ブライアン・ローラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・クリストファー
Brian Lawler with a fan.jpg
プロフィール
リングネーム ブライアン・クリストファー
グランマスター・セクセイ
エル・ユニコ
ブライアン・ローラー
本名 ブライアン・クリストファー・ローラー
ニックネーム トゥー・セクシー
身長 178cm
体重 97kg
誕生日 1972年1月10日(42歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州メンフィス
トレーナー ジェリー・ローラー
デビュー 1988年
テンプレートを表示

ブライアン・ローラーBrian Christopher Lawler1972年1月10日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーテネシー州メンフィス出身。

ブライアン・クリストファーBrian Christopher)、グランマスター・セクセイGrandmaster Sexay)のリングネームで知られる。父親はジェリー "ザ・キング" ローラー

来歴[編集]

1988年USWAにてプロレスラーとしてのキャリアを開始。"トゥー・セクシー" ブライアン・クリストファー"Too Sexy" Brian Christopher)をリングネームに、エゴイスト系のヒールとなって活躍。父であるジェリー・ローラーを始め、ジェフ・ジャレットビル・ダンディートム・プリチャードトミー・リッチといった大物たちと抗争を繰り広げ、1992年から1997年にかけてUSWAヘビー級王座を通算25回獲得した[1]

1997年、USWA時代と同じくヒールのポジションでWWFに登場。参戦当初はライトヘビー級戦線で活動し、WWFライトヘビー級王座決定トーナメントでは決勝まで進んだが、決勝戦でTAKAみちのくに敗れた。翌1998年スコット "トゥー・ホット" テイラーをパートナーにトゥー・マッチToo Much)なるタッグチームを結成。同年3月のレッスルマニアXIVで行われたWWFタッグ王座挑戦者決定タッグバトルロイヤルにも出場した。

トゥー・クール(左がグランマスター・セクセイ、右がスコッティ・2・ホッティ

以降もスコットとのコンビで活動し、1999年5月より自身のリングネームをグランマスター・セクセイGrandmaster Sexay)と変更。スコットもスコッティ・2・ホッティScotty 2 Hotty)と改名し、チーム名もトゥー・クールToo Cool)と改め、白人のヒップホップ・デュオにギミックを一新。同年後半にはリキシを交えたベビーフェイスのダンス系ユニットとなって活躍し、2000年3月29日のRAWにてエッジ&クリスチャンから世界タッグ王座を奪取した[2][3]

2000年後半、リキシが裏切りユニットから脱退。2001年2月にはスコッティが椎間板を手術することになり長期間離脱。一人となったセクセイはスティーブ・ブラックマンを勧誘して新チームを組んだが、シェイン・マクマホンステファニー・マクマホン率いるアライアンスの侵食とともに出番はなくなり、果てには違法薬物をアメリカからカナダへ運んでいたことが発覚して解雇となった。

WWF解雇後は2002年2月にWWA、6月からはTNAへと移籍し、2004年まで活動。同年4月にはWWEに復帰したが短期間で再解雇された。

以降はインディー団体での活動が中心となり、メンフィス・レスリングやUWF Liveなどに出場。UWF Liveではスコッティ、リキシと組んでトゥー・クールを再結成している。2009年11月にはハルク・ホーガンオーストラリアにて開催したハルカマニアに参戦した。

2011年3月14日、WWEのRAWにて父ジェリー・ローラーとマイケル・コール抗争アングルにおいて登場し、ジェリーを非難するプロモーションを行った。

その他[編集]

  • WWFデビュー当初はジェリーがブライアンを息子だと認めていないアングルが組まれ、ブライアンが試合する際には実況のジム・ロスがブライアンはジェリーの息子だということを仄めかす発言を繰り返していた。

得意技[編集]

コーナートップから仕掛けるダイビング・ギロチンドロップ。コーナートップ上でゴーグルを着用してから放つ。

獲得タイトル[編集]

WWF
USWA

他、米インディー団体を中心に多数のタイトルを獲得。

脚注[編集]

  1. ^ a b USWA Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月3日閲覧。
  2. ^ a b World Tag Team Championship - Too Cool”. WWE.com. 2012年3月3日閲覧。
  3. ^ a b WWWF-WWF-WWE World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]