在のリングネームに変更。エピコとタッグチーム、ロス・アヴィアドアースLos Aviadores)を結成し、FCWフロリダタッグチーム王座を獲得。

2011年、FCWでトレーニングを継続していたが、7月にシン・カラが禁止薬物を摂取していたことが明らかになりウェルネス・ポリシーに違反したとして30日の謹慎処分となった。そのため8月よりシン・カラの代行としてSmackDown!に登場。シン・カラの代役を務め上げ、上層部からの信頼を深めた。その後ヒールとなり、シン・カラ・ネグロSin Cara Negro)として活動。謹慎処分が明けて復帰したシン・カラがベビーのシン・カラ・アズールとなり、10月から抗争を展開。メキシコでマスカラ・コントラ・マスカラ戦を行って敗れ、マスクを取られた。素顔になってからはリングネームをフニコに戻し、11月よりWWEに昇格したエピコと結託してシン・カラとの抗争が続くかと思われたがPPVであるSurvivor Seriesでシン・カラが重傷を負い、長期欠場となったため頓挫。エピコはプリモとタッグを組むことになり、フニコは12月よりカマーチョを相棒として活動している。テッド・デビアスと抗争したり、タッグ戦などに出場していたが、徐々にSuperstarsNXTレスリングでの出場が主になった。6月、負傷により欠場するがNXTにてカマーチョが試合に参加した際に実況にて「リング外での不祥事が原因」とコメントされている。また、カマーチョ自身もその後にマイクパフォーマンスで「メキシコで足止めを喰らっているフニコを救うのに金が要る」と語っている。

2013年4月、WrestleMania Axxessにて復帰し、相棒のカマーチョと組んでエゼキエル・ジャクソン & ヨシ・タツと対戦するが敗戦した。以降、WWE Liveを中心に出場し、11月5日のSuperstarsにてテレビショーに復帰。カマーチョとのタッグでウーソズと対戦するが敗戦した。11月よりNXTにてジ・アセンションと抗争を開始。12月2日、RAWにて再びシン・カラとなって登場。アルベルト・デル・リオと対戦して勝利した。以降、イグナシオ・アルマンサに入れ替わって本格的にシン・カラとして活動するようになり、カーティス・アクセルドリュー・マッキンタイアから連勝した。

2014年1月7日、SmackDownにてレイ・ミステリオ & ロス・マタドールズと組んでライバクセル & リアルアメリカンズと8人制タッグマッチで対戦して勝利した。翌8日にはNXTにてフニコとしてカマーチョとのタッグでジ・アセンションとトルネードタッグマッチによる決着戦が行われたが敗戦し、抗争は終了となった。同月、NXTでもシン・カラとして出場するようになり、2月5日のNXTではアレクサンダー・ルセフと対戦するも圧倒されてしまい敗戦した。

得意技[編集]

現在使われているフィニッシャー。ハイアングル・セントーンボム
足4の字固め

獲得タイトル[編集]

FCW

w / エピコ

チカラ

w / エル・パンテーラ & リンス・ドラド

WWA

  • WWAミドル級王座 : 1回

脚注[編集]

  1. ^ Hunico WWE、2011年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]