ダスティン・ローデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダスティン・ローデス
Goldust WWE.jpg
ゴールダスト(2011年)
プロフィール
リングネーム ゴールダスト
ダスティン・ローデス
ダスティ・ローデス・ジュニア
ダスティン・ラネルズ
セブン
ゴールド・ダスティン
ブラック・レイン
本名 ダスティン・パトリック・ラネルズ
ニックネーム ゴールディー
変態王子
ザ・ナチュラル
身長 195cm
体重 110kg - 120kg
誕生日 1969年4月11日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州オースティン
スポーツ歴 レスリング
アメリカンフットボール
トレーナー ダスティ・ローデス
デビュー 1988年
テンプレートを表示

ダスティン・ローデスDustin Rhodes、本名:Dustin Patrick Runnels1969年4月11日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州オースティン出身。

ゴールダストGoldust)、ダスティ・ローデス・ジュニアDusty Rhodes Jr.)などのリングネームで知られる。ゴールダストとしてのギミック上の設定では「カリフォルニア州ハリウッド出身」ということになっている。

父は元NWA世界ヘビー級王者"アメリカン・ドリーム" ダスティ・ローデスコーディ・ローデスは異母弟。かつてWWEディーヴァとして活躍したテリー・ラネルズと結婚していたが現在は離婚している。

来歴[編集]

往年の名レスラー、ダスティ・ローデスの息子として生まれる。学生時代はレスリングアメリカンフットボールに打ち込み、高校卒業後の1988年ダスティン・ローデスのリングネームでデビュー。父の主戦場だったNWAフロリダ地区で活動し、1989年3月には全日本プロレスに初来日している。1990年の末より短期間WWF(現・WWE)に参戦。当時、ダスティ・ローデスもWWFに在籍しており、1991年1月19日のロイヤルランブルではテッド・デビアス&バージルを相手に初の親子タッグが実現した。

1991年2月よりダスティと共にWCWに移籍。ザ・ナチュラルThe Natural)をニックネームに父同様のベビーフェイスとして売り出され、同年11月19日にはリッキー・スティムボートと組んでアーン・アンダーソン&ラリー・ズビスコからWCW世界タッグ王座を奪取[1]1992年9月21日にもバリー・ウインダムとのコンビでテリー・ゴディ&スティーブ・ウィリアムスを破り同王座を獲得している[1](この間、1992年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会に来日。ダスティとの親子タッグでマサ斎藤&キム・ドクに勝利した)。シングルでは1993年1月11日、アトランタで行われたトーナメントの決勝でスティムボートを下しUSヘビー級王座を獲得[2]。以降は同王座を巡りリック・ルードと抗争を展開した。

1995年9月にWWFに移籍。WCW時代の南部人キャラクターとは対照的に、金色のコスチュームとペイントで身を包んだ性倒錯ギミックヒールゴールダストに変身する。マレーナ(当時の妻テリー・ラネルズ)をマネージャーに従え[3]レイザー・ラモンサビオ・ベガロディ・パイパーアーメッド・ジョンソンらと抗争。1996年1月21日にはラモンからインターコンチネンタル王座を奪取した[4]

1998年1月からはルナ・バションを新しいマネージャーに、プリンスにインスパイアされた "The Artist Formerly Known As Goldust" を名乗り出し、より変態的なキャラクターとなってベイダーマーク・メロと抗争。その後、性同一性障害者団体からのクレームにより、一時期は本名のダスティン・ラネルズ名義で説教者ギミックに転身するも、1998年10月よりゴールダストとしてカムバック。欠場中にマレーナを寝取ったバル・ビーナスとの抗争を開始する。1999年3月29日にはロード・ドッグを破りインターコンチネンタル王座に返り咲き[4]、以降もアル・スノーザ・ゴッドファーザーを抗争相手にミッドカード戦線で活躍した。

1999年下期よりWCWに復帰し、セブンSeven)なる怪奇派ギミックを経て素顔のダスティン・ローデスに戻る。しかし2001年にWCWがWWFに吸収合併され消滅。以後、父ダスティが旗揚げしたTCW(Turnbuckle Championship Wrestling)を経て、2002年1月20日のロイヤルランブルでゴールダストとしてWWFに再登場した。性倒錯から男色キャラへとギミックが修正され、コスプレブッカー・Tとのストーリーで人気を博す。2003年エボリューションの襲撃を受け、電気のブレーカーに叩きつけられた際に感電したとして、以降トゥレット症候群のような症状が出る設定になったが、次第に人気が下降し同年12月に解雇された。

その後、ZERO-ONEハッスルダスティ・ローデス・ジュニアとして参戦した後、ダスティン・ローデスとしてTNAに登場するが2005年に女性への暴行罪で逮捕されたことが原因で解雇される。同年、タブー・チューズデイでWWEにゴールダストとしてスポット参戦。翌2006年に再契約し、RAWに復帰するも6月に解雇となった。

2007年2月17日、ゴールド・ダスティンGold Dustin)のリングネームで全日本プロレスに参戦。同年7月には再びTNAに登場し、8月12日に行われたPPV大会ハードジャスティスでは、全身黒一色のブラック・レインBlack Reign)に変身した。

ゴールダスト(2010年)

