エゼキエル・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エゼキエル・ジャクソン
エゼキエル・ジャクソンの画像
プロフィール
リングネーム

エゼキエル・ジャクソン

エゼキエル
本名 リクロン・ステファンス
ニックネーム ジーク
身長 191cm
体重 128kg
誕生日 1978年4月22日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ハーレム
トレーナー ホミサイド
トム・プリチャード
デビュー 2007年
テンプレートを表示

エゼキエル・ジャクソンEzekiel Jackson)のリングネームで知られるリクロン・ステファンスRycklon Stephens1978年4月22日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーニューヨーク州ハーレム出身のアフリカ系アメリカ人

マイクパフォーマンスではリングネームにちなんでエゼキエル書を引用することがある。

来歴[編集]

2007年3月にWWEの傘下団体FCWと契約。

下積みの後、2008年7月18日SmackDown!にてブライアン・ケンドリックボディーガードとして『エゼキエル』のリングネームでデビューを果たした。正式な初試合は10月の対スペル・クレイジー戦で、その間ケンドリックと抗争していたジェフ・ハーディートリプルHらとも、ケンドリックをサポートする形で応戦していた。また、この頃からリングネームが『エゼキエル』からフルの『エゼキエル・ジャクソン』だとケンドリックの発言によって発覚した。

2008年後半にはケンドリックと組み、WWEタッグ王者カリート&プリモと抗争するも王座奪取に至ることはなかった。

その後はRトゥルースらの実力者相手に勝利を収めるも2009年4月3日ジェフ・ハーディー戦での敗戦を最後に、4月15日ECWへとドラフト移籍する(これによってケンドリックとのコンビは解消された)。

再びトレーニングのためFCWへ戻されたが7月9日のECWにてジョバー相手に圧倒的な力で勝利した。その後同じくパワーファイターのウラジミール・コズロフと張り合っていたがコズロフと共にウィリアム・リーガルの手下となる。

2010年1月のロイヤルランブルクリスチャンの持つECW王座に挑戦するが王座奪取とはならなかった。しかし2月16日のECW最終回での王座戦でクリスチャンに勝利し、最後のECW王者となった。その後SmackDown!へと移籍が決定する。しかし怪我などの理由でSmackDown!には一度登場しただけで4月末の追加ドラフトでRAWへ移籍する。しかし直後に大怪我を負ったために長期間欠場したが、10月18日のRAWの放送で復帰。復帰以降は、ジョン・シナを取り囲んだネクサスを撃退するなど、ベビーフェイスとして活動した。PPVであるBragging Rightsが近いこともありチームRAW vs チームSmackDown!の抗争でチームRAWの7人のうちの一人として抜擢された。試合では終盤まで残るもレイ・ミステリオに敗退させられた。

11月に二年ぶりに開催されたキング・オブ・ザ・リングトーナメントでは予選でザ・ミズの代役であるアレックス・ライリーを破るが、1回戦でドリュー・マッキンタイアとダブルカウントで引き分けたため両者共に敗退した。

2011年にはSmackDown!に移籍し、ウェイド・バレットジャスティン・ガブリエルヒース・スレイターと共にビッグ・ショーを襲撃してヒールターンした。以後、コアのメンバーとして、ビッグ・ショー、ケインと抗争している。しかし、その後は仲違いになることが多くなり遂にはコアに袋叩きにされてしまった。翌週のスマックダウンで、コアに襲撃されていたケインとビッグ・ショーを助けに乱入し、フェイスターンした。以後、コアと渡り合い、ウェイド・バレットからIC王座を奪取したが、すぐにテッド・デビアス・ジュニアの力を借りたコーディ・ローデスに奪われる。

IC王座陥落後、抗争もなく、SuperstarsやSmackDownの前座での出場が主となり、2012年5月にはグレート・カリとタッグを組んでNXTに出場するが、負傷欠場してしまう。

2013年4月、WrestleMania Axxessにて復帰し、ヨシ・タツとタッグを組んでフニコ & カマーチョを相手に勝利した。しかし、その後またしても負傷して長期欠場した。

2014年6月12、WWEの公式サイトにて退団することが発表された[1]

WWE解雇後、6月25日にTNAと契約を交わし、入団する事が決定した。

得意技[編集]

片腕のみで決めるロック・ボトム。相手のわきの下に自分の首を入れて、片腕で相手を持ち上げそのままマットに叩き付ける。かつて、日本語で「裏投げ」と実況されていた。
フィニッシュホールド。コア脱退時から使用。
自分よりも巨大なビッグショーをなぎ倒す程の威力を持ち、時折フィニッシュとしても使用される。
シンプルながら彼の怪力が最もよく表れている技であり、ビッグショー相手でも安定したフォームで投げ捨てる。フェイスターン後、試合終盤に連続で繰り出すようになった。また、連発式のものを「スラム・シティ」とアナウンスされている。

獲得タイトル[編集]

入場曲[編集]

  • Hot House
  • Man With The Plan(ブライアン・ケンドリックの入場曲でもある)
  • Brawl for All
  • End of Days
  • Domination

脚注[編集]

外部リンク[編集]