ワールド・レスリング・アソシエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワールド・レスリング・アソシエーションWorld Wrestling Association)は、メキシコバハ・カリフォルニア州ティフアナ拠点とするプロレス団体。略称はWWA

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスインディアナ州インディアナポリスに同名の団体が存在したが別の団体。詳しくは「WWA」を参照。

概要[編集]

1986年ベンジャミン・モーラ・ジュニアが旗揚げ。

アメリカのレスラーを参戦させるなどして団体の規模を拡大していったが、1990年代に入るとAAAWCWの人気で低迷し消滅。2004年に一度復活している。

全盛期にはFOXスポーツのスペイン語チャンネル「Fox Sports en Español」でも中継されていた。

タイトル[編集]

所属、フリー、他団体参戦選手[編集]

FMWとの関係[編集]

当団体と日本のプロレス界との関係としては、創生期のFMWと深く関わり、コネクションを築いてきたことが挙げられる。

当団体が「女子選手権」を新設した際には、その初代王者決定戦を東京で開催(1990年11月5日駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)。日本代表として出場のコンバット豊田が、アメリカ代表のビースティ・ザ・ロード・ウォリアーを破り、初代王者に就いている。

1991年には、FMW・DILA(ディラ=グリゴリー・ベリチェフらが所属した、ソビエト連邦のプロ格闘家の組織)と共に、タイトル管理を業務とする「WFDA」を組織。ブラスナックル選手権(大仁田厚が保持)の後継にあたる「世界マーシャルアーツ選手権(世界マーシャルアーツヘビー級選手権)」と、「世界マーシャルアーツタッグ選手権」を認定した。

若手だった上野幸秀市原昭仁も、当団体のテリトリーだったメキシコで海外修業を行っている。1992年5月に、FMWが(団体ごとパッケージという形での)初の海外遠征に赴いた際に回ったのも、やはり当団体のエリアだったメキシコ・ティファナとアメリカ・ロサンゼルスだった。

関連項目[編集]