2008年10月26日、WWEサイバー・サンデーにゴールダストとしてサンティーノ・マレラの対戦候補で出場。そのままWWEと再契約し、主にRAWのコメディリリーフを務める。その後2009年の追加ドラフトでRAWに移籍してきたホーンスワグルと共に活動していたが、6月のトレードでECWへ移籍し、新人のシェイマスとの抗争やヨシ・タツとのコンビで活動。番組終了後は2010年3月3日よりスマックダウンに移籍するもほとんどTV出演することなく、4月末の追加ドラフトによりRAWへ移籍した。

素顔のダスティン・ローデス

NXTシーズン3ではアクサナを指導するプロとして登場。当初は師弟関係であったが次第にゴールダストが恋愛対象としてアクサナを見るようになり、彼女もそれを応えるようになった。10月のRAWではテッド・デビアス・ジュニアからミリオンダラー・ベルトを強奪。これがきっかけでアクサナと共に、デビアス・ジュニア&マリースとの抗争を開始する。10月19日のNXTにおいて国外退去の危機にあるアクサナを救うためにプロボーズをし、11月2日にリング上で結婚式を挙行、父のダスティ・ローデス、異母弟のコーディ・ローデスも出席した。デビアス・ジュニアとマリースが式を邪魔しに来るが、神父にテッド・デビアスが登場。順調に式が進むも、誓いのキスを行おうとした瞬間、アクサナがゴールダストに平手打ちを放ち、破局となった。破局後もミリオンダラー・ベルトはアクサナが持っていたが11月15日、"Old School edition" と銘打って行われたスペシャル版のRAWでゴールダストに取り返される。その後ゴールダストは正統な持ち主であるデビアス(ミリオンダラー・マン)に返還し、抗争は終了した。

12月に肩を負傷し長期欠場となり、その間はバックステージ・プロダクターとして番組を支えていた。2012年に盟友ブッカー・Tと異母弟コーディ・ローデスの抗争に際して、素顔のダスティン・ローデスとしてスマックダウンに登場、ブッカーを擁護し、コーディに警告を投げかけた。

2012年4月27日に行われたスマックダウンでのヨシ・タツ&エゼキエル・ジャクソン対プライムタイム・プレイヤーズ(ダレン・ヤング&タイタス・オニール)戦において、プライムタイム・プレイヤーズがヨシ・タツに放った合体技が危険であったという理由で、その試合の責任者だったダスティン・ローデスはロード・エージェントを解任された。

2013年、ロイヤルランブルに出場。弟のコーディ・ローデスと長く戦った末途中敗退。 同年9月、コーディがCOOであるHHHのやり方に異を唱えた末に解雇され(アングル上)、翌週にコーディの復帰をかけてランディ・オートンとの試合を行うが敗戦してしまう。さらには翌週父ダスティンがステファニー・マクマホンの策略によりビッグ・ショーにKOパンチを浴びせられてしまう。その後もHHHらとの抗争をつづけ、10月6日に行われるバトルグラウンドにてコーディとタッグを組み、ローマン・レインズ&セス・ローリンズシールド)との、「勝利すれば兄弟共に団体復帰」「敗北すれば今後一切WWEにかかわれない」とのコントラタッグ戦を行い勝利、兄弟での団体復帰が決定した。現地時間の10月14日のRAWで反体制派となったビッグ・ショーの助けも有り、シールドを撃破。コーディ・ローデスと共にタッグチャンピオンを獲得。 シールドやウーソズ、リアル・アメリカンズ、ワイアット・ファミリーらから王座を防衛し続けるも、ロイヤルランブル2014のプレショーにおいてニュー・エイジ・アウトローズに敗れ王座陥落。

その後もウーソズやワイアット・ファミリー、ライバクセルとのタッグ戦線での不調が続き、ついに6月のペイバックにて、弟にタッグ解消を公言された。コーディは新パートナーを探すと言い、数名の新パートナーを経て、6月16日のRAWにて、ゴールダストのコスチュームなどの外見を模倣したスターダストを名乗り新パートナーとなった。 長らく、弟と共に不思議なやり取りを続けるスキットを展開し、サマースラム2014明けの、8月18日のRAWにおいてタッグ王者ウーソズに勝利。翌週はタッグ王座戦にこぎつけたものの、リングアウト勝ちにより王座を奪えなかった不満から弟共々ヒールターンを果たした。

入場曲[編集]

  • Gold-Lust
  • The Natural

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWA
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座 : 1回
  • NWAフロリダ・タッグ王座 : 1回(w / マイク・グラハム)
WCW
WWF / WWE
インディー
  • CCWヘビー級王座 : 1回
  • TCWヘビー級王座 : 1回

脚注[編集]

  1. ^ a b WCW World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月7日閲覧。
  2. ^ WCW United States Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月7日閲覧。
  3. ^ ゴールダストは「ハリウッド出身の映画マニア」という設定のため(得意技も映画にちなんだネーミングが施されている)、マレーナは彼の試合を映像作品として監督・演出する「ディレクター」と呼ばれ、試合中はシガーを吹かしながらディレクターズ・チェアに座って彼に指示を与えていた。
  4. ^ a b History of the Intercontinental Championship”. WWE.com. 2010年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]