WWE世界ヘビー級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WWE王座から転送)
移動: 案内検索
WWE世界ヘビー級王座
詳細
現王者 ブロック・レスナー
獲得日 2014年8月17日
管理団体 WWE
創立 1963年4月29日

WWE世界ヘビー級王座 (WWE World Heavyweight Championship) は、アメリカ合衆国プロレス団体WWEにおける王座の一つである。

王座を巡る抗争は番組のメインストーリーとして扱われている。

歴史[編集]

王座創設はWWEの前身であるWWWF設立前の1963年1月25日とされる。初代王者はリオデジャネイロでのトーナメントを勝ち抜いたバディ・ロジャースで、決勝の相手はアントニオ・ロッカとされている。もっとも、このトーナメントは実際には行われていない(なお、この前日の24日にはトロントでロジャーズ対ルー・テーズNWA世界ヘビー級王座戦が行われ、ロジャースが王座転落)。その数か月後、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにてブルーノ・サンマルチノがロジャースを圧倒的な試合展開で下し、以後約8年間の長きに渡り王座を保持した。

1971年よりプエルトリカンペドロ・モラレスが新王者となり、イタリア移民のサンマルチノに続くニューヨークのマイノリティのヒーローとして活躍。以後、ショーマン派のスーパースター・ビリー・グラハムやアスリート系のボブ・バックランドが戴冠した。1979年には日本でアントニオ猪木が王座を獲得したが、猪木の戴冠についてはWWEが認めている時期と認めていない時期があり、現在の公式年表に猪木の名はない。しかし2010年の猪木のWWE殿堂入りを機に再び認められる可能性もある。

ビンス・マクマホン・シニアが死去し、ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下でWWFの全米侵攻がスタートした1984年からは、ハルク・ホーガンを主軸とした王座争いに移行。ランディ・サベージアルティメット・ウォリアーなども王者となり、WWFのファミリー・エンターテインメント路線を牽引した。ホーガンがWCWに移籍した1993年以降は、ニュー・ジェネレーション路線としてブレット・ハートショーン・マイケルズが王座戦線の主役となった。

1997年、WWFは視聴率争いで一歩リードされていたWCWに対抗するために、これまでのプロレスの常識を覆すソープオペラ調のストーリー、アティテュード路線に切り替える。以降、ストーン・コールド・スティーブ・オースチンザ・ロックトリプルHらを中心とした王座争いがドラマ仕立てで展開され、WWFの会長であるビンス・マクマホンまでもが王者になるということもあった。

2001年12月9日に開催されたヴェンジェンスではWWF王座とWCW王座を統一したWWF統一王座が新設され、クリス・ジェリコ、ザ・ロック、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン、カート・アングルの4名によるトーナメントの結果、クリス・ジェリコが初代統一王座を戴冠した。今なおジェリコは「一夜でロックとオースチンを倒した唯一の男」と喧伝されている。

2002年8月25日に開催されたサマースラムでの統一王座戦ザ・ロックvsブロック・レスナーでレスナーがロックに勝利し王座を奪取。当時統一王者はRAW、SmackDown!両方の番組に出ることが可能であったが、レスナーはSmackDown!専属となり名称もWWE王座と改称される。以降はSmackDown!が王座を管轄し、RAWには世界ヘビー級王座が新設され、WWE王座と同等の扱いの王座となった。

2005年4月3日に開催されたWresleMania 21ジョン・シナJBLから王座を奪取し、6月のドラフトで王座を持ったままRAWに移籍。

2008年開催のドラフトでは、トリプルHが王座を持ったままSmackDown!へと移籍。 翌2009年開催のドラフトでも、トリプルHが王座を保持したままRAWへと移籍。

2013年TLC戦で、ランディ・オートンが、ジョン・シナとの王座統一戦で制し、名称もWWE・世界ヘビー級王座と改称される。これにより、11年間同じ最高位の王座としてあった世界ヘビー級王座は廃止されることになった。

また、名称はWWWF世界ヘビー級王座、WWWFヘビー級王座、WWFヘビー級王座、WWF世界ヘビー級王座、WWF王座、WWF統一王座、WWE統一王座、WWE王座などを辿って現在の名称となった。

