レガシー (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レガシーThe Legacy)はアメリカ合衆国プロレス団体WWERAWに登場したプロレスラーのユニット。ランディ・オートンを中心として活動していた。メンバー全員が2世または3世レスラーである。

来歴[編集]

2008年6月頃からコーディ・ローデステッド・デビアス・ジュニアプライスレスPriceless)として活動しており、その後マヌも加わり行動を共にする。当時ランディ・オートンとプライスレスは敵対関係にあったが、11月23日のサバイバー・シリーズ伝統のエリミネーション・マッチで共闘。そのことがきっかけとなりオートンがローデスとマヌを仲間に引き入れレガシーThe Legacy)を結成した[1]。12月にはジミー・スヌーカの息子だとカミングアウトしたシム・スヌーカがオートンに掛け合いレガシーへ加入。しかしオートンが課したテストによりスヌーカとマヌが追放となり、レガシーと対立。マヌとスヌーカはデビアスを味方につけレガシーを襲撃しようと試みるがデビアスに裏切られ失敗に終わる。そしてデビアスがレガシーに加入した。

この3人体制となってからオートンが2009年1月のRAWで久しぶりに登場した会長のビンス・マクマホンにパントキックを見舞う。それがきっかけとなりシェイン・マクマホントリプルHなどと抗争。そしてデビアスとローデスはオートンの試合中に乱入し、相手を襲撃するなど主にオートンをサポートする形で活動していたが、その後オートンはジョン・シナWWE王座を巡り抗争し、ローデスとデビアスは再結成したD-ジェネレーションXと抗争を開始。この抗争終了後あたりからチームに不協和音が生じ始め、やがてデビアスとローデスが反旗を翻し、2010年3月のレッスルマニアXXVIにてトリプルスレットマッチで対戦した。試合はオートンが勝利したが、これによりチームは完全に解散となり、それぞれシングル戦線で活動することとなった。

メンバー[編集]

入場曲[編集]

  • Voices
  • It's a New Day

脚注[編集]

  1. ^ この少し前からテッド・デビアスはDVD映画『マリーン2』の撮影があったためオートンのパントキックを受け欠場ということになっていた。