グレッグ・マラシウロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バレッタ
Trent Barreta at Alpha-1 show-1.jpg
プロフィール
リングネーム トレント・バレッタ
バレッタ
グレッグ・マラシウロ
トレント
グレッグ・カルドナ
グレッグ・ジャクソン
ガール・フロム・メキシコ
プラズマ
本名 グレッグ・マラシウロ
身長 188cm
体重 88kg
誕生日 1987年3月30日(27歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州マウントシナイ
トレーナー マイキー・ウィップレック
デビュー 2004年
テンプレートを表示

グレッグ・マラシウロGreg Marasciulo1987年3月30日 - )はアメリカ合衆国プロレスラーニューヨーク州マウントシナイ出身。

来歴[編集]

ECWで活躍した事で知られるマイキー・ウィップレックニューヨーク州にて主宰するインディー団体であるNYWC(New York Wrestling Connection)のレスリングスクールにてプロレスラーになるためトレーニングを積む(カート・ホーキンストレント・バレッタもこの団体出身)。2004年に17歳の若さでプロレスラーデビューを果たす。

2007年WWEとディベロップメント契約。グレッグ・カルドナのリングネームでダークマッチや下部番組のHeatに出場しマーク・ヘンリーDHスミスらと対戦したが、いずれも敗れている。2008年からグレッグ・ジャクソンにリングネームを改め、FCWで経験を積む。9月にはリングネームをトレント・バレッタに再改名している(この傍ら、ガール・フロム・メキシコというマスクマンとしても活動しているが短期間で取り止めとなっている)。2009年からケイレン・クロフトカート・ホーキンスデュード・バスターズを結成しFCWフロリダタッグチーム王座を2度獲得している。

12月にケイレン・クロフトとともにWWEへ昇格し(この時点ではデュード・バスターズを名乗らなかった)、ECWに登場。クロフトと共にテレビゲーム好きというギミックを与えられ、ヨシ・タツゴールダストと抗争する。2010年2月9日にはヨシ・タツ、ゴールダスト組とWWE・統一タッグチーム王座挑戦権をかけて戦うが敗れている。

その後ECWが番組終了となったためSmackDown!へ移籍し、WWEでもデュード・バスターズを名乗るようになる。

9月に行われたスーパースターズにケイレン・クロフトと共にベビーフェイスとして登場し、カート・ホーキンスヴァンス・アーチャー組に勝利した。その後ケイレン・クロフトが解雇されたためシングルプレイヤーに転向し、スーパースターズでカート・ホーキンスと抗争した。

12月末からドリュー・マッキンタイアと少し抗争した後、出演が少なくなり、スーパースターズでの出演が多くなった。3月頃からジョバーであるもののSmackDown!に出演が多くなる。

2011年、Superstarsにてタイソン・キッドに連敗。その後NXTシーズン5にて活躍するようになる。ヨシ・タツとコンビを組んでホーキンスやタイラー・レックスと抗争した。その後シングルでタイソン・キッドとの抗争が再燃。またも連敗したが、2012年2月、勝利したキッドに握手を求められ、それに応じる。さらにその後のバックステージにおいて、タッグ結成を示唆されるも、負傷欠場してしまう。

9月半ばからNXTに復帰し、リッチー・スティムボートと共にカシアス・オーノと抗争したが、2013年1月11日にWWEから解雇となった。

WWE解雇後、HLW(Hart Legacy Wrestling)やPWG(Pro Wrestling Guerrilla)といったインディー団体に参戦。そして5月3日より新日本プロレスベスト・オブ・ザ・スーパージュニアXXに出場が決定し来日。バレッタのリングネームで参戦。Aブロックにエントリーして6点という結果に終わった[1]

同年7月18日、TNAのX Divisionを中心としたイベントであるDestination Xに本名名義で参戦。TNA X Division王座争奪トーナメントに出場し、一回戦ではロックスター・スパッドルービックとのトリプルスレットマッチを制し、続く25日には決勝戦にてマニックサンジェイ・ダットと対戦するも敗戦となった。

得意技[編集]

アックス・ギロチン・ドライバー。WWE解雇後、インディー団体で活動するようになってから使用。
ロープの反動を用いて回転する変型トルネードDDT
ランニング・ハイ・ニー
トップロープに触れることなく場外へ飛ぶことができる

獲得タイトル[編集]

FCW
w / ケイレン・クロフト
w / カート・ホーキンス
NYWC
  • NYWCヘビー級王座 : 1回
  • NYWCタッグ王座 : 1回
w / マーベリック
FIP
  • FIPヘビー級王座 : 1回
wXw
  • wXw世界タッグ王座 : 1回
w / マット・ストライカー

入場曲[編集]

  • Alien Works
  • Semisweet Symphony
  • Mashed Metal
  • The Chase
  • White Noise

その他[編集]

  • ECWでヨシ・タツがゴールダストに日本語を教えるというスキットにケイレン・クロフトと共に乱入し(もちろん台本上のことである)「次期WWEタッグ王者は日本語で何と言うんだ?」「お前らもドリーマーと一緒に引退しろ」などとからかったが、ゴールダストに「お前らが言うな!新弟子!」と日本語で一喝された。
  • ヨシ・タツの公式ブログにおいて「天才」「世界でも指折りのハイフライヤー」と紹介されている。[2]

脚注[編集]

  1. ^ "BEST OF THE SUPER Jr. XX 大会結果詳細" 新日本プロレス、2013年6月6日閲覧。
  2. ^ トレント・バレッタ”. WWEスーパースターYoshi Tatsu公式ブログSanctuary. 2010年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]