アルベルト・デル・リオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルベルト・デル・リオ
Alberto Del Rio 2010 Tribute to the Troops.jpg
プロフィール
リングネーム アルベルト・デル・リオ
アルベルト・バンデラス
ドス・カラス・ジュニア
エル・イホ・デ・ドス・カラス
本名 アルベルト・ロドリゲス
ニックネーム メキシカン・アリストクラト
エッセンス・オブ・エクセレンス
仮面一族の末裔
身長 196cm
体重 108kg
誕生日 1977年5月25日(37歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコメキシコシティ
所属 WWE
スポーツ歴 レスリング
トレーナー ドス・カラス
エル・シコデリコ
デビュー 2000年9月29日
テンプレートを表示

アルベルト・デル・リオAlberto Del Rio)、本名アルベルト・ロドリゲスAlberto Rodríguez1977年5月25日 - )はメキシコプロレスラーメキシコシティ出身。WWERAW所属。

ドス・カラスの息子であり、かつては自身もドス・カラス・ジュニアDos Caras Jr.)のリングネームを名乗り、父同様の覆面レスラーとしてDEEPPRIDEなどの総合格闘技にも参戦したことがある。

伯父ミル・マスカラスエル・シコデリコ従兄弟シコデリコ・ジュニアもプロレスラー。NXTレスリングに所属していたメモ・モンテネグロことギレルモ・ロドリゲスは弟である。

来歴[編集]

父や伯父の影響で14歳でレスリングを始め、体格に恵まれていたこともあり強豪としてならし、2000年にはシドニーオリンピックメキシコ代表に選ばれた。

マルコ・ファスに師事し、2001年から覆面(ハーフマスク)を被ったドス・カラス・ジュニアDos Caras Jr.)としてDEEPに参戦、史上初の覆面バーリ・トゥーダーとなった。当初は、覆面レスラーの総合格闘技参戦を疑問視する声が主流だったが、2001年8月18日『DEEP2001 in yokohama』で謙吾(パンクラスism)に右肘脱臼によるTKO勝ちを収めるなど高いレスリング技術を見せつけた。2002年3月30日のリベンジマッチでは、チョークスリーパーで一本負けを喫したが総合格闘家としての評価は高まった。

総合格闘家時代には、2001年10月14日に格闘探偵団バトラーツ『格闘ロマン2001 〜YUKI-BOM-BA-YA〜』にて村上和成に4分23秒反則勝ち、2003年10月5日『PRIDE 武士道』にてミルコ・クロコップに0分46秒左ハイキックでKO負け、2004年2月1日『PRIDE.27』にて中村和裕に0-3の判定負けなどの戦績を日本で残している。

プロレスでは2000年よりAAA、2002年には全日本プロレスファンタジーファイトWRESTLE-1プロレスリングZERO-ONEに参戦、2005年よりCMLLに所属。2009年からWWE傘下のFCWにおいて、アルベルト・バンデラスAlberto Banderas)のリングネームで活動。

2010年 Tribute to the Troops

2010年5月にはWWEのダーク・マッチハウス・ショーにて再びドス・カラス・ジュニアとして登場。7月からスマックダウンにてアルベルト・デル・リオAlberto Del Rio)にリングネームを変更してプロモーションを行う。専属リングアナリカルド・ロドリゲスを従え、高級車を乗り回し、メキシコの貴族出身を自称する高慢なヒールとして登場し(スペイン王家の血を引くメキシコの大富豪とアナウンスされた)、8月20日の放送においてレイ・ミステリオから勝利を奪うという破格のデビューを飾った。翌週にミステリオを襲撃し負傷させ、アングル上で休場に追い込んだ。その後クリスチャンと抗争するが、クリスチャンが大胸筋断裂で実際に負傷したため、ミステリオ同様の負傷アングルで抗争は終決。入れ替わりに10月1日の放送局移籍記念のスマックダウンにてミステリオが復帰、抗争が再開された。

