体当たり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

体当たり(たいあたり)は、自分の体をぶつける事により相手を突き飛ばす行為、技術である。突進(とっしん)、ぶちかましタックル(tackle)[1]チャージ(charge)、プッシュ(push)などとも呼ばれる。

相手に対する攻撃や護身として使用される他、プロレス相撲をはじめとする格闘技、その他スポーツの技術としても使用される。また動物習性においても見られる。

一般社会における使用は、相手・自分ともに怪我死亡の危険性があり、暴力行為とされ犯罪行為となる。

プロレスリング[編集]

肩・側面からのぶつかるもの[編集]

ショルダー・チャージで二人を同時に倒すビッグ・ショー
ショルダー・タックル
立っている相手に向かって助走を付け、肩から相手にぶつかっていくものである。技名称は日本固有のもので、英語では同様の体当たり攻撃はショルダー・ブロックshoulder block)やショルダー・プッシュ(shoulder push)、ショルダー・チャージ(shoulder charge)等と呼ばれ、アメリカンフットボール出身の選手などが得意としている他、多くの選手が試合序盤で使用する。特に大型選手のこの技の打ち合いは、プロレスにおける醍醐味の一つで、会場を盛り上がらせる手段の一つでもある[2]
フットボール・タックル
アメリカン・フットボールのスリーポイントスタンスの状態から走って決めるショルダー・タックル[2]。単にアメリカン・フットボール出身レスラーによるショルダー・タックルを指す場合もある。
相撲タックル
相撲の立ち会いの状態から走って決めるショルダー・タックル[2]。単に相撲出身レスラーによるショルダー・タックルを指す場合もある[2]石川敬士や若手時代の田上明が得意とした。
ショルダー・アタック
大きくジャンプして繰り出すショルダー・タックル。フライング・ショルダー・アタック、ジャンピング・ショルダー・アタックなどとも呼ばれる。若手時代の小橋建太ロード・ウォリアー・ホークバイソン・スミスが得意とする。
コーナーポスト上から繰り出すものは、ダイビング・ショルダー・アタックと呼ばれ、蝶野正洋スティーブ・ウィリアムスジム・スティールが得意とした。蝶野はこの技でNWA世界ヘビー級選手権を奪取し、ウィリアムスはジャイアント馬場からピンフォールを奪った。

頭部・正面からぶつかるもの[編集]

ぶちかまし
走って頭部からぶつかっていく体当たり[2]。近年では力皇猛が使い手。相撲出身選手のショルダー・タックルや相撲タックルを指す場合もある。
トペ・スイシーダ
メキシコにおけるルチャリブレには、場外の相手に対し、場内から助走をつけて飛んでいき頭部など正面から相手に体当たりをするトペ・スイシーダと呼ばれる技がある[2]
パトリオット・ミサイル
パトリオットのオリジナル必殺技。トップロープから相手に向かって飛び、正面から相手にぶつかっていく。コーナー上からのぶちかまし、あるいはトペ・スイシーダ[2]。なお、ダイビング・ショルダー・アタックと混同される事もあるが、肩からぶつからないため、違う技である。
スピアー
低姿勢で肩口から相手の腰部または腹部に飛び込みながら体当たりし、倒す技。接触と同時に相手の両太腿を手で刈り倒したり、抱え上げて別の技へ移行する等のバリエーションがある。

腹部・前面からぶつかるもの[編集]

