ライノ (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライノ
ライノの画像
プロフィール
リングネーム ライノ
ライノ・リチャーズ
テリー・リチャーズ
本名 テリー・ゲリン
ニックネーム ザ・ウォー・マシーン
獣人
身長 185cm
体重 125kg
誕生日 1975年10月7日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州デトロイト
所属 ROH
トレーナー スコット・ディアモーレ
デビュー 1994年
テンプレートを表示

ライノRhyno、またはRhino)のリングネームで知られるテリー・ゲリンTerry Gerin1975年10月7日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーミシガン州デトロイト出身。

リングネームはサイ(Rhinoceros)に由来。"The War Machine" "The Man Beast" などの異名を持つブルファイターとして、ECWWWETNAなど各団体で活躍している。

来歴[編集]

1994年テリー・リチャーズリングネームでデビューし、地元ミシガンのMWCWやカナダのBCWなど各地のインディー団体を転戦[1]。この時期に、若手時代のクリスチャン・ケイジエッジらとユニットを結成したこともあった。

1997年オットー・ワンツが主宰していたドイツオーストリアのCWAに、ライノ・リチャーズと名乗って参戦。ジャン=ピエール・ラフィットらと組んでCWA世界タッグ王座を獲得し[2]トニー・セント・クレアー西村修とも対戦した[1]

1999年よりECWに登場、サイラス・ザ・ヴァイラス率いるザ・ネットワークの一員となり[3]ヒールの主力選手として活躍する。2001年1月7日のPPV "Guilty as Charged" ではサンドマンからECW世界ヘビー級王座を奪取し、ECW存続時における同王座の最後のチャンピオンとなった[4]

2001年のECW崩壊後はWWFに移籍し、旧友のエッジ&クリスチャンと共闘。同年4月1日の『レッスルマニアX-Seven』において、ハーディー・ボーイズダッドリー・ボーイズを相手にTLC形式のWWF世界タッグ王座戦を行ったエッジ&クリスチャンの勝利を援護した。以後、WWEでは中堅選手として活動し、ECW時代の盟友タジリらとタッグチームを組むなどしたが、2005年4月に解雇された。しかし、解雇後も同年6月に行われたWWE主催の『ECWワン・ナイト・スタンド』には出場している。

WWE解雇後はTNAに所属。2005年10月23日にはジェフ・ジャレットからNWA世界ヘビー級王座を奪取したが、11月3日にジャレットに奪還された。2006年はクリスチャン・ケイジやA・J・スタイルズと抗争。2007年11月には新日本プロレス両国国技館大会に来日した。以降もTNAの主力として活躍し、2008年12月のPPV "Final Resolution" ではカート・アングルと対戦、2009年1月の "Genesis" ではスティングTNA世界ヘビー級王座に挑戦している。2010年7月からは、ミック・フォーリーロブ・ヴァン・ダムトミー・ドリーマーレイヴェンスティービー・リチャーズチーム3Dアル・スノーらとTNA版ECWオリジナルズであるEV 2.0Extreme, Version 2.0)を結成した。

2011年にTNAを離れてからは、ICPの主宰するJCWなどに出場。5月には新日本プロレスのアメリカ東部サーキットに同行し、最終戦15日のフィラデルフィアにおけるアサイラム・アリーナ(旧ECWアリーナ)での興行では、ハードコア・マッチ真壁刀義と対戦した[5]。1月よりROHにスポット参戦していたが、8月より正式に所属となる。

得意技[編集]

ゴア
スピアー。代表的なフィニッシャーと知られる。
ライノ・ドライバー
スパイク・パイルドライバー

獲得タイトル[編集]

ECW
WWE
TNA
その他

脚注[編集]

  1. ^ a b Matches von Rhino 1995-1997”. Cagematch. 2011年5月30日閲覧。
  2. ^ CWA World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月30日閲覧。
  3. ^ Faction Profiles: The Network”. Online World of Wrestling. 2011年5月30日閲覧。
  4. ^ ECW World Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月30日閲覧。
  5. ^ 真壁がハードコアの殿堂で咆哮! 5.15アサイラム・アリーナ大会結果!!”. 新日本プロレス オフィシャル・ウェブサイト. 2011年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]