11月に2年ぶりに開催されたキング・オブ・ザ・リング・トーナメントでは、予選で専属リングアナウンサーリカルド・ロドリゲスの援護もありビッグ・ショーにカウントアウトで勝利、1回戦でダニエル・ブライアンを破るが、2回戦でミステリオの邪魔が入りジョン・モリソンに敗れた。同年12月からのNXTシーズン4では、コナー・オブライアンブローダス・クレイを指導するプロとして登場した。

2011年1月30日、ロイヤルランブルボストン大会のランブル戦で優勝し、レッスルマニアでの世界ヘビー級王座への挑戦権を獲得。4月3日のレッスルマニアXXVIIアトランタ大会にてチャンピオンのエッジに挑戦するも敗退した。

その後、4月25日に行われたドラフトでRAWに移籍。6日後のエクストリーム・ルールズではエッジの引退によって空位になった世界ヘビー級王座の新王者を決定するラダー・マッチでクリスチャンと戦うも、エッジの介入もあり(自身もクレイやロドリゲスを介入させていた)敗れ王座戴冠は果たせなかった。

7月17日、マネー・イン・ザ・バンクにおいて8選手参加のマネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチに勝利し、いつでもどこでもWWE王座に挑戦できる権利を獲得。8月14日のサマースラムではCMパンクジョン・シナを破り統一WWE王者となったが、試合後にケビン・ナッシュが乱入しパンクを襲撃。そこへデル・リオが登場して挑戦権を行使し、パンクをフォール。メキシコ人初のWWE王者となるが、再戦権を行使したシナと9月18日のナイト・オブ・チャンピオンズにて対戦し敗退、王座を失った。

その後、10月2日のヘル・イン・ア・セルでのシナ&CMパンクとのトリプル・スレット・ヘル・イン・ア・セルに勝利して奪還。10月23日のヴェンジェンスでシナを破り防衛するも、11月20日のサバイバー・シリーズでCMパンクに王座を奪われた。その後、12月18日のTLCで王座奪還に失敗。さらに翌RAWでの試合で股関節を負傷し、欠場に追い込まれた。

2012年レッスルマニアXXVIIIの直後に復帰、世界ヘビー級王者であるシェイマスに反則勝ちし、世界王座挑戦権を獲得。以後、シェイマスとの抗争が展開されたが、王座獲得には至らなかった。9月よりオートンとの抗争を開始し、11月6日のスマックダウンで一騎打ちを行うも敗戦。オートンとの抗争終了後、TLCにてロドリゲスを襲った3MBを倒すためにフェイスターンする。

2013年1月8日、スマックダウンにて世界ヘビー級王者であるビッグ・ショーとラストマン・スタンディングマッチでの王座戦に挑戦し勝利。初の世界ヘビー級王座を戴冠した。その後もビッグ・ショーやジャック・スワガーから王座を守ったが、レッスルマニア直後のRAWのスワガー&ゼブ・コルター戦で足に大ダメージを負ったところをMr.マネードルフ・ジグラーに挑まれ、王座を失う。しかしその後、エクストリーム・ルールズでスワガーとのアイクイット戦に勝利して挑戦権を守り、6月のPPVペイバックにてジグラーと対戦。頭にダメージを受けていたジグラーの頭を何度も蹴って王座を再取得したことでファンの反感を買い、ヒールターンした。 ジグラーやクリスチャン、から王座を防衛したが、ロブ・ヴァン・ダムとの戦いでロドリゲスが用意した凶器のせいで敗戦。そのことでロドリゲスを叩き潰し、リング・アナをクビにした。さらにRVD&ロドリゲスと抗争を続けて王座を防衛するも、ヘル・イン・ア・セルにおいてシナによって王座を奪われてしまった。

