ドリュー・グラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドリュー・グラック
Drew Gulak 2013.jpg
プロフィール
リングネーム ドリュー・グラック
本名 ドリュー・グラック
ニックネーム リーガル・イーグル
ユニバーシティ・ストレッチャー
身長 180cm
体重 84kg
誕生日 1987年4月28日(27歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルバニア州フィラデルフィア
所属 CZW
トレーナー クリス・ヒーロー
マイク・クアッケンブッシュ
スカイデ
デビュー 2005年
テンプレートを表示

ドリュー・グラックDrew Gulak1987年4月28日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーペンシルバニア州フィラデルフィア出身[1]

来歴[編集]

2004年、プロレスラーになるためにCZWが主宰するCZWレスリングアカデミーCHIKARAが主宰するCHIKARAレッスルファクトリーにてトレーニングを開始[1]

2005年4月16日、地元であるフィラデルフィアにてCZWとMBA(Maven Bentley Association)の共同開催されたイベントであるSomebody Has to PayにてDJハイドとタッグを組んでメイヴェン・ベントリー & ブラックアウトサビアン & ロビー・メリーノ)と2 vs 3のハンディキャップマッチでプロレスラーデビューを果たし、デビュー戦を勝利で飾った。

同年7月より同期のアンディ・サムナーとタッグチーム、チーム・アンドリューTeam AnDrew)を結成してタッグ戦線に乗り込み、ブラックアウトやニュージャージー・オールスターズラッキー & JCライダー)と抗争を繰り広げた。

2007年より名実共に名タッグへと成長し、9月8日のChris Cash Memorial ShowにてCZW世界タッグ王座を保持するブラックアウト、そしてデレク・フレーザー & ナイルス・ヤングとの3wayタッグマッチの王座戦に挑戦して勝利し、初のタイトルとなるベルトを獲得した。

2008年5月10日、Best of the Best 8に初出場し、準決勝まで進出する活躍を見せ、7月12日には2度目となるCZW世界タッグ王座を戴冠した。

2009年、サムナーとのタッグを解散してシングルへと転向。標準をCZWワイアードTV王座に定め、各イベントにて行われたCZWワイアードTV王座挑戦権獲得トーナメントに勝ち上がり、2010年4月10日に王者であるタイラー・ベリタスに挑戦して勝利し、念願のベルトを奪取した。

CZWワイアードTV王座を1年間に渡り死守し、王座陥落後はCZWと並行してビヨンドレスリング(Beyond Wrestling)にスポット参戦。CZWではキャンペーン・フォア・ア・ベター・コンバットゾーンCampaign For A Better Combat Zone)なるユニットを結成し、ボムシェルキンバー・リーをマネージャーに従えてストーリーラインで活躍。

2013年になってからもそれまでストーリーラインで活動していたドリューであったが、7月13日にCZW世界ヘビー級王座挑戦権を賭けてトミー・ドリーマーと対戦して勝利したことから転機が訪れ、8月10日のPPVであるCZW Tangled Web 6にてCZW世界ヘビー級王座を保持するMASADAに挑戦して勝利。団体内最高王座を手に入れた。この一件より格が上がり、CZWの支えるトップレスラーの一人として成長している。

得意技[編集]

フィニッシャー。ドラゴンスリーパー。前名はユニバーシティ・ストレッチという技名であった。
バックドロップの体勢からバックブリーカーへと移行する。
スナップスープレックス
相手をコーナーに追い詰めてから決めるクローズライン。ランニング式も使用する場合がある。
ノーザンライト・スープレックス

獲得タイトル[編集]

CZW
w / アンディ・サムナー
EVOLVE
  • スタイルバトルトーナメント : 2013年度優勝

脚注[編集]

  1. ^ a b ドリュー・グラック Wrestlingdata.com、2013年11月17日閲覧。

外部リンク[編集]