現時点での同王座の最多獲得記録はジョン・シナの12回である。

歴代王者[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 番組 試合形式
バディ・ロジャース 1 1963年1月25日 N/A Awarded
ブルーノ・サンマルチノ 1 1963年5月17日 - One Fall
イワン・コロフ 1 1971年1月18日 - One Fall
ペドロ・モラレス 1 1971年2月8日 - One Fall
スタン・スタージャック 1 1973年12月1日 - One Fall
ブルーノ・サンマルチノ 2 1973年12月10日 - One Fall
スーパースター・ビリー・グラハム 1 1977年4月30日 - One Fall
ボブ・バックランド 1 1978年2月20日[1] - One Fall
アイアン・シーク 1 1983年12月26日 - One Fall
ハルク・ホーガン 1 1984年1月23日 - One Fall
アンドレ・ザ・ジャイアント 1 1988年2月5日 The Main Event One Fall
テッド・デビアスに贈与したため空位
ランディ・サベージ 1 1988年3月27日 WrestleMania IV Tourn. Final
ハルク・ホーガン 2 1989年4月2日 WrestleMania V One Fall
アルティメット・ウォリアー 1 1990年4月1日 WrestleMania VI One Fall
サージェント・スローター 1 1991年1月19日 Royal Rumble 1991 One Fall
ハルク・ホーガン 3 1991年3月24日 WrestleMania VII One Fall
ジ・アンダーテイカー 1 1991年11月27日 Survivor Series 1991 One Fall
ハルク・ホーガン 4 1991年12月3日 This Tuesday in Texas One Fall
※空位
リック・フレアー 1 1992年1月19日 Royal Rumble 1992 Royal Rumble
ランディ・サベージ 2 1992年4月5日 WrestleMania VIII One Fall
リック・フレアー 2 1992年9月1日 Prime Time Wrestling One Fall
ブレット・ハート 1 1992年10月12日 Prime Time Wrestling One Fall
ヨコズナ 1 1993年4月4日 WrestleMania IX One Fall
ハルク・ホーガン 5 1993年4月4日 WrestleMania IX One Fall
ヨコズナ 2 1993年6月13日 King of the Ring 1993 One Fall
ブレット・ハート 2 1994年3月20日 WrestleMania X One Fall
ボブ・バックランド 2 1994年11月23日 Survivor Series 1994 Submission
ディーゼル 1 1994年11月26日 House Show One Fall
ブレット・ハート 3 1995年11月19日 Survivor Series 1995 No DQ
ショーン・マイケルズ 1 1996年3月31日 WrestleMania XII Iron Man
サイコ・シッド 1 1996年11月17日 Survivor Series 1996 One Fall
ショーン・マイケルズ 2 1997年1月19日 Royal Rumble 1997 One Fall
※王者負傷のため空位
ブレット・ハート 4 1997年2月16日 In Your House #13 Fatal Four-Way Elimination
サイコ・シッド 2 1997年2月17日 RAW is War One Fall
ジ・アンダーテイカー 2 1997年3月23日 WrestleMania 13 No DQ
ブレット・ハート 5 1997年8月3日 SummerSlam 1997 One Fall
ショーン・マイケルズ 3 1997年11月9日 Survivor Series 1997 One Fall
ストーン・コールド・スティーブ・オースチン 1 1998年3月29日 WrestleMania XIV One Fall
ケイン 1 1998年6月28日 King of the Ring 1998 First Blood
ストーン・コールド・スティーブ・オースチン 2 1998年6月29日 RAW is War One Fall
※王座空位を発表
ザ・ロック 1 1998年11月15日 Survivor Series 1998 Tourn. Final
マンカインド 1 1999年1月4日 RAW is War No DQ
ザ・ロック 2 1999年1月24日 Royal Rumble 1999 "I Quit"
マンカインド 2 1999年1月31日 Halftime Heat Empty Arena
ザ・ロック 3 1999年2月15日 RAW is War Ladder
ストーン・コールド・スティーブ・オースチン 3 1999年3月28日 WrestleMania XV No DQ
