ダッチ・マンテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダッチ・マンテル
ダッチ・マンテルの画像
ゼブ・コルター(2013年)
プロフィール
リングネーム "ダーティー" ダッチ・マンテル
ダッチ・バス
テキサス・ダート
アンクル・ゼベカイア
アンクル・ゼブ
ゼブ・コルター
本名 ウェイン・キーオン
身長 183cm
体重 107kg(全盛時)
誕生日 1949年11月29日(65歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州オイル・トラフ
デビュー 1973年
テンプレートを表示

"ダーティー" ダッチ・マンテル"Dirty" Dutch Mantel、本名:Wayne Keown1949年11月29日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州オイル・トラフ出身。

生年は1952年ともされる[1]。引退後はインディー団体のプロデューサーとなって活動し、2003年から2009年にかけてはTNAにてブッカーを担当していた[2]

近年はWWEにて、ゼブ・コルターZeb Colter)の名でレスラーのマネージャーを務めている。

来歴[編集]

1973年のデビュー以来、テネシー州メンフィスNWAミッドアメリカ地区(後のCWA)を中心に活動。ロン・バスデビッド・シュルツジプシー・ジョーらと組んでヒールのキャリアを積み、1978年3月にはランディ・サベージを破りミッドアメリカ・ヘビー級王座を獲得した[3]

1979年プエルトリコWWCに遠征し、その提携ルートで翌1980年1月、ビル・ロビンソンブルーザー・ブロディアンジェロ・モスカなどが同時参加した全日本プロレスの『新春ジャイアント・シリーズ』に初来日している[4]1981年ジム・バーネットの主宰するジョージア・チャンピオンシップ・レスリングにも参戦し、ケビン・サリバンからNWAジョージア・ジュニアヘビー級王座を奪取した[5]

以降も1980年代全般に渡ってCWAを主戦場に、喧嘩ファイトを身上とするヒールとして活躍。1981年から1983年にかけて、ジェリー・ローラービル・ダンディーAWA南部ヘビー級王座を巡る抗争を繰り広げた[6][7]1984年4月には、テリー・ファンクのブッキングで旧UWFの旗揚げシリーズにボブ・スウィータンスコット・ケーシーと共に来日。開幕戦のメインイベントで前田日明と対戦した。

CWAではベビーフェイスに転向してローラーやダンディーのタッグパートナーを務めたこともあり、1985年11月にダンディーと組んでスティーブ・カーンスタン・レーンファビュラス・ワンズからAWA南部タッグ王座を奪取している[8]1986年には "ハングマン" ボビー・ジャガーズカウボーイ系タッグチームのカンザス・ジェイホークスThe Kansas Jayhawks)を結成[9]ジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区にベビーフェイスのポジションで参戦し、同年11月27日の『スターケードアトランタ大会ではザ・ラシアンズイワン・コロフ&クラッシャー・クルスチェフ)と対戦した[10]

ジェイホークス解散後はCWAの後継団体USWAを経て、1990年代初頭はWCWジム・コルネットのスモーキー・マウンテン・レスリングでヒールのマネージャーカラー・コメンテーターを担当。WCWではブラック・バートデッドアイ・ディックを配下に、テキサスアウトローをイメージしたザ・デスペラードスThe Desperados)なるユニットを結成、当時WCWに出場していたスタン・ハンセンとの共闘アングルも予定されていたが、ハンセンが日本でのスケジュールを優先させたため実現には到らなかった[11]

1995年からは、アンクル・ゼベカイアUncle Zebekiah )を名乗りマネージャーとしてWWFに登場。ジェイコブとイーライのブルー・ブラザーズジャスティン "ホーク" ブラッドショーなど、南部出身の大型ラフファイターの司令塔となった[12][13]1997年にメンフィスのUSWAに戻り、選手としてリングに復帰してジェリー・ローラーとの抗争を再開。同年8月にローラーを破り、最後のUSWA統一世界ヘビー級王者となった[14]

以降は現場を離れ、2000年代初頭はIWAプエルトリコなどのインディー団体でクリエイティブ・コンサルタントを担当。2003年からはメンフィス時代からの間柄であるジェリー&ジェフ・ジャレットの親子が創設したTNAに参画し、ブッキング・チームの一員となって活動した[2]2009年7月31日付でTNAとの契約が終了し、同年12月には自著 "The World According to Dutch" を発表[15]。その後は2011年12月にTNAのジェフ・ジャレットが創設したリング・カ・キングの運営に参画した。

