ジョー・アノアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマン・レインズ
Roman Reigns in Lafayette.jpg
プロフィール
リングネーム ローマン・レインズ
リーキー
ローマン・リーキー
本名 リーチ・ジョセフ・アノアイ
ニックネーム ザ・ボス
身長 192cm
体重 129kg
誕生日 1985年5月25日(29歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗 フロリダ州ペンサコーラ
所属 WWE
スポーツ歴 NFL
2007年 - ミネソタ・バイキングス
2007年 - ジャクソンビル・ジャガーズ
CFL
2008年 - エドモントン・エスキモーズ
トレーナー アファ・アノアイ
シカ・アノアイ
FCWスタッフ
デビュー 2010年
テンプレートを表示

ジョー・アノアイLeati Joseph "Joe" Anoa'i1985年5月25日 - )は、アメリカ合衆国の元アメリカンフットボール選手であり、プロレスラーフロリダ州ペンサコーラ出身。WWERAWローマン・レインズRoman Reigns)のリングネームで所属。

日本で放送をしているJ SPORTSでの日本語字幕での表記はロマン・レインズとなっている。

父はワイルド・サモアンズで活躍したシカ・アノアイ。兄はロージーなどのリングネームで活躍したマット・アノアイ

来歴[編集]

学生時代はジョージア工科大学にてアメリカンフットボールで活躍。同時期にアメフトを始めた従兄弟のウーソズとはよく一緒に練習をしており「三つ巴」と呼ばれていた。2007年NFLドラフト終了後の5月、ドラフト外フリーエージェントミネソタ・バイキングスに入団したが、同月下旬に解雇された[1]。同年8月、ジャクソンビル・ジャガーズに加入したが、数日後に解雇された[2]

7月にWWEにスカウトされるも、サインするまでに至らなかった。2008年には舞台をCFLに移してエドモントン・エスキモーズに入団。先発3試合を含む計5試合に出場し、9タックルをあげたが同年11月10日に解雇された[3]

2010年にWWEとディベロップメント契約。FCWにてトレーニングを開始。ローマン・リーキーRoman Leakee)のリングネームでデビューし、2011年からはリングネームをリーキーLeakee)に変更。ドニー・マーロウとタッグを組んでFCWフロリダタッグチーム王座奪取を狙ったが失敗し、シングルへと転向。

2013年、WWEタッグ王者時代

2012年1月、レオ・クルーガーFCWフロリダヘビー級王座を巡り抗争を開始するが、王座を奪取するに至らなかった。同年8月より成功したビジネスマンギミック、ローマン・レインズRoman Reigns)へと変更し数試合出場後、WWEのPPVであるSurvivor Series 2012のメインイベントであるCMパンクライバックジョン・シナによるトリプルスレットマッチにてディーン・アンブローズセス・ローリンズと共に乱入。場外へ逃れてきたライバックを捕え、3人で抱え上げて実況席へとパワーボムを見舞った。翌日のRAWにも3人で姿を現し、ライバックを強襲した。それから、WWEの不義を正す正義の盾というギミック、ザ・シールドThe Shield)なるユニットを名乗り活動。主に6人タッグマッチで、数々のスーパースターの急増チームを相手に勝利している。

2013年、5月のPPVであるExtreme Rules 2013にてローリンズとのタッグでチーム・ヘル・ノーWWEタッグ王座を賭けて対決し勝利。WWEタッグ王座を奪取した。以降、PPVやRAW、SmackDownで王座を防衛するも10月14日のRAWでコーディ・ローデス & ゴールダストとの王座戦の際にビッグ・ショーの介入に邪魔されてしまい敗戦。王座を奪われた。

11月24日、PPVであるSurvivor Series 2013にてサバイバー・シリーズ・エリミネーションマッチに出場し、歴代トップタイとなる4人抜きを達成する快挙を成し遂げた(もう一人はアジャ・コング)。

2014年1月26日、Royal Rumble 2014に出場。ロイヤルランブルマッチに出場した際にアンブローズに裏切られ落とされかけるが、直後にローリンズがアンブローズを責めたところをアントニオ・セザーロが2人を襲撃し、ロープ際の戦いとなったところで3人まとめて落とした。最終的には大会最高記録となる12人抜きの快挙を達成し、最後まで残るもバティスタとの直接対決にて投げ落とされてしまい優勝を逃した。

以降、上層部に逆いベビーターン。エボリューションと抗争を展開し、優勢だったが、6月2日のRAWにてローリンズに裏切られた。7月にはオーソリティーによりWWE世界ヘビー級王座を賭けた予選バトルロイヤルラダーマッチに出場する事を禁じられるが、ヴィッキー・ゲレロを挑発した事から予選、そして王座戦まで出場するも王座は奪取するに至らなかった。

9月21日、Night of Champions 2014が開催される前日に椎間板ヘルニアの症状が悪化。長期欠場する事になった。11月23日のSurvivor Series 2014にて順調に経過している事をPVを通して報告した。

12月14日、TLC&Sのセス・ローリンズ vs ジョン・シナ戦において、セコンドやビッグ・ショーの乱入でシナが劣勢になったところで登場し、スピアーやスーパーマン・パンチを連発してシナの勝利をアシストした。

その他[編集]

得意技[編集]

WWE昇格後、ザ・シールドの一員となってから重要な場面で起死回生の必殺技として使用している。
右拳を握り締めポーズを決めてから繰り出すパターンが基本だが、攻勢において不利になった場面においてカウンターとしても使用する。
ジャックナイフ・パワーボム
FCW時代のフィニッシャー。バックスープレックス・サイドスラム
スピニング・ブルドッグ
相手の頭部をリング内からエプロンに突き出るように据え、自らは場外に降りリングサイドを助走して相手に跳び上がり式の前蹴りを見舞う。自らは尻餅を付くようにエプロンに着地する。

獲得タイトル[編集]

WWE

w / セス・ローリンズ

FCW

w / マイク・ダルトン

入場曲[編集]

  • Special Op
  • The Truth Reigns - 現在使用中

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Tim Yotler (2007年5月30日). “Vikings Release Two Linemen”. scout.com. 2013年8月13日閲覧。
  2. ^ Jason Taylor (2010年7月1日). “WWE Signs Joe Anoa'i To Developmental Contract”. bleacherreport.com. 2013年8月13日閲覧。
  3. ^ CHRIS O'EARY (2013年5月26日). “Former Eskimos defensive lineman finds new career with World Wrestling Entertainment”. エドモントン・ジャーナル. 2013年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]