ニュー・エイジ・アウトローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュー・エイジ・アウトローズThe New Age Outlaws)はプロレスラータッグチームである。後にジェームス・ギャングThe James Gang)、ブードゥー・キン・マフィアVoodoo Kin Mafia)のチーム名で活動。

概要[編集]

メンバーはブライアン・ジェイムスモンティ・ソップの2名から構成される。タッグチーム名は登録商標の兼ね合いもあって団体の活動時期によって異なり、WWF(現WWE)時代はニュー・エイジ・アウトローズ、TNA時代はジェームス・ギャング(後にブードゥー・キン・マフィア)を名乗る。

WWF時代[編集]

1997年にチーム結成。この時代は、ブライアン・ジェイムスは "ロード・ドッグ" ジェシー・ジェイムス、モンティ・ソップは "バッド・アス" ビリー・ガンリングネームをそれぞれ名乗っていた。1998年にはD-ジェネレーションXにチームごと加わっている。試合前に行われるマイクパフォーマンスが人気であり、長いセリフながらも観客たちが合わせて唱和するほどであった。WWF世界タッグ王座を通算5回獲得し、2000年までタッグチームとしての活動を続けた。

ブライアン・ジェイムスは2000年に、モンティ・ソップは2004年にそれぞれWWF / WWEを解雇されている。

TNA時代[編集]

WWE解雇後、ブライアン・ジェイムスは2002年からBGジェイムス、モンティ・ソップは2005年からキップ・ソップのリングネームでそれぞれTNAに参戦した。 BGジェイムズはTNAでコナン&ロン・キリングスと共に3LK(3ライブ・クルー)というユニットを結成してきたが、紆余曲折を経て3LKは分解、ジェイムスとソップは再びタッグを結成するに至る。

商標権の関係でかつてのチーム名は使えず、チーム名をジェイムス・ギャングと改称。その後ブードゥー・キン・マフィアに変えて2008年まで活動を続けた。「VKM」はビンス・マクマホン(ビンセント・ケネディ・マクマホン)のイニシャルでもあり、2人はWWEを揶揄することもあった。

TNA以降[編集]

2009年3月22日にはインディー団体のGLCW(Great Lakes Championship Wrestling)にて、ニュー・エイジ・アウトローズ名義でジ・アウトサイダーズ(ケビン・ナッシュ&スコット・ホール)と対戦した。2010年からはTCW(Traditional Championship Wrestling)に出場している。

2014年、WWE復帰[編集]

1月RAWの「オールドスクール」内で、CMパンクのセコンドとして登場し、次のスマックダウンにはパンクと3人タッグを組みザ・シールドと対戦するも敗れる。その次のRAWで同じカードを再戦するが、今度はパンクを裏切りリングを去ってしまった。パンクを裏切った件については、旧知の仲であるトリプルHの組織オーソリティーと裏で密約があったのではないかと疑われたがオーソリティーの運営部長のケインより「彼らの動向にHHHや組織の関与はない」と否定した。 その後タッグ王者であるローデス兄弟と試合をし、勝利。さらにロイヤルランブル2014のプレショー内で行われたタッグ王座戦に勝利し、6度目のタッグ王座を手にした。 その後、3月4日のスマックダウンにて、ウーソズに王座を奪われると対シールドに移行し翌々週のSDでやはりシールドと因縁のあるケインの襲撃行為に荷担することによって正式にオーソリティー側の人間となりケインを含めたトリオでレッスルマニア30に出場したがシールドの合体パワーボムで2人まとめてぶん投げられ敗北した。

得意技[編集]

入場曲[編集]

  • Oh,You Didn't Know?
ニュー・エイジ・アウトローズ時代に使用。

外部リンク[編集]