ジャンピング・ボディ・アタック
立っている相手に対して助走を付けてジャンプし、腹部を相手にぶつけて突き飛ばす技。コーナーにもたれかかる相手への攻撃でもみられる(串刺し式)。ボディ・スプラッシュジャンピング・ボディ・スプラッシュとも呼ばれる。フライング・ボディ・アタックが、相手の体と自分の体が十字に交差するのに対し、ジャンピング・ボディ・アタックは交差せず正面からぶつかる。また、フライング・ボディ・アタックが自分の体を浴びせた後そのまま相手を押し倒すのに対し、ジャンピング・ボディ・アタックは自分の体を浴びせた後に自分はそのまま着地し相手の体のみを倒す。言い換えれば、正面(腹部)からの体当たり。
ベイダーベイダー・アタックスティングスティンガー・スプラッシュザ・ゴッドファーザーホー・トレインの名称で得意とした。ベイダーは、そのまま体を預けて浴びせ倒すタイプや、トップロープ上から繰り出すものも披露している。また、側転して勢いを付けて決める者もいる。
フライング・ボディ・アタック
助走を付け相手に向かって大きくジャンプ、同時に空中で体を横向きに倒し、相手と交差するように腹部から相手にぶつかり、そのまま体を預けて浴びせ押し倒す技。海外ではフライング・クロス・ボディとも呼ばれる。
現在では基本的な飛び技の一つで、主に若手選手に使用者が多いが、かつてはマスカラス・ブラザーズ(ミル・マスカラスドス・カラス)が得意としていたことによって一躍脚光を浴びた、代表的な飛び技であった。
主な使用者は、マスカラス・ブラザーズの他、力皇猛初代タイガーマスクなど。
また、この技を場内から場外の相手に繰り出せば、プランチャ・スイシーダと呼ばれる技となる。
ダイビング・ボディ・アタック
コーナー最上段から立っている相手に対して飛んでいき、自らの体を浴びせ、そのまま押し倒す技。空中で自らの体を横向きにして、相手の体と自分の体が十字に交差するように浴びせるのが特徴。そのため海外ではダイビング・クロス・ボディとも呼ばれる。またメキシコではプランチャとも呼ばれる(後述のプランチャ・スイシーダとは別の技)。元々はルチャリブレのポピュラーな技で、日本ではミル・マスカラスが使用し脚光を浴びた。基本的な飛び技の一つであるため、若手のジュニアヘビー級選手がよく使用するが、例外として、ジャイアント馬場が若手〜全盛期の隠し技として使用していたことがある。
主な使用者としてミル・マスカラスとドス・カラスの他、リッキー・スティムボートジェイ・ヤングブラッド、初代タイガーマスクなど多数。
旋回式ボディ・アタック
コーナー最上段でリング内に背を向けて立った状態から後方へジャンプしつつ、空中で体を捻り、体を正面に向き直してボディ・アタックをする。主にコーナーへ飛び乗ってから繰り出す場合が多い。
主な使用者としては、ケビン・フォン・エリック、初代タイガーマスク、2代目タイガーマスクリチャード・スリンガーなど。
ムーンサルト・アタック
本来、コーナーポスト上から、寝ている相手の上に後方宙返りして繰り出すムーンサルト・プレスを、立っている相手に対して繰り出すもの。後方宙返り式の体当たり。エプロンサイドから場外の相手へ、ロープリバウンドを利用して繰り出せば、ラ・ケブラーダという技となる。
プランチャ・スイシーダ
場内から、場外への相手へ向けて、トップロープを飛び越えて繰り出すフライング・ボディ・アタック。元はルチャリブレの技である。

臀部・背面からぶつかるもの[編集]

ジャンピング・ヒップ・アタック
相手に向かってジャンプすると同時に空中で振り返り、臀部()を相手に突き出して相手にぶつける技。トップロープから繰り出せば、ダイビング・ヒップ・アタックと呼ばれる。ジミー・スヌーカチャボ・ゲレロ越中詩郎森嶋猛、女子では工藤めぐみ伊藤薫が主な使い手。森嶋は座っている相手に対し、助走を付けて前転しながら繰り出すローリング式も使う。"キラー・ビー" ことブライアン・ブレアーは、をモチーフとした自身のギミックに合わせ、ビー・スティンガーの名称で使用していた。工藤の場合デスマッチの途中でも使うことが多く、相手にかわされ有刺鉄線電流爆破に突っ込んで被爆するというのが定番であった。
背面式ボディ・アタック
前述のジャンピング・ボディ・アタックを、途中で振り返ることによって背面から相手にぶつかる技。主に串刺し式で使われる。スティーブ・ウィリアムスは側転してから決める形も使用した。
トペ・アトミコ
コーナーポスト上から飛んで空中で前転し、臀部や背面から相手に体当たりする技。場内から場外の相手に対して繰り出すものはトペ・コン・ヒーロと呼ばれる。また、ウルトラ・タイガー・ドロップとも呼ばれる。

その他[編集]

ランニング・エルボー・バットジャンピング・ニー・バットラリアット、エルボー・スイシーダなど、助走を付けたり、飛んで繰り出したりする打撃技も、広義では体当たりの一種と言える[2]

その他の格闘技[編集]