2014年になり、ロイヤルランブルが近づくと、復帰と出場が決定したバティスタを倒すことを宣言する。その後彼の友人であるミステリオと3度勝負し、2度勝利するも、直後バティスタに投げ飛ばされた。 そしてロイヤルランブル本戦では、念願のバティスタ戦を終盤に迎えたが、すぐに脱落させられた。 続くPPVイリミネーションチェンバーでバティスタとの1対1での決着戦を組まれた。当日デルリオはケガを理由に出場拒否しようとしたが、フェイクであり手にしていた松葉杖を振りかざし奇襲をしかけたが敗退。 その後はヒール側のロースターと大差のないポジションでの起用が続きPPVマネー・イン・ザ・バンクのWWE世界ヘビー級争奪ラダー戦で久々に王座戦線に絡んだが王座奪取はならず。

人物[編集]

初代タイガーマスクの試合をビデオで見てプロレスラーを志した」と語るほど[1]、日本マットへの思い入れが強い。

得意技[編集]

現在のフィニッシャー。飛びつき腕挫き十字固め。総合格闘技で四点ポジションと呼ばれる相手が四つん這い状態からの巻き込み式や、仰向けにダウンしている相手に一般的な腕ひしぎ十字固めの要領でかける場合もある。
コーナーにもたれかかっている相手に対してよく使用する。たまにトップロープ上の相手にも使用する。場合によってはフィニッシャーに成り得る(主に不意打ちの時)。
  • ダブル・ニー・アームブリーカー
バックスタバーの要領で相手の腕に飛びつき引き倒しながら相手の腕にダメージを与える。基本的には正面から仕掛けるが、ごくまれに背後から仕掛ける場合もある。
尻もちをついたり膝から崩れている相手の顔面を狙って放つ。
ウルティモ・ゲレーロの得意技ゲレーロ・スペシャルと同型の雪崩式リバース・ブレーンバスター。
コーナーでの攻防時まれに使用する。
  • ダイビング・フットスタンプ
コーナーでの攻防時、相手を逆さ吊り状態にして上から踏み潰すタイプをごくまれに使用する。

獲得タイトル[編集]

WWE
CMLL

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 2 7 0 0 0 0
5 2 1 1 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ヤマモト・ハンシ 2R 2:47 TKO(パンチ連打) Cage of Combat 4: Spanish Bombs 2010年2月27日
アルター・バート 1R 3:51 KO(ハイキック) Cage of Combat 3: San Vale Tudo 2010年2月13日
森谷俊之 1R 3:17 ネッククランク Cage of Combat 1 2009年12月26日
イグナシオ・ラグーナ 2R 2:36 チョークスリーパー Berkman MMA Promotions 1 2008年12月15日
ハト・キヨシ 2R 2:31 チョークスリーパー MMA Xtreme 17 2007年12月15日
フォアオ・トゥア 1R 2:41 フロントチョーク MMA Xtreme 14 2007年10月13日
ジョージ・キング 1R 4:00 チョークスリーパー VFX: Vale Tudo Fighters Mexico 2007年5月27日
× 中村和裕 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE.27 TRIUMPHAL RETURN 2004年2月1日
× ミルコ・クロコップ 1R 0:46 KO(左ハイキック) PRIDE 武士道 2003年10月5日
ブラッド・コーラー 1R 1:25 タップアウト(右肩負傷) DEEP 12th IMPACT in OHTAKU 2003年9月15日
× 伊藤博之 1R 3:21 反則
(ロープを掴んでの攻撃)
DEEP 9th IMPACT in KORAKUEN HALL 2003年5月5日
中野巽耀 1R 4:05 チョークスリーパー DEEP2001 6th IMPACT in ARIAKE COLOSSEUM 2002年9月7日
× 謙吾 2R 3:56 チョークスリーパー DEEP2001 4th IMPACT in NAGOYA 2002年3月30日
謙吾 1R 0:50 TKO(ドクターストップ:右肘脱臼) DEEP2001 in YOKOHAMA 2001年8月18日

入場曲[編集]

  • Funba Rumba
  • Realeza - 現在使用中
  • Realeza 2013

脚註[編集]

  1. ^ 東京スポーツ 2012年5月19日号 28面 デル・リオ独占インタビュー参照

外部リンク[編集]