2013年、ゼブ・コルターと名乗ってWWEに登場(右はジャック・スワガー

2013年2月11日のRAWにて、ジャック・スワガーのマネージャーとしてゼブ・コルターZeb Colter)の名でWWEに復帰。排他的な差別主義者ギミックに、グレート・アメリカン(日本語字幕では「建国の父」)としてスワガーに紹介された。その際、過去のギミックからか、カラー・コメンテーターのジェリー・ローラーには「嫌な奴」として、JBLからは「偉人」として評されている。後にスイス人アントニオ・セザーロも真のアメリカ人として仲間に加え、リアル・アメリカンズのマネージャーとなった。

彼らを援護し王座戦線に何度も顔を出させるが失敗を重ね、2014年4月7日にはセザーロに見限られてポール・ヘイマンの下へと去られ、ロブ・ヴァン・ダムも交えてセザーロと抗争を繰り広げた。7月からは、デビュー以来アメリカを罵り続けたルセフと彼のマネージャーのラナに怒りを向け、スワガーと共に宣戦布告するも敗退。その後はボー・ダラスとの抗争を開始した。

獲得タイトル[編集]

NWAミッドアメリカ / CWA / USWA
  • NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:12回
  • NWAミッドアメリカ・タッグ王座:2回(w / ジプシー・ジョー、ケン・ルーカス)
  • NWAミッドアメリカTV王座:1回
  • NWA南部タッグ王座(ミッドアメリカ版):1回(w / デビッド・シュルツ
  • NWAテネシー・タッグ王座:2回(w / ジョン・フォリー)
  • AWA南部ヘビー級王座:5回
  • AWA南部タッグ王座:3回(w / ビル・ダンディーココ・ウェアトミー・リッチ
  • CWAヘビー級王座:3回
  • CWAインターナショナル・ヘビー級王座:2回
  • CWA世界タッグ王座:2回(w / オースチン・アイドル
  • USWA統一世界ヘビー級王座:1回
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAガルフコースト・タッグ王座:1回(w / ロン・バス) ※ダッチ・バス名義
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:1回(w / ザ・マタドール
  • NWAサウスイースタン・コンチネンタル・ヘビー級王座:1回
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座(北部版):1回
  • NWAサウスイースタンTV王座:1回
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・ジュニアヘビー級王座:1回
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCユニバーサル・ヘビー級王座:1回
  • WWC北米タッグ王座:4回(w / ウェイン・ファリス、フランキー・レイン×3)
  • WWC世界タッグ王座:1回(w / バウンサー・ブルーノ)
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
  • ミッドサウスTV王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P61(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b Wrestler Profiles: "Dirty" Dutch Mantell”. Online World of Wrestling. 2010年8月26日閲覧。
  3. ^ NWA Mid-America Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  4. ^ 同シリーズにはワイルド・ビル・アーウィンも初来日していた。マンテルとアーウィンは、共に牛追い鞭を小道具に用いるアウトロー系ヒールであり、1985年の上期にフロリダで "Master of the Bullwhip" と銘打たれた抗争を展開したことがある(The Archives of Championship Wrestling from Florida)。
  5. ^ NWA Georgia Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  6. ^ AWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  7. ^ The History of Wrestling at the Mid-South Coliseum”. Pro Wrestling History.com. 2010年8月26日閲覧。
  8. ^ AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  9. ^ Tag Team Profiles: The Kansas Jayhawks”. Online World of Wrestling. 2010年8月26日閲覧。
  10. ^ The History of Starrcade”. The History of WWE. 2010年8月26日閲覧。
  11. ^ Tag Team Profiles: The Desperados”. Online World of Wrestling. 2011年5月22日閲覧。
  12. ^ WWE Yearly Results 1995”. The History of WWE. 2010年8月26日閲覧。
  13. ^ WWE Yearly Results 1996”. The History of WWE. 2010年8月26日閲覧。
  14. ^ USWA Unified World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月26日閲覧。
  15. ^ The World According to Dutch”. Official website of Dirty Dutch Mantell. 2010年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]