ミシェル・マクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシェル・マクール
ミシェル・マクールの画像
プロフィール
リングネーム ミシェル・マクール
本名 ミシェル・マクール・アレキサンダー
身長 179cm
体重 58kg
誕生日 1976年1月25日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州パラトカ
所属 WWE
トレーナー DSW
デイブ・フィンレー
デビュー 2004年
引退 2011年5月1日
テンプレートを表示

ミシェル・マクールMichelle McCool、本名:ミッシェル・マクール・アレキサンダーMichelle McCool-Alexander)、女性、1976年1月25日 - )は、アメリカ合衆国の女子プロレスラーディーヴァである。アメリカフロリダ州パラトカ出身。

来歴[編集]

2004年WWERAWで行われた2004ディーヴァサーチに参加。同年11月18日スマックダウンにおいてデビュー。ベビーフェイスとして活動する。 2005年の8月にWWEのファーム団体Deep South Wrestlingのトレーニングセンターへ送られる。

2006年 - 2007年[編集]

2006年6月2日にミドルスクールの女教師というキャラクターでスマックダウンに復帰。KCジェームスアイドル・スティーブンスのマネージャーとなる。しかし11月に体調不良や腰痛などで緊急入院することになる。検査の結果、腎臓の肥大と電解質代謝異常が判明する。その後すぐに退院したが、しばらくは自宅で療養することとなる。

2007年3月30日に復帰し、復帰後はジリアン・ホールと抗争する。5月にはRAWで行われたビキニビーチブラスト・バトルロイヤルで勝利。9月からはチャック・パルンボのマネージャーとして活動する。

2008年 - 2011年[編集]

2008年4月にディーバコンテストで優勝するが、結果に不満のあるビクトリアナタリヤを連れマクールと準優勝のチェリーを襲撃する。このことによりビクトリア、ナタリヤと抗争する。 7月20日グレート・アメリカン・バッシュにおいて対ナタリヤ戦で勝利し、ディーヴァズ王座初代王者となる。 12月に行われた防衛戦でマリースに敗れ王座を失う。試合後、特別レフェリーを務めていたマリアを襲撃し、ヒールターンする。 ヒールターンしてからは主にマリアやイヴ・トーレスと抗争し、王座を巡り、マリースとも抗争する。

2009年5月頃からアリシア・フォックスを従え、王座を巡り、ゲイル・キムメリーナと抗争し、6月28日ザ・バッシュでメリーナから女子王座を奪取する。アリシアがトレードでRAWに移ってからはレイラと共にメリーナ、イヴ、マリアと抗争する。10月に行われたディーバトレードでメリーナ、イヴが移籍し、RAWから移籍してきたミッキー・ジェームスに対して執拗な仕打ちをする。ミッキーを相手にTLCの王座戦で女子王座を防衛するが、ロイヤルランブルでついに王座陥落する。しかし2月26日のSmackDown!で番組の相談役のヴィッキー・ゲレロの助けもあり再び王座に返り咲く。その後はベビーターンしたベス・フェニックスと抗争し、4月25日のエクストリーム・ルールズでの王座戦でベスに敗れ王座を失う。王座陥落後はレイラと行動を共にし始め、5月14日のスマックダウンでの2対1のハンディキャップマッチで女子王者のベスからレイラがフォールを奪い、レイラが自身初のWWE女子王座を獲得する。後にレイラとの共同王座となり、王座戦ではどちらかが闘うことになった。

NXTシーズン2ではカヴァルを指導するプロとしてレイラと共にレイ・クールとして登場している。

8月からレイラと共にRAWのディーヴァズ王者のメリーナと抗争する。9月のナイト・オブ・チャンピオンズでミシェル対メリーナの王座統一戦でミシェルが勝利し共同統一ディーヴァズ王者となった。その後からナタリヤと抗争し王座を防衛し続けていたが、11月21日のサバイバー・シリーズの2対1のハンディキャップマッチ形式の統一ディーヴァズ王座戦で敗れ、王座から陥落する。

2011年4月、フェニックスとケリー・ケリーのタッグチームに敗れ、レイラとの不和によりレイ・クールを解散した。その後もレイラとの遺恨が残り、5月1日のエクストリーム・ルーズにおいて、ノーDQ・ノーカウントアウトルールの敗者追放シングルマッチが決定。この敗者追放マッチに敗れ実際にWWEを退団した。

得意技[編集]

  • フェイス・ブリーカー(Faith Breaker)
現在のフィニッシャー。パイルドライバーの体勢から、相手の左肩と右肩に脚をかけてロックし、そのまま前方に倒れこんで顔面を打ち付ける技。AJスタイルズのスタイルズクラッシュやバイソン・スミスのバイソンテニエルと同型。
これらで試合が決まる場合もある。
  • スピニング・バックブリーカー
  • フライングクローズライン
  • MADT(Make a Diva Tap)

タイトル履歴[編集]

入場曲[編集]

  • Not Enough For Me -

その他[編集]

  • 2007年3月には高校時代から付き合って結婚した夫と離婚している。
  • 2009年5月にWWE日本公演のプロモーションのためにトリプルHとともに来日し、29日に行われた記者会見では、参加した和田アキ子にディーヴァズ王座のレプリカベルトを贈呈するパフォーマンスを見せた。
  • 2010年6月にジ・アンダーテイカーと結婚。

外部リンク[編集]