ディオニシオ・カスティリアノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シコシス
シコシスの画像
プロフィール
リングネーム シコシス
ニチョ
ニチョ・エル・ミジョナロ
エル・サルバヘ
サイコシス
本名 ディオニシオ・カスティリアノス
ニックネーム 異常愛国者
身長 178cm
体重 96kg
誕生日 1971年5月19日(43歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
バハ・カリフォルニア州の旗 バハ・カリフォルニア州
ティファナ
デビュー 1989年
テンプレートを表示

ディオニシオ・カスティリアノスDionicio Castellanos1971年5月19日 - )は、メキシコプロレスラーバハ・カリフォルニア州ティファナ出身[1]

シコシスPsicosis)、ニチョNicho)などのリングネームで知られる。シコシスとは日本語で『精神の狂った男』の意味を持つ。

来歴[編集]

1989年エル・サルバヘEl Salvaje)のリングネームでプロレスデビュー。レイ・ミステリオ・シニアおよび兄のファビアの元でトレーニングを積んだ後のデビューである。主にインディー団体を転戦した。

1992年AAA覆面レスラーとして登場。メキシコの団体ではレイ・ミステリオとの抗争を繰り広げていた。1994年には初来日を果たし、新日本プロレスに参戦している。

1995年ECWにレイ・ミステリオと共に参戦。

1996年WCWに入団。シコシスPsicosis)のリングネームで活動を開始。同年、ミステリオと共にWARに参戦。

1998年LWoの一員として活動。

1999年8月、メキシコでレイ・ミステリオ・シニアと対戦して敗れ、素顔を晒した。9月にはアメリカでサンドマンと対戦して敗れ、アメリカでも素顔を晒した。以降素顔で活動。

2000年、WCWから解雇となる。2001年全日本プロレスに参戦後、ECWに復帰。ECW消滅後は、AAAを主戦場とした。2代目シコシスがいたため、ニチョ・エル・ミジョナロNicho el Millonario)のリングネームで活動。

2004年TNAに参戦し、2005年よりWWEと契約を交わし入団。SmackDown!にてメキシクールズの一員となったが2006年11月1日に解雇された。WWE解雇後、CMLLに登場もすぐに退団。

2007年2月5日にAAAに登場。出場停止中だったラ・パルカのマスクを被って乱入、大親友コナンの仇を取るためシベルネティコに宣戦布告をした。

2012年5月、AAAにてリングネームの権利を獲得してシコシスへと戻す。2014年にはインディー団体に出場する際にはニチョNicho)のリングネームを使用している。

得意技[編集]

  • トペ・スイシーダ
  • サイコギロチン
ダイビングギロチンドロップ

獲得タイトル[編集]

WCW
新日本プロレス
WWA
  • WWAクルーザー級王座 : 1回
  • WWAウェルター級王座 : 3回
  • WWAミドル級王座 : 1回
  • WWA世界ジュニアライト級王座
  • WWAトリオ王座 : 1回(w / フエルサ・ゲレーラ&フベントゥ・ゲレーラ)
その他
  • メキシコナショナルトリオ王座 : 2回
  • メキシコナショナルウェルター級王座
  • AAA世界タッグチーム王座
  • AAA・IWCタッグチーム王座
  • アメリカスタッグチーム王座
  • IWASタッグチーム王座
  • LAWAウェルター級王座
  • WWA・WWASウェルター級王座
  • APWクルーザー級王座
  • WPWクルーザー級王座

脚注[編集]

  1. ^ Psicosis”. Online World of Wrestling. 2015年11月1日閲覧。

外部リンク[編集]