リコ・コンスタンティノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リコ・コンスタンティノ
リコ・コンスタンティノの画像
プロフィール
リングネーム リコ
リコ・コンスタンティノ
ザ・コブラ
本名 アメリコ・セバスティアノ・コンスタンティノ
ニックネーム オカマスタイリスト
身長 185cm
体重 108kg
誕生日 1961年10月1日(52歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
スポーツ歴 スタントマン
トレーナー ジェシー・ヘルナンデス
OVW
デビュー 2000年
引退 2005年
テンプレートを表示

リコ・コンスタンティノAmerico Sebastiano Costantino1961年10月1日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーネバダ州ラスベガス出身。そのレスラーとしてのキャリアにおいて、リコRico)のリングネームで知られた。

来歴[編集]

プロレスラーになる前はSWATに属し、ボディーガードの職にも就いていた。その後スタントマンに転身して『バットマン』に関わったり、テーマパークのアトラクションで働いていた。また、アメリカのTV番組 "American Gladiators" にも登場し、1990年-1991年シーズンの王者となっている。

1998年、南カリフォルニア地区のインディー団体EWFでプロレスラーとしてデビュー。そこでWWF(後のWWE)の首脳陣の目に留まり、WWEと契約を果たす。

WWEと契約後は、その下部組織であるOVWにまず所属した。しかしながら当時38歳という年齢がネックとなり本人自身続けるかどうか悩んだが、ヨコズナジム・コルネットの助言や手助けがあり彼はトライアウトに合格した。WWE昇格後は、オカマのスタイリストというギミックビリー&チャックビリー・ガン&チャック・パルンボ)やスリー・ミニッツ・ウォーニングジャマール&ロージー)のマネージャー役を務めた。彼は自分のキャラクターの参考にゲイギミックの先駆者であるエイドリアン・ストリートに倣い、実際に対談も果たした。その後はミス・ジャッキーチャーリー・ハースとのタッグチームで活動し、タッグ王座も獲得したが、2004年11月7日にWWEを解雇された。

WWE解雇後は全日本プロレスに登場。RO&Dに所属し、ブキャナンと組んでアジアタッグ王座を奪取した。

アジアタッグ王座戴冠中の2005年5月に、警察官になるためにプロレスラーを引退、同時に王座も返上した。年齢のために警察官にはなれなかったが、警察学校に再入学した。その後に無事卒業し、ネバダ州のタクシー専門の警官となった。

引退以降もインディー団体の試合に時折出場している。

もみあげがトレードマークでWWEの来日公演では「もみあげ」コールが起こり、当時ヒールであったにもかかわらず日本ではベビーフェイス的人気を獲得していた。

リングネーム[編集]

リコが用いたことがあったリングネーム

  • リコ・コンスタンティノ
  • ザ・コブラ
  • リコ(引退まで使用)

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWE
OVW
全日本プロレス
その他
  • HWA王座 : 1回
  • EWF王座 : 1回
  • MPPW王座 : 1回

外部リンク[編集]