サロナ・ライアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サロナ・ライアー
Sarona Reiher.jpg
プロフィール
リングネーム タミーナ・スヌーカ
タミーナ
サロナ・スヌーカ
本名 サロナ・ライアー
ニックネーム スーパーフライDIVA
身長 175cm
体重 67kg
誕生日 1978年1月10日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントン州の旗 ワシントン州
バンクーバー
所属 WWE
デビュー 2009年
テンプレートを表示

サロナ・ライアーSarona Reiher1978年1月10日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーディーヴァである。ワシントン州バンクーバー出身。プロレス団体WWEに所属し、タミーナ・スヌーカTamina Snuka)のリングネームで活動。

父親はWWE殿堂者である元プロレスラーの"スーパーフライ" ジミー・スヌーカ。入場の際、出身地は父と同様にフィジーとコールされる。

来歴[編集]

WWE殿堂者アファ・アノアイの主宰するワイルド・サモアン・トレーニングセンターにてプロレスのキャリアを積んだ後、2009年WWEとディペロップメント契約し、下部団体のFCWにてタミーナのリングネームでデビュー。

2010年3月、ジミー・ウーソジェイ・ウーソウーソズマネージャーとして加入。同年5月、WWEに昇格。24日のRAWでウーソズと共にハート・ダイナスティを襲撃し、ヒールとしてデビューした。

ハート・ダイナスティとの抗争終了後はサンティーノ・マレラとの恋愛ストーリーが始まる。その後ウーソズを抜けて、サンティーノ・マレラとウラジミール・コズロフのマネージャーとなりフェイスターン。その後もマレラとのコンビでテッド・デビアス&マリースとのカップル対決なども行い、ベビーフェイスとして活躍した。

2011年上旬に初めて入場曲とタイタントロンが用意され、メリーナと初シングル戦を行うも敗退。4月のドラフトにてスマックダウンに移籍。それに伴いマレラとコズロフのマネージャーを退いた。

移籍後は再びヒールターンして、アリシア・フォックスローザ・メンデスと共にトリオを組んでいたが、アリシアがベビーフェイスに転向したため以後はシングルで活動。

シングル転向後はジョバーとしての出番が多かったが、2012年1月6日放送のSmackDown!でナタリアと対戦し勝利。試合後に手を掲げようとしたレフリーの手を払いのける行動があったためヒールのままかと思われたが、翌週の放送では入場時に笑顔で観客とハイタッチを交わし、またもナタリアに勝利。フェイスターンを果たすとともにナタリアとの抗争を開始した。また、フェイスターンと時を同じくしてリングネームに名字を追加してタミーナ・スヌーカと名乗るようになった。その後はNXTでの活動を主とし、ダレン・ヤングから好意を寄せられるなどしていたが、8月のRAWにて怪我を負ったため戦線から離脱した。

11月のサバイバー・シリーズにて、ヴィッキー・ゲレロと口論するAJを襲撃し、ヒールとして復帰したがあまり活躍できずに再び欠場。

2013年の復帰後、10月にAJのセコンドとして復帰。 AJのディーヴァ王座防衛のサポートをしていたが(主に卑怯な手段)、険悪になることもあった。2014年5月、負傷欠場。

得意技[編集]

入場曲[編集]

外部リンク[編集]