ジ・アンダーテイカー 3 1999年5月23日 Over the Edge 1999 One Fall
ストーン・コールド・スティーブ・オースチン 4 1999年6月28日 RAW is War One Fall
マンカインド 3 1999年8月22日 SummerSlam 1999 Triple Threat
トリプルH 1 1999年8月23日 RAW is War One Fall
ミスター・マクマホン 1 1999年9月14日 SmackDown! One Fall
※王座返上
トリプルH 2 1999年9月26日 Unforgiven 1999 Six-Pack Challenge
ビッグ・ショー 1 1999年11月14日 Survivor Series 1999 Triple Threat
トリプルH 3 2000年1月3日 RAW is War One Fall
ザ・ロック 4 2000年4月30日 Backlash 2000 One Fall
トリプルH 4 2000年5月21日 Judgment Day 2000 Iron Man
ザ・ロック 5 2000年6月25日 King of the Ring 2000 6Man Tag
カート・アングル 1 2000年10月22日 No Mercy 2000 No DQ
ザ・ロック 6 2001年2月25日 No Way Out 2001 One Fall
ストーン・コールド・スティーブ・オースチン 5 2001年4月1日 WrestleMania X-Seven No DQ
カート・アングル 2 2001年9月23日 Unforgiven 2001 One Fall
ストーン・コールド・スティーブ・オースチン 6 2001年10月8日 RAW One Fall
クリス・ジェリコ 1 2001年12月9日 Vengence 2001 Tourn. Final
※WCW王座と統合し、WWF統一王座に改称
トリプルH 5 2002年3月17日 WrestleMania X8 One Fall
ハルク・ホーガン 6 2002年4月21日 Backlash 2002 One Fall
ジ・アンダーテイカー 4 2002年5月19日 Judgment Day 2002 One Fall
※団体名がWWEに変更されたため、WWE統一王座に改称
ザ・ロック 7 2002年7月21日 Vengence 2002 Triple Threat
ブロック・レスナー 1 2002年8月25日 SummerSlam 2002 One Fall
※ブロック・レスナーがSmackDown!専属となったため、WWE王座に改称。SmackDown!管轄となる
ビッグ・ショー 2 2002年11月17日 Survivor Series 2002 One Fall
カート・アングル 3 2002年12月15日 Armageddon 2002 One Fall
ブロック・レスナー 2 2003年3月30日 WrestleMania XIX One Fall
カート・アングル 4 2003年7月27日 Vengence 2003 Triple Threat
ブロック・レスナー 3 2003年9月16日 SmackDown! Iron Man
エディ・ゲレロ 1 2004年2月15日 No Way Out 2004 One Fall
ジョン・ブラッドショー・レイフィールド 1 2004年6月27日 The Grate American Bash 2004 Texas Bullrope
ジョン・シナ 1 2005年4月3日 WresleMania 21 One Fall
※ジョン・シナがドラフトでRAW移籍のため、RAW管轄となる
エッジ 1 2006年1月8日 New Year's Revolution 2006 One Fall(Money in the bank)
ジョン・シナ 2 2006年1月29日 Royal Rumble 2006 One Fall
ロブ・ヴァン・ダム 1 2006年6月11日 One Night Stand 2006 One Fall(Money in the bank)
エッジ 2 2006年7月3日 RAW Triple Threat
ジョン・シナ 3 2006年9月17日 Unforgiven 2006 TLC
※王者負傷のため王座返上
ランディ・オートン 1 2007年10月7日 No Mercy 2007 Awarded
トリプルH 6 2007年10月7日 No Mercy 2007 One Fall
ランディ・オートン 2 2007年10月7日 No Mercy 2007 Last Man Standing
トリプルH 7 2008年4月27日 Backlash 2008 Fatal Four-Way Elimination
※トリプルHがドラフトでSmackDown!移籍のため、SmackDown!管轄となる
エッジ 3 2008年11月23日 Survivor Series 2008 Triple Threat
ジェフ・ハーディー 1 2008年12月14日 Armageddon 2008 Triple Threat