相撲
相撲での体当たりは、「ぶちかまし」と呼ばれ、激しいぶつかり合いを展開する事がある。詳細は「ぶちかまし」の頁を参照。
レスリング
レスリングにおけるテイクダウン技は「タックル」と呼ぶこともあるが、体当たりではない。詳細は「テイクダウン」の頁を参照。
中国武術
中国拳法では、体当たりに類する技が多く取り入れられている。
一つは肩を使うことで、発想として拳・肘・肩を同一のものとして捉え、一つの技であっても相手との距離によって使い分ける、とする。つまりごく接近していた場合、肩を使った当て身技が使われる。
もう一つは靠(こう)といわれる一連の技で、肩からの体当たりや腕を組み合わせてぶつかる技などがある。特に八極拳では鉄山靠といわれる背中を使っての体当たりがよく知られる。
剣道
剣道では打突の際の勢いで相手に体ごとぶつかることを体当たりという。鍔迫り合いも参照。

格闘技以外のスポーツ[編集]

殴る蹴るなどは格闘技であるから、相手との接触があり、格闘技でないスポーツにおいてはそのような形での接触は禁止されていることが多い。しかし体がぶつかり合うことはままあり、それを避けていては競技が成立しない。そのような場合、体当たりはある程度の範囲で認められる例がある。ルールとして成立している例も、禁止されてはいるが、ある範囲までは暗黙に認める場合もある。

フットボール
ラグビーアメリカンフットボールなどのフットボール競技では、「タックル」は体当たりの意味ではなく、相手選手の攻撃を阻止するため飛びつく技術である。しかし、激しいタックルは、まさに体当たりと同様となる場合も多い。詳細は「タックル (フットボール)」頁を参照。
サッカー
サッカーでは、ボールを保持する相手選手の動きを牽制する目的で、自分の肩を相手にぶつけるショルダーチャージまたは単にチャージと呼ばれる技術がある。ボールを持たない選手に対して行った場合や、肘より下の部分を使った場合、過度に激しく危険な場合は反則(ファウル)となる。 なお「タックル」と呼ぶ場合はスライディングタックルを指す。
野球
野球においては、ボールを保持した守備側の野手が、アウトにするために触球しようとして攻撃側の走者に接触し、体当たりとなることがある。特に本塁は得点にかかわるため、得点を防ごうとする捕手と得点しようとする走者が激しく接触するプレイが行われることがある。ボールを保持していない野手が走者の進路をふさぐことは走塁妨害となる(クロスプレイ#本塁上の捕手へのタックルやブロックについて参照)。

一般社会において[編集]

殴る蹴るは明らかに暴力であり、それが確認された場合、例えば暴行罪と認定しやすい。それを避けながら相手に威圧を与える目的で体からぶつかる、という場合がある。突進してゆくとこれも明らかに暴力的なので、ゆっくり接近して押しつけてゆく、という形になる。デモ行進で警官隊と押し合う際には、腕が腰より上に上がると公務執行妨害が成立するので、腕はおろして全身で押し合うことがある。

比喩用法[編集]

「体当たり」という言葉は、比喩的な用法として、仕事・作業や問題に「全力で取り組む」あるいは「難しく考えずに開き直って正面から取り組む」などの意味合いでも使用される。

映画などで「体当たりの演技」とは女優がヌードになることを示すことがある。

動物[編集]

動物の世界においても攻撃・防御において体当たりに類する行動をとる動物がいる。陸上脊椎動物では、前足を手として用いられないものが多いから、攻撃する場合、噛み付く、蹴る・体当たり位しか方法がない。いわば体当たりは最も汎用性のある方法である。イノシシカバなどはその代表的な例である。を持つものは角で突っかかるが、これも体当たり(むしろ頭突きであるが)のために発達した武器と見なせる。

魚類も、水中での争いで体当たり的な行動を取る例がある。アユ友釣りは、こうして体当たりしてきたものを引っかける方法である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 体当たりの意味は日本語独自の用法であり、英語では体当たりという意味の使用法は少ない(テイクダウンを参照)。
  2. ^ a b c d e f g h 流智美『これでわかったプロレス技』(上巻・下巻)ベースボールマガジン社

参考文献[編集]

  • 三省堂編集所『大きな活字のコンサイスカタカナ語辞典 第3版』三省堂
  • イミダス編集部『imidas現代人のカタカナ語欧文略語辞典 第1版』綜合社
  • イミダス編集部『imidas 2007年版』集英社
  • 新村出『広辞苑 第六版』岩波書店
  • 柴田武『新明解国語辞典 第6版』三省堂
  • 流智美『これでわかったプロレス技』(上巻・下巻)ベースボールマガジン社

関連項目[編集]