エッジ 4 2009年1月25日 Royal Rumble 2009 No DQ
トリプルH 8 2009年2月15日 No Way Out 2009 Elimination Chamber
※トリプルHがドラフトでRAW移籍のため、RAW管轄となる
ランディ・オートン 3 2009年4月26日 Backlash 2009 6Man Tag
バティスタ 1 2009年6月7日 Extreme Rules 2009 Steel Cage
※王者負傷のため空位
ランディ・オートン 4 2009年6月15日 RAW Fatal Four-Way
ジョン・シナ 4 2009年9月13日 Breaking Point "I Quit"
ランディ・オートン 5 2009年10月4日 Hell in a Cell 2009 Hell in a Cell
ジョン・シナ 5 2009年10月25日 Bragging Rights 2009 Iron Man
シェイマス 1 2009年12月13日 TLC 2009 Table
ジョン・シナ 6 2010年2月21日 Elimination Chamber 2010 Elimination Chamber
バティスタ 2 2010年2月21日 Elimination Chamber 2010 One Fall
ジョン・シナ 7 2010年3月28日 WrestleMania XXVI One Fall
シェイマス 2 2010年6月20日 Fatal 4 Way Fatal Four-Way
ランディ・オートン 6 2010年9月19日 Night of Champions 2010 Six-Pack Elimination
ザ・ミズ 1 2010年11月22日 RAW One Fall(Money in the bank)
ジョン・シナ 8 2011年5月1日 Extreme Rules 2011 Triple Threat Steel Cage
CMパンク 1 2011年7月17日 Money in the Bank 2011 One Fall
※王者退団のため空位[2]
レイ・ミステリオ 1 2011年7月25日 RAW Torn.final
ジョン・シナ 9 2011年7月25日 RAW One Fall
SummerSlam 2011にてCMパンクにより王座統一[3]
アルベルト・デル・リオ 1 2011年8月14日 SummerSlam 2011 One Fall(Money in the bank)
ジョン・シナ 10 2011年9月18日 Night of Champions 2011 One Fall
アルベルト・デル・リオ 2 2011年10月2日 Hell in a Cell 2011 Triple Threat Hell in a Cell
CMパンク 2 2011年11月20日 Survivor Series 2011 One Fall
ザ・ロック 8 2013年1月27日 Royal Rumble 2013 One Fall
ジョン・シナ 11 2013年4月7日 WrestleMania 29 One Fall
ダニエル・ブライアン 1 2013年8月18日 Summer Slam 2013 One Fall
ランディ・オートン 7 2013年8月18日 SummerSlam 2013 One Fall(Money in the bank)
ダニエル・ブライアン 2 2013年9月15日 Night of Champions 2013 One Fall
※トリプルHが空位を発表[4]
ランディ・オートン 8 2013年10月27日 Hell in a Cell 2013 Hell in a cell
※TLC戦で王座統一戦が行われWWE・世界ヘビー級王座に改称。
ダニエル・ブライアン 3 2014年4月6日 Wrestle Mania XXX Triple threat
※2014年6月9日のRAWでステファニー・マクマホンがダニエル・ブライアンの負傷を理由に王座を剥奪し空位にすることを発表。
ジョン・シナ 12 2014年6月29日 Money in the Bank 2014 Ladder match
ブロック・レスナー 4 2014年8月17日 Summer Slam 2014 One fall

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この在位期間中の1979年11月30日に日本でアントニオ猪木が王座を獲得しているが、現在この記録は公式には認められていない。
  2. ^ 実際にはCMパンクも同時に王座を保持していた。
  3. ^ アングル上CMパンクがWWEを退団し、トーナメントが行われミステリオが優勝し、ジョン・シナとの防衛戦を組むための暫定の新チャンピオンとなり、同日ミステリオに勝利したシナがチャンピオンとなったが、直後CMパンクもベルトを持って電撃復帰し王者が二人存在する状況になったため統一戦が行われた。
  4. ^ ナイト・オブ・チャンピオンズでのWWE王座戦でダニエル・ブライアンが勝利した際、レフリーのスコット・アームストロングが3カウントを数えるのが早かったとしてトリプルHがWWE王座を空位にすることを発表。

外部